たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

電子カルテ

電子カルテが納品されました。

電子カルテについては、約半年間かけて30社近くある電子カルテメーカーから使いやすさを十分過ぎるくらい検討して、決定しました。

今まで、大学病院やがんセンター、個人のクリニックで電子カルテを使用してきましたが、どれも使い勝手が悪く、開業の際には使いやすい電子カルテをと思い時間をかけて探しました。

電子カルテで一番重要な事は、患者さんのデーターを長期間に渡って保存しておくことができ、一瞬で過去のデーターを呼び出すことが出来る点です。これは紙カルテでは限界があります。最近の電子カルテは非常に入力が簡単であるため、紙カルテよりも患者さんとお話ができるのはないかと考えています。

自分の体重や食べたものを毎日記録していくという「レコーディングダイエット」というダイエットがあり、かなり効果があると言われています。この記録していくというダイエットの原理と同様に、クリニックでの健康管理においてもきちんとデーターを記録して、データーを蓄積していき、それを一覧で見ることができるということは「健康への意識付け」に非常に重要な役割を果たします。

今回導入した電子カルテでは、当クリニック全ての検査(胃・大腸内視鏡検査、エコー検査、心電図検査、レントゲン検査、動脈硬化検査、採血検査など)のデーターが保存されて、一括管理されますので、「健康への意識付け」に非常に役立つと考えています。