たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

今と昔

こんにちは、アッコです。

最近暖かい日が増えてきましたね。
先日天気も良かったので、江の島に行ってきました。

何回も行ったことがある江の島ですが、
いつも入口のあたりでご飯を食べて満足して帰ってきてしまいます。

ですが今回は少し上の方まで登って、
資料館みたいな所があったので入ってみました。
そこには昔の江の島の風景画や写真がたくさんありました。

今架かってる江の島弁天橋は昔はこんな姿でした。
大雨や台風が来ると流されてしまう原始的なもので、
杭がプカプカ浮いていて、通行人が落ちてしまうことも
度々あったそうです。
ちなみに明治24年にこの木の橋が架けられるまでは、
引き潮の時にしか島に渡れなかったとのこと。
今では考えられないですね。

昔と今の写真を比べて見るというのは、
自分の知っている場所だと特に面白いものですね。
クリニックのあるたまプラーザ駅も
私が小学生の頃はたしか、こんな姿でした。

久しぶりに来た時、今の状態になっていてビックリしました。

ちなみに昭和41年に駅ができたばかりの時の写真がこちらです。
周囲に何もありませんね。

みなさんも興味がありましたら、ご自宅付近の昔の写真など探してみてください。
何か面白い発見があるかもしれません。