たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

がんセンター飲み会

昨日は、久しぶりの”がんセンター”の先生達との飲み会でした。たまプラーザから銀座まで急行で約37分しかかからず、以外に近いんだなあと感じました。

19時過ぎに診療が終わりましたので、遅い時間からの参加となってしまいましたが、久しぶりの再会で楽しいひとときでした。がんセンターを退職して地域医療のために頑張っている先生達も参加しており、がんセンターで学んだ世界最先端の医療を各地域の方達に還元するために奮闘している様子などを聞いて、とてもうれしく思いました。

このような動きがもっともっと広がれば、東京の一部の地域だけでなく、色々な地域で同様の最先端の医療をみんなが受けることができるようになると思っています。

多くの先生方から「応援してるからな!クリニックにお手伝いに行くから、声かけてくれよ」という有り難いお言葉も頂きました。

松田先生と阿部先生といっしょにパチリ。松田先生は大腸内視鏡診断・治療の世界第一人者です。阿部先生は北海道からがんセンターに修練に来ています。

 

 

 

 

 

 

中島先生は内視鏡の技術も超一流ですが、研究の分野に関しても世界的に活躍されています。