たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

生涯勉強

今日は朝4時30分に起きて、大阪まで勉強会に行ってきました。

「免疫と栄養」という少し難しい内容でしたが、非常に勉強になりました。小腸や大腸などの腸管は身体の中で最も大規模な免疫器官と言われています。免疫とは「体の中で、病原体やがん細胞を認識して、やっつけることにより生体を病気から守る」人間に備わっている力の事です。腸管は第2の脳と言われているぐらい大事な器官です。ここでも高濃度ビタミンCの重要性が盛んに言われていました。

自分や患者さんのためになる勉強会であれば、日本中はもちろん、時間が許せば海外にも行くように心がけています。がんセンター時代にドイツの病院に見学に行ったときもかなり衝撃を受けました。これに関してはまた別の機会にブログに書かせてもらいます。

勉強会の後に、お好み焼きを食べに行きました。阪神タイガースのファンということもあり、大阪は好きな土地のひとつです。時間が許せば、毎年1回は阪神の試合を見に甲子園まで応援に行っています。