Archive for the ‘記事一覧’ Category

内視鏡洗浄・消毒・洗浄歴管理の項目作成しました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。以前より、きちんとした内視鏡スコープの洗浄や消毒、それに伴うスタッフの洗浄履歴管理をきちんと行っていましたが、それをデジタルできちんと保存する仕組み、「いつ」「だれが」「どの内視鏡スコープを」「きちんとした洗浄濃度で」行っていたのかがいつでも過去に遡って確認できる仕組みを作りたいと考えていました。

大きな大学病院や総合病院などでは、昔からの慣習で仕事後に残業として長い時間かけてノートに手書きで記載し、保存していたのを以前の複数の勤務先で目にしていましたが、とても非効率ですし、履歴の正確な保存が難しいと感じていました。昔からの習慣はなんとなく、誰も指摘することなくそのまま継続されるという悪しき傾向大きな病院にはあり、古き悪しき習慣だと思われます。

当院では「患者さん」「スタッフ」「使用した内視鏡スコープ」「スコープを洗浄する洗浄機」などを全てデジタルで保存していき、いつでも瞬時に記録に遡れるような仕組みを作り上げらことができました。これにより、洗浄における責任の所在がハッキリするという大きな利点が生まれますし、スタッフがきちんとしないといけないという強い思いが生まれてきます。

導入してから、より緊張感を持ってきちんとした対応ができていると思われ、患者さんに大きな安心を持って、内視鏡検査を受けて頂けると確信しております。

内視鏡洗浄・消毒・洗浄歴管理のページ  http://www.tamapla-ichounaika.com/introduction/clean.html

 

img_0522クリニックホームページのトップページのバナーからページに行くことができます

img_0523高級ホテルの清掃の際に「誰が」責任をもって清掃したのかと同じイメージと考えています。

奥渋

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます。スタッフのこやまりです。

毎週水曜日に更新されるはずが、自宅のパソコンの不調で、クリニックのパソコンをお借りして更新するはめになってしまいました・・・

遅くなり、楽しみにしていた方、申し訳ございませんでした!(もし、毎週水曜日にスタッフが更新してるのに気付いた方!たまプラーザ南口胃腸内科クリニックマニアですね!そして!!「最近は、何だか写真も載って華やかだな。」と変化にお気付きの方、相当のマニアです!!)

そうです。そうなんです・・ブログをアップする際は必ず写真を載せよう!と言う事になったのです。さて困りました。ブログのネタよりも何よりも、私は写真を撮る、撮られるという行為がとても苦手なのです。ネタはあっても写真が無い・・というわけで、今話題の奥渋谷(略して奥渋)をほんの少しご紹介しようと思います。

そもそもなぜ奥渋を?と言いますと、私が通っているフラスタジオが奥渋にあります。住所的にどの辺を指すかというと、神山町、富ヶ谷周辺が奥渋となるようです。スタジオが出来た頃はまだまだ全然栄えてなく、昔からある商店街の古くからあるお店がちらほらという感じでした。味はあるがおしゃれとは言い難い感じです。ところがここ1~2年の間、あれよあれよという間におしゃれなお店がたくさん増え、メディアや雑誌等に多数取り上げられてる、今注目のスポットになってしまいました。女性だけでなく、男性でもとても楽しめると思います。飲食店はもちろん、雑貨屋さん、チョコレート専門店、おしゃれな自転車屋さん・・とにかく大人向けでお店がたくさん増えたけど、渋谷とは違い、喧騒から離れておりとても静かです。(静かなのはポイント高し!ですね。)

皆さん是非!奥渋散策お勧めします。ちょっと歩けば代々木公園もすぐそこです!それにしても、こんな素敵な場所にスタジオを建ててくれたサンディ先生、先見の目があったんだなぁとスタジオに向かう度に感謝しながらしみじみ思うのでした。

img_0413

 

道先に見えるおうちがフラスタジオです。

 

 

 

 

 

img_0415ここはパパブブレという有名なキャンディー屋さんで、たまプラーザでも買えるところがあります。

 

副院長の久津川がテレビ出演しました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。
久し振りにブログ更新します。
最近は、ホームページの更新作業や「私のダイエット遍歴」のホームページ作成、RIZAPの動画撮影の打ち合わせなどで診療時間以外の時間を全て使ってしまうぐらい目まぐるしい日々でした。なんとか、色々と形になり始めており、もう少しで完成すると思われますので、できあがり次第ホームページに順次アップしていこうと思っております。
昨日10月3日月曜日14時から長崎県の長崎文化放送に副院長の久津川がテレビ初出演しました。「ライザップ」がまだまだ浸透していない地域でのライザップの取り組みを紹介する番組放送です。普段着ない白衣を着ての出演でしたが、なかなか好評だったようです。糖質制限に対してのコメントや自身のライザップ体験が映像で出ています。今後も、北陸や東北地方などのテレビ局で随時放送していく予定とのことです。
株式会社ライザップの映像使用許可が頂ければ、当院のホームページでも副院長出演部分を公開していこうと思っております。
楽しみにお待ちください。

img_0524副院長のコメントを是非動画で見てもらいたいですね

img_0529トレーニングしている様子も撮影しています

クリームバス体験

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは、きんです。
最近、少し秋らしくなってきましたが、いかがお過ごしですか?

過ごしやすくなってきたところで、たまった夏の疲れを取ろうと、初めてクリームバスというヘッドマッサージの施術を受けに行って来ました。
バリからやってきたものなのですが、気持ちがいいだけではなく、頭にはツボが多くあるためたくさんの効能があるそうです。

リラックス効果はもちろん、凝り固まった頭をほぐすことにより、たるんだ顔をリフトアップさせたり疲れ目にもいいそうです。

また、白髪や抜毛予防、健康で綺麗な髪を作るとか。
そして!胃腸の働きもよくなるとのことでした。

マッサージ中は頭をゴリゴリと押されてかなり痛かったのですが、終わってすぐに顔のむくみがとれてスッキリしました。

自分でも頭のツボを押すことにより、だんだん凝りがなくなってくるそうなので、頑張ってほぐしていきたいと思います。

肩や腰と違って自分ではなかなか凝りが気がつきにくい場所ですが、皆さまも凝り固まった頭を押してみてはいかがですか?
スッキリできておすすめですよ!
thumbnail_14750459181491

Web雑誌に掲載されました。

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます。
副院長の久津川です。

昨年の10月から2か月間、「減量して健康になろう!!」と一念発起して
RIZAPに通いました。
結果は約10㎏の減量に成功しました。
そのRIZAPの体験談と糖質制限についてのインタビューを受けました。
その記事を下記のURLで見ることができます。

▼政経電論Vol.18 webサイト 掲載ページ
http://seikeidenron.jp/company/20160912_ad_rizap.html

また、当院でも私や院長を含め数名がRIZAPに通いました。
その結果については近日、当院ホームページで公開予定です。

2016-09-25

東京ドーム

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは、sakamoです。
先月、クリニックでもチケットを配布しておりました巨人vsヤクルト(2軍戦)の観戦に東京ドームへ行ってきました。
特に野球が詳しいわけではないのですが、野球観戦をしながら飲むビールが好きなので行ってきましたら、、なんと試合中に2回、アナウンスで当院の名前が放送され、スクリーンには写真の画面が出てきて興奮しました。

img_3975

 

 

 

 

 

 

 

 

img_3976

余談ですが、ピカチュウも3体出てきて可愛かったです。

 

 

 

 

 

 

 

少しでも興味があったら積極的に外に出ようと、出不精がちな性格にカツでした。

大井川鉄道 トーマス号

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック
副院長の久津川です。

先日、静岡県にある大井川鉄道で機関車 トーマスに乗ってきました。
チケットは抽選でしたが、今回は運良く当選しました。

トーマス号の始発駅である新金谷駅では「車両整備工場見学」を行っており、
止まっているトーマス号を見ることができます。
多くの方が記念撮影をしていました。
この整備場には、トーマス号に乗らない方も入ることができます。

そのあとは、実際にトーマス号に乗車して1時間15分くらいかけて千頭駅を目指します。
車内は扇風機のみで冷房設備はありませんが、風が入ってくるため、そこまで暑くはありませんでした。
じゃんけん大会があったり、撮影会があったり、車内限定のお土産などが売られていたり、あっという間に千頭駅に到着しました。
千頭駅では、トーマス以外の「ヒロ 」や「パーシー」も止まっていました。
帰りは疲れていたこともあり、ぐっすりと寝てしまいました。

大井川鉄道では、トーマス号以外にも通常の蒸気機関車にも乗ることができるので、
トーマスが大好きな方以外も楽しめると思います。
%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%b9

香港ディズニーランドに行ってきました。

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック
副院長の久津川です。
8月の夏休みに親戚家族と香港ディズニーランドに行ってきました。
香港は東京から5時間程度で比較的近く、時差も1時間しかなく行きやすいです。

香港ディズニーランドは2005年に開園し、
昨年から今年の8月末まで10周年イベントを行っていました。
6月からはスター・ウォーズのイベントが始まっていました。
R2-D2やチューバッカとのグリーティングがあったり、
スペースマウンテンがスター・ウォーズ仕様になっていました。
また、東京ディズニーシ―で誕生した「ジェラトーニ」という
猫のキャラクターとのグリーティングは、日本では行われていないのですが
7月からは香港で始まっていて、姪っ子はとても喜んでいました。
2日間とも雨が降っていましたが、東京のディズニーランド・シーとは異なり、
効率よく回れば乗り物もグリーティングも30分も待たないのでとても楽しむことができました。

D I Y

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは。MARUです。

朝晩は過ごしやすくなりましたが日中はまだまだ暑い日が続きますね。

わが家では庭の目隠しとして取りつけていたラティスがかなり劣化してきたので思い切ってウッドフェンスを作ることにしました。

ホームセンターへ木材とペンキやローラーなどを見に行きましたが、ペンキの茶色にもメープル、けやき色、マホガニなど何種類もあり随分迷ったのですが、多数決で明るい感じのメープルを選びました。

波型のウッドフェンスにしたため木材をカットするのに苦労し、ペンキも2度塗りしたので 完成までに3週間程かかりました。

手作りだと味わいが出ていいですね。DIYお勧めです。

2016_0810_124307-P1020541

クリニック開院5周年むかえる事ができました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

本日、平成28年9月1日でクリニック開院5周年をむかえる事ができました。平成23年9月1日のクリニック開院日はスタッフ6人で始動し、初日の来院患者さんは14人だったことは昨日のことのように鮮明に覚えています。

開院当初は、今と違って飛び込みで患者さんが来院され、「胃痛があるんですけど。。。」という患者さんに「今から胃カメラしますか?」というぐらい時間的にも余裕があったことが懐かしいです。現在ではスタッフ総勢24人となりましたが、力を合わせてますます頑張って行きたいと思います。

先日完成した来院者MAPを見ても本当に世界各国、日本各地から内視鏡検査を受けに来院して頂いて、ますます頑張らないとという使命感に駆られています。こんなに遠くからわざわざ内視鏡検査を受けに横浜まで来て頂いていますが、日本各地に同じような内視鏡クリニックができれば患者さんの移動の負担がなくなるのになと日々考えるようになりました。5周年を迎えての今後の課題として、「苦しくない無痛内視鏡検査」を日本各地で受けられることを模索していこうと考えています。

来院者MAP

http://www.tamapla-ichounaika.com/introduction/map.html

今後ともよろしくお願い致します。

IMG_8569先日、スタッフから似顔絵入りの誕生日ケーキをもらいました。似てますか?

 

女子旅

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

 

お久しぶりです、rumiです。

まだまだ残暑は厳しく、しかも台風に伴う天気の急変!…本当に荒天には翻弄されますね。

例年、我が家では登山など夏の家族旅行を楽しんでいたのですが…今年はスケジュールの関係から断念…そこで急遽、娘と二人での一泊二日の女子旅を計画しました。

行く先は軽井沢!
上野から新幹線に乗り僅か1時間あまりで憧れの避暑地へ到着です。
心配していた台風ですが…日中は眩しいほどの晴天!爽やかな陽気でした。
早速、女子旅らしく?今回は路線バスを利用し軽井沢タリアセンへと向いました。

雄大な浅間山をのぞむ塩沢湖と湖畔に点在する美術館を巡り、広大な敷地を森林浴をしながらゆっくりと散策…といった以前に訪れた時のイメージでゲートを入ると…美しい景観はそのままに更にアミューズメント要素も増え幅広い年齢層の方が楽しめる場所へと変貌を遂げていました!

せっかくなのでサイクルモノレールを初体験です。
レール上の二人乗りの自転車?に乗ると眺望も広がり爽快にペダルをこいで森林の間を進めばつかの間の空中散歩です!
空上からの景色は本当に爽やかで心地よい開放感でした。
また、ペイネ美術館など数々の建造物をみながら、のんびり散策し湖畔で鴨達に癒されながらすっかり満喫しました!

軽井沢滞在中はもちろん旧軽井沢銀座でショッピングも十分に楽しみ、近隣の森林に静かに佇む数々の教会を巡りながら、その歴史と自然を堪能しました。

一泊二日ながら充実した時間を過ごす事が出来ました。
これからの程よい気候の中でのプチ旅、お勧めです。

image image image image

 

世界・日本の来院者MAP完成しました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

台風関東の近くを通りながら東北地方に向かっていますが、大丈夫でしょうか?

以前より企画しておりました、クリニックに来院された患者さんの地域統計をスタッフがまとめて、世界地図・日本地図として完成してくれました。まとめてみると、世界各国、日本全土より本当に多くの患者さんに来院して頂いているのだと目に見えて実感し、期待に応えるようにますます頑張らないとと思う今日この頃です。

PCの画面の方がより動きがリアルですので、スマホから見てもらうよりもPCで見ていただけるとうれしく思います。

http://www.tamapla-ichounaika.com/introduction/map.html

 

IMG_0462世界各国から本当に多くの患者さんに来院していただいております

IMG_0463ホームページのトップ画面から参照することが可能です

お盆休み

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

お久しぶりです。
たまです。

クリニックの夏期休暇ありがとうございました。
8月も残り僅かになりましたが、皆さま楽しい夏を過ごせましたでしょうか。
盛り上がったオリンピックも閉会してしまいましたね!
4年後はとうとう日本での開催、不安もありますが、
今から楽しみです。

私は、休暇中にクリニックの仲間達と伊豆大島に行ってきました。
離島に行くのは初めてだったのですが、調布飛行場からセスナに乗って行くと30分弱で到着してしまいます。
いくら東京都とはいえ、普段の通勤時間と変わらない位の時間で別世界に行くことが出来るなんて凄いですよね!

海がとても綺麗で浅瀬でも魚が沢山泳いでいるのが見られて気持ちが癒されました。
珍しい野菜や果物も多く、市場での買い物も楽しかったです。
今回は大島に行ったのですが、次回は別の島にも行ってみたいなと思います。

それでは、そろそろ夏の疲れが出てくるころだと思いますのでお身体大事にされてください。

1471907681489

1471907703423

当院で胃カメラ、大腸内視鏡検査受けてきました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

先日、当院で胃・大腸内視鏡検査受けて来ました。

私は19歳の浪人生時代の大学入試センター試験の直後1月下旬に朝から右下腹部の激痛がおそってきて、部屋で一人でのたうち回っていましたが、どうにも我慢できなくなり近くのクリニックから広島市民病院に虫垂炎の疑いで搬送されました。腹部CTや採血などで急性虫垂炎の診断となりましたが、人生の勝負が掛かった医学部の2次試験を控えていましたので1泊入院し、抗生物質の点滴と内服で炎症を抑えてもらい、なんとか外科的手術を回避してもらいました(いわゆる「ちらす」と言われている行為ですね)。

その後は、痛みもなく2次試験を無事に受けることができましたが、佐賀大学医学部の受験後のバスで大分に帰る途中に再度右下腹部の激痛がおそってきました。それからは痛みに耐えきれず、大分の家の近くの医院で虫垂炎切除の外科的手術を受けました。虫垂の炎症がひどく、虫垂が穿孔(虫垂が炎症で穴があく状態)しており、腹膜炎になっていたとのことでした。

腹膜炎を起こすと、腸が癒着(腸が腹膜などにくっついてしまい、腸の動きに制限がかかる状態)してしまうことが多く、私の腸もかなり癒着している状態だと予想されます。案の定、過去に2回程大腸内視鏡検査を総合病院や内視鏡専門クリニックで行ってもらいましたが、癒着がひどく大腸の一番奥まで挿入ができずに、大腸内視鏡検査を断念していました。

今回、副院長に胃と大腸の内視鏡検査を行ってもらいました。一番最後まで挿入できたかや、大腸ポリープやがんがあったかなどの詳細は現在、検査中に撮影した内視鏡検査の動画などを編集作業しておりますので、後日ブログやホームページで報告したいと思います。

IMG_0363胃カメラは以前、検診で受けたことがありましたが、検診での内視鏡検査はもの凄くつらかった思い出があります。

 

ライザップ本にコメントさせて頂きました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

先日、ライザップから出版されました「自宅でできるライザップ 運動編」のコメントさせて頂きました。医師として、ライザップを体験しての感想と成果をコメントさせて頂きました。82Pに載っています。全国の書店で好評発売中で、食事編も出版されていますので、参考にされると肉体改造にとても役立つと思います。

DSC01974ライザップの運動メソッドが公開されています。特別なことではなく、当たり前のトレーニングメソッドですが、独りでやるとなるとなかなか追い込めないかなと思います。