Archive for the ‘記事一覧’ Category

新年あけましておめでとうございます

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

新年あけましておめでとうございます。今年も昨年以上に皆様の健康に対してのお手伝いができればと思っております。

昨年2014年1月1日に立てた年間目標は

今年の目標
①糖質制限食を再度勉強し直し、日々の生活にきちんと取り入れるようにする(患者さんにも勧めている事なので、説得力のあるように自分も当たり前のように実践する)

なんとか実践することができたので、目標達成!今後も継続する

②筋トレを勉強し直し、ぷよぷよなお腹を引っ込める

筋トレを週に最低1日継続しているので、目標達成!今後も継続する

③ストレッチを日常に取り入れるようにして、怪我をしない体になる

なんとなく、面倒くさくてストレッチを行っておらず、昨年10月に腰痛が起こり、再度怪我したので今年は毎日運動後にストレッチを行う!

④トライアスロンを完走できるように、細切れ時間を有効に活用して、水泳、バイク、ランを練習していく

仕事の忙しさを言い訳にして、トライアスロンに出場できなかったので、今年は頑張って出場する!

⑤クリニックの診療の中心である内視鏡検査を極めていく

日々の内視鏡検査において、少しづつだが自分で技術が進歩していると実感しているので、技術修得を継続していく

⑥大好きなお酒を控える

断酒できていない現実があり、お酒を飲むことにより眠くなり、時間の無駄も多くなっているため、今年は自宅での飲酒は控えて、節酒する(断酒は無理かな。。。)

⑦高度な内視鏡検査を提供できるように日々勉強し続ける

朝5時に起きて継続して勉強できているので、これは自分でも合格とする、今後も継続していく!

⑧クリニックのブログを今以上に更新する

昨年よりはブログ更新できているので、今年は週に1回はブログを更新するように努める!

⑨クリニックのホームページのリニューアルを早めにする!

今年の夏にホームページを念願のリニューアルしました。時期を見てホームページを少しずつ進化していきます。

⑩薬剤をなるべく使わずに、生活習慣の改善を中心にして、患者さんの生活習慣病を改善していく!

患者さんにはなるべくダラダラと無駄な薬を服用せずに、生活習慣を変えていくようにお話ししていきました。今後も継続して実践していこうと思います。

以上、昨年の目標を反省点として、今年の目標を立ててみました。

過去の自分に負けないように実践して行こうと思います。

今年もよろしくお願い致します。

 

 

 

糖質制限と共に歩む

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはよございます、院長の平島です。

今年は糖質制限を特に意識した1年でした。食事と運動によるダイエット効果は9:1だと認識しておりますので、意識して糖質を制限してきました。慣れないうちは、糖質制限するとつらいと感じるものですが、1ヶ月ぐらい我慢して続けていると段々と慣れてくるものです。

特に夕食にご飯粒などの糖質を抜くことにより、顕著に糖質制限の効果が出てきますし、時間の経過と共に夕食にご飯などの糖質を食べると、翌朝胃もたれが起こるようになり、段々と体が糖質を拒否するようになってきます。

糖質を制限すると翌朝、体の軽さを実感するようになり、胃の不快も起こらなくなってきます。朝に感じる胃もたれの原因としては、夜寝る前4時間以内の食事と寝る前の糖質摂取によるものが大部分だと思われます。

来年も引き続き、糖質制限を継続し、自分史上最高の肉体になるように頑張ろうと思います!

 

糖質制限開始前のだらしない体正面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限前のだらしない体側面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限前のだらしない体背面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限実践後1ヶ月の体正面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限実践後1ヶ月の体側面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限後1ヶ月の体背面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限後2ヶ月の体正面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限後2ヶ月の体側面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限後2ヶ月の体背面です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年もありがとうございました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

12月28日日曜日で今年の診療も無事に終わり、皆様の健康に対する意識の高さを実感した1年でした。健康に対する意識が低い方ですと、こちらから検査の重要性をお話しする事が多いものですが、当院にかかっている患者さん達は皆自分から内視鏡検査の必要性を理解して、検査を受けるように努める方が多く、健康意識が非常に髙いと思われます。自覚症状だけで判断しているととんでもない事になると自覚している方が多く見受けられ、本当に食道がん・胃がん・大腸がんについて理解されている方多いと実感します。

精度の低い会社や地域の検診での胃バリウム検査や便潜血検査だけで、済まさないようにする意識が非常に大切になってきますので、早期発見・早期治療で無駄な外科的手術や抗がん剤治療を減らしたいと心の底から願います。

来年度もよろしくお願い致します。

 

来年度は節酒が一番の課題と思っています。休み前だけはアルコール飲みたいですね。

 

定例の胸腹部CT

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは、院長の平島です。

先日、がん検診の一環で胸腹部CTをかかりつけのメディカルスキャンニングで撮影してきました。CTは機器の差がすごくあることは認識していましたが、今回の撮影に関しても機器の違いによる精度の違いを実感しました。CTの撮影に関しましては、解像度と細かい撮影の設定が大切となってきますが、通常の大学病院などでのCT撮影では16列から32列のCT撮影が一般的になっています。列が大きければ大きい程、細かく撮影することができますし、CTによる被曝量が少なくなります。私がCT検査を受けたメディカルスキャンニングでは64列から128列のCTを揃えており、微細な画像での撮影が可能となりますし、被曝量も少なくすることができます。

今回の撮影でも1mm単位で細かく撮影するようにしてもらい、きめ細かに読影することができました。

 

胸部CTにて肺癌の有無を調べましたが、明らかな異常はありませんでした

 

 

 

 

 

 

腹部CTでもがんなどの所見ありませんでした。肝臓に脂肪もなく、皮下脂肪もほとんどなく、健康体でした。

 

 

 

 

 

 

最新鋭の胸腹部CTにて撮影しましたので、被曝量も少なく、撮影時間も非常に短くて済みました

クリニック増築工事⑥

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは、院長の平島です。

ようやく、新内視鏡室の周囲がお部屋らしくなってきました。壁紙はまだ、貼られていませんが、大まかな部屋の構造が見えてきました。肝心の新内視鏡室は年明けからの工事になる予定ですので、現在はスタッフルームとして機能しており、スタッフの仮住まいの憩いの場となっています。少し不便そうですが、年内だけの暫定措置なので、なんとか乗り切りたいです。診療を行いながら、増設工事をするのがこんなに大変なことだとは思いませんでした。さすがプロの職人さん達は手際よく、対応してくれており頼もしいです。

新内視鏡室のリカバリールームの間仕切り壁を設置しています。内視鏡検査を待つ間の中待合室では、今回のテレビ設置場所は壁の横からアームを利用して伸縮自在にして、見やすい位置に設置する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

新内視鏡室と既存のクリニックを結ぶ通路ですが、お茶菓子をセットしたり、お湯を沸かしたりできる隠れたスペースを設けました。正面に見える仮設のドアはなくなる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

壁のクロスと床張りも開始されました。これが完成するとお部屋らしくなってくると思われます。

クリニック増築工事⑤

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは、院長の平島です。

本日はクリスマスということですので、糖質制限ケーキを特別に注文して、スタッフみんなで食べました!クリスマスに関係なく、診療後も仕事は多くありましたので、22時前には仕事を片付けて、ジムのプールに寄りました。さすがに、クリスマスの日はジムに来て泳いでいる人は本当に少なく、逆に自由に泳ぐ事ができて、狙い目でした。気持ち良く、聖夜の中1キロきちんと泳ぎきり、心地よい疲れの中、スッキリした気持ちで帰宅することができました。

この数日が増築工事の山場となるそうで、1日10人以上の職人さん達が、テキパキと仕事をこなしていました。一時期、建築家になりたいとも思っていたので、このような建物が次第に完成していく過程を見るのは昔から大好きでした。

 

解体後に、軽鉄とボードの工事をして、枠組みを作っていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気や空腸の配線がこんなに多く天井裏を這っていることに驚きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボードにて仕切りを作っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、使用しているリカバリールームにも転倒防止のために硬めのボードを設置することにしました

メリークリスマス☆

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは、kinです。

今日はクリスマスイブですね。皆様いかがお過ごしですか?

私はイルミネーションを楽しみに行って来ました。

イルミネーションの起源は諸説ありますが、いずれもドイツのようです。

一説によると、16世紀に宗教改革者のマルティン・ルターがクリスマスイブに森の中で輝く星を見て感動し、

その輝きを再現するために木の枝にロウソクを飾ったことが始まりだそうです。

最近のイルミネーションは、クリスマスだけではありません。

まだ各地でしばらくは見ることができるようなので、

皆様も行かれてみてはいかがでしょうか?

 

 

スマートフォンサイト

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

クリニックのスマートフォンサイトが完成しました。今までは、PC用のサイトしか表示されず、拡大して見て頂いていましたが、スマートフォンのサイズに合わせて表示することが可能となりました。

今回のスマートフォンサイトの導入にあたり、最新のシステムを導入しました。星の数ほどあるスマートフォンからアクセスしても自動でそれぞれのスマートフォンに合わせた解像度とサイズに自動変換されるシステムとなっています。従来のスマートフォンサイトはホームページとは別に新たにスマートフォンサイトのページを作るため、更新作業をPCサイトとスマートフォンサイトそれぞれで随時しなくてはならず、かなりの手間がかかると言われていました。さらに、スマートフォンはそれぞれの機種でサイズと解像度が違うため、1,2機種のスマートフォンに限定してサイズと解像度を合わせないときちんとした表示ができないものであり、合わないスマートフォンやガラケーからスマートフォンサイトを見てもきちんと表示できないという欠点がありましたが、今回のシステムでは全てのスマートフォンおよびガラケーが半永久的に更新されることとなり、ホームページを見て頂く方にストレスなく見て頂くことができるようになりました。

従来のスマートフォンサイトでは約2年ごとの機種変更により、使えなくなるサイトとなり、費用だけがかさむ無駄なサイトになることとなり、疑問を感じていましたが、今回の新システムで全てが解消されました。

スマートフォンで当院のホームページ見ていただけると、地図や電話など便利になっていますので、一度見ていただけるとうれしいです。

 

スマートフォンサイト自動変換システム便利です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページの内容が全てスマートフォンで見ることが可能です。

クリニック増築工事④

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは、院長の平島です。

新内視鏡室、ようやくお部屋らしくなってきました。剛製建具が入り、お部屋の仕切りがきちんとできてきました。

11月に友人達と駅伝に出場するために最近はランニングばかり練習していましたが、12月に入り、プールで泳ぐ機会を意識して増やしています。12月初めは泳ぐのが短距離でもつらかったですが、最近は1キロ泳いでもつらくなくなってきました。やはり、継続しての鍛錬は心肺機能を高めるのだなあと実感しています。理想は毎日1.5キロの水泳練習ですので、頑張って泳ぐ距離を伸ばしていこうと思っています。継続は何事にも大事だと実感します。健康管理も日々のちょっとした継続が大事だと思いますし、患者さんたちにもお話しするようにしています。当院に通ってくれている患者さんには、長く健康でいてもらいたいので、少し口うるさいですが、お話しするようにしています。

クリニックホームページ改修、見ていただけるとうれしいです。

食道がん飲酒・喫煙との密接な関係ご存じですか?

http://www.tamapla-ichounaika.com/knowledge/drink_smoke.html

 

建具が入りお部屋らしく仕切られてきています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剛製建具で仕切っていきます

クリニック増築工事③

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは、院長の平島です。

毎日クリニック増築工事着々と進行しています。毎日夜遅くまで工事をしてもらい、急ピッチで進んでいます。

日々、診療と増築工事の打ち合わせなどで充実した毎日を過ごしていますが、自分の時間も確保するように日々努力しています。今後のクリニックの計画や自分の運動計画などを考える時間はとても大切なので、10分でも良いので自分の時間を確保するように努めています。夜はどうしても仕事で疲れているので、なかなか時間が取れないですが、朝は効率よく考えることができるので、朝早く起きる努力をしています。

現在の私のゴールデンスケジュールとしては毎朝5時に起きて、1時間勉強して、30分ランニングして、朝食をきちんと食べて、出勤するというリズムができています。成長のために日々勉強せねばと頑張っています。

クリニックホームページ改修シリーズ更新しましたので、見ていただけるとうれしいです

 

大腸がん検査としては、全く意味のない直腸診を検診などの流れ作業でなんとなく受けていませんか?

http://www.tamapla-ichounaika.com/knowledge/rectal.html

 

本日は間仕切りのためのボード工事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間仕切りができるとお部屋らしくなってきました

クリニック増築工事②

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは、院長の平島です。

クリニック増築工事順調に毎日行っています。

本日は内視鏡の画像を映し出すモニターを天井に吊すためのアンカー打ちと断熱材の充填を行いました。まだまだ、内視鏡室としての形はできていませんが、下地作りが着々と進行中です。

工事の影響でクリニック内に工事の大きな音が聞こえるためご迷惑をお掛けしています。

 

アンカーを打つための穴を開けています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材を充填しています

油女子

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは、sakamoです。

最近テレビで、油女子なる方(植物系の油に詳しい女性)がオリーブオイルやエゴマ油について種類やその効能を力説している番組をみました。中でも亜麻仁油の内容がとても興味深かったので紹介したいと思います。
普段から便秘解消のため、オリーブオイルの摂取を心掛けていますが、亜麻仁油はαリノレン酸が豊富なオメガ3系に当たる油で、オリーブオイル(オメガ9系)とはまた効果が違うとのことです。
その効果は、血液サラサラになり、中性脂肪値を下げ、肌荒れの改善や花粉症を緩和してくれ、さらには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしたり、抗酸化作用もあるとのことで、、良いことばかりです(@@)!
ただ、熱に弱く、酸化もしやすいので、摂取方法は注意点があるようですが、サラダのドレッシングにしたり・・積極的に試してみようと思います^^

話は変わりますが、先日、たまプラのスペイン料理やさんで、先生が忘年会を開催して下さいました。お昼の時間帯でしたが、ほぼ満席状態で人気のお店でした。料理もおいしくてお勧めです!14046124

クリニック増築工事開始

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは、院長の平島です。
本日よりクリニックの増築工事始まりました。
今日は、クリニック横の建物の解体工事が主な作業となりました。既存クリニックスペースもビニールシートで覆われたりなど、大がかりな工事となっており、少し驚きでした。
今回は、新内視鏡室と検査後にお休みになるリカバリールームの増設工事が主となり、その後に既存のクリニックと新内視鏡室をつなげる工事になります。クリニックを休まずに工事するため、クリニックがお休みの日に主に工事していただくので、かなり大変な作業となるみたいです。
4月の開院に向けて、1月中旬には完成予定となります。

 

既存のクリニック受付にもビニールシートが付けられました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は解体作業が主な作業となります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配管工事など細かい作業が多いです

 

クリスマスシーズン到来

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは。MARUです。

いよいよクリスマスシーズンが到来し、街ではブルー、ホワイトなど
テーマカラーにそったいろいろなツリーを見かけます。

わが家ではゴールドのオーナメントを中心に飾り
ちょっとゴージャス感を出してみました。
また玄関にはリースを飾り、窓にはサンタとトナカイをスノースプレーで描くと
一気にクリスマスらしい雰囲気になってきて気分が盛り上がって来ました。
クリスマスイブが待ち遠しいですね。

最近インフルエンザが流行ってきているようなので
手洗い、うがいなどして体調には十分お気を付け下さい。

ドクターフィッシュ

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

先日、皮膚の角質を餌にするというドクターフィッシュの足マッサージに行ってきました。

全長約5~10cm程で、西アジアに生息する淡水魚で、36.5℃から37℃程度の高い水温でも生息できるためアジア全域の温泉にも生息するが通常は河川や池沼に生息すると言われています。口が吸盤のようになっており石や岩などに付着した藻類を舐めるようにして食べることができます。寿命はだいたい7年程度であり、皮膚の角質を食べるのは生後2ヶ月から2年半ごろまでであると言われています。

足をドクターフィッシュの桶の中に入れた瞬間は痛がゆく、なんとも言えない耐えられないような感じでしたが、徐々に慣れてきて、何とも心地よい気持ちになりました。

ホームページ改修シリーズ添付しますので、見ていただけるとうれしいです。

鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?

http://www.tamapla-ichounaika.com/knowledge/sedative.html

 

 

最初は痛がゆいですが、段々気持ち良くなってきました