Archive for the ‘記事一覧’ Category

マカロンと女心

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

副院長の久津川です。
先日の休みに銀座三越のLADUREE(ラデュレ)に行って来ました。
モーニングのフレンチトーストが目当てで11時前に店に行ったのですが、入荷待ちということで食べられませんでした。
ラデュレはパリに本店があり、マカロンで有名なお店です。
【マカロンの発祥はイタリアだそうです。日本で見るクリームをはさんだマカロンは「マカロン パリジャン」というもので、フランスで生まれたものということを最近知りました。】
マカロンは女性には大人気ですが、男性から見ると「こんな小さいのに何百円もするの?!。牛丼が食べられるじゃん。」と思っちゃいます。

「女心がわかってないな〜!」と言われそうですね。
当院のスタッフは院長と私以外全て女性なので今度マカロンを買っていこうと思います。
最後にラデュレのケーキで女性が喜びそうなものをひとつ紹介します。

「フレーズ ラデュレ」というケーキです。
このイチゴの形が可愛くて最高ですね!
1個でなんと1004円(税込)です‼

ラデュレ

20年ぶりの雪山

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは。キキです。

3月になり、暖かいなと感じる日が多くなりましたね。

ふと、日が長くなったのを感じて、冬の終わりを感じました。

 

最近のスタッフブログでは、それぞれ旅行に行ったことが多く書かれていますが、

私も先日お休みを利用して、新潟までスキー旅行に行ってきました。

20年ぶりの雪山に緊張と興奮で前日はあまり寝つけず。。。

20年前は家族で年に1回ほどスキー旅行に行っていたのですが、当時の記憶が、

「吹雪、寒い、辛い、」の三拍子の記憶しかなかったので、ちょっと心配でしたが、

当日はお天気に恵まれ、行楽日和でした。

ゲレンデは平日ということもあり、空いていて快適にスキーを楽しめました。

ちゃんと滑れるか心配でしたが、なんとか体が覚えていて、20年ぶりにしてはなかなか

上手にすべれると自画自賛しながら滑りました。

だんだん体が慣れてきて、リフトで頂上まで上がったら最高の雪景色を見られ、心が洗われるようでした。しかし、頂上から滑走は恐ろしく、悲鳴を上げながら降りてきました(笑)。さっきまで、自画自賛していた心が一気に砕け、へっぴり腰でどうにかこうにか

降りてきました。

最後は疲れた体を温泉で癒し、無事に怪我なく滑れた事をかみしめました。

 

今回の旅行をきっかけに今度はスノーボードにも挑戦しようかと考案中です!

まずは、人工スキー場で修業してから次の冬にゲレンデデビューしたいと思っております!最初はできなくても、諦めずに頑張ってみようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日の緊急内視鏡検査の思い出

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

先日、神戸から3次救命救急センター時代に共に働いた後輩が学会参加の合間に久し振りに会いにきてくれました。久し振りの再会でしたが、苦楽を共に味わった者同士、ゆっくりお酒を飲みながら思い出話に花咲きました。

あの当時は本当によく働き、よく勉強し、そしてよく仲間とお酒を一緒に飲んで、将来やりた医療や今関わっている医療についての疑問や矛盾など色々と感じることを語り合っていました。平均して1ヶ月で100回程の夜間・休日の緊急呼び出しがありましたので、1日平均夜中の時間外呼び出しが3回程ある計算でしたね。夜の21時ごろに通常の仕事が終わりますが、そこから帰宅しようとすると、吐血や下血や腹痛などなどでの緊急の呼び出しがあり、夜中に緊急内視鏡検査をよく行っていました。そこから朝までに2,3回の呼び出しがあるような生活でした。朝自宅で呼び出しがなく目覚めた日は、呼び出しの電話に気づかなかったのかと不安になって、携帯の画面を焦って見るほどでした。その忙しい合間を縫って消化器内科の仲間や先輩方とお酒を飲んだり、勉強したりと365日ほぼ仕事状態でありましたが、大分県の夜の医療は私たちが守るという使命感を持って仕事をしていましたので、多少は社会の役にたっているのかなという実感があり、非常に充実した日々でした。当時は、全国のどのドクターよりも一所懸命働き、患者さんのために勉強していた自負がありましたので、向かうところ敵無し的な思いで頑張っていました!

普通に病院やクリニックに勤務しているドクターが一生涯に診ることのできる疾患を1年足らずで診ることができる本当に貴重な3次救命救急センターでの勤務経験でしたし、志の高いドクターや看護士さん、事務の方と出会えた貴重な時期でありました。3次救命救急センターで後輩と共通の上司である石飛ドクターの話で後輩と盛り上がりましたが、患者さんとの接し方、周りのドクターとの接し方、開業医の先生方との接し方など石飛ドクターの背中を見て色々と教えてもらったことが2人の共通の一生の財産となっていることを認識した夜でした。

IMG_1570後輩のDr平本は現在、神戸で血液内科で骨髄移植医として活躍していますが、消化器内科で一緒に働き、共に闘った日々が懐かしいです。

 

雛祭り

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは。スタッフのMiroです。

空気はまだ冷たいけれど、随分日差しは明るく春めいていきましたね。

気持ちも明るくなる気がしてきます。

 

さて、今日は3月3日 桃の節句 雛祭りです。

女性の皆さんはお祝いしましたか?

 

私は雛祭りの季節になると、いろいろと思い出すことがあります。

中学生の頃、祖母と一緒にお雛様を出して飾ったこと。

十数年振りに出したそのお雛様の前にやっとお座りできるようになった娘が座って眺めていたこと。

実家(福岡)に帰省した際に、古い町並みの中にある旧家や商家、町中に古いお雛様を飾っている「おひな様めぐり」というイベントに母と娘と親子3代で出掛けたこと。

 

季節の行事はいい思い出になりますよね。

きちんと意識して過ごしたものだと思っています。

 

今年のお雛様。ちらし寿司とひなあられでお祝いしました。

行事ごとの食べ物も楽しみの一つです。(^^)

 

IMG_0001 IMG_0003

沖縄旅行

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

 

こんにちは。スタッフのみいです。

先日、沖縄へ行ってきました。

冬の沖縄でしたが、天候に恵まれ日中はコートがなくても暖かかったです。

沖縄に行くのは約十年ぶりだったのですが、洞窟の中をガイドさんに説明してもらいながら歩き、世界遺産巡りをし沖縄の歴史に触れ以前行った時とは違う楽しみ方ができ、とても楽しい思い出になりました。

次回は波照間島とゆう日本最南端の島へ行きたいと考えております。

旅行の計画をするだけで楽しみが増えますね。

 

imageimage

手作りパン

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

皆さんこんばんは。スタッフのmonです。

春のような温かい日が訪れたと思えば真冬の寒さに戻り体調を崩しやすい気候となっていますね。インフルエンザも流行していますので皆様も気をつけてくださいね。

先日友人に教えてもらい初めてパンを作りました。節分シーズンだったので恵方巻パンと鬼のパンツ柄パンを作りましたが、絵心のない私は虎模様が上手に書けず見た目はいまいちでしたが味はまずまずでした。それからは自宅でもパン作りにはまってしまい色々なパン作りに挑戦しています。しかし食べきれず冷凍庫へ保管している状況なので少し控えたいと思います。

手作りパンは砂糖をほとんど入れずバターも使わなくてもできるので市販のパンより低カロリーなのです。今度は糖質制限のふすまパンに挑戦してみたいと思います。

IMG_2391

鬼パン

香港 春節

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは、副院長の久津川です。
先日、連休を利用して春節(旧正月)真っ只中の香港に行ってきました。
香港は2月が一番寒いのですが、最高気温22度・最低気温15度くらいな為、過ごしやすいと思ってました。
しかし、日中は陽が出ていれば半袖、朝晩はかなり冷え込み厚手のコートやダウンが必要で、気温差にビックリしました。

今回の旅行の主な目的は、香港ディズニーランドです。
以前にも行ったことがあるのですが、やはり春節ということもあって多くの中国の方で賑わってました。
しかし、日本のような混み方や行列はありませんでした。アトラクションもキャラクターと写真が撮れるグリーティングも10-30分程度待つくらいです。日本では1-2時間待つこともあるのでかなり楽です。
とても楽しむことができて満足でした。

また夜には市街地にも出かけました。
香港の地下鉄は治安も良く、また路線も少なく乗り換えも簡単なため移動に最適です。
市街地で小籠包を食べたり、街をブラブラしたりして香港を満喫することができました。

 

香港1 香港2

くまのパディントン

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは。スタッフのパームです。

まだまだ寒い日が続いていますが、皆さま元気にお過ごしでしょうか。

私は風邪もひかず、いつでも元気です♪

今日は水曜日。久しぶりにレディースデイを利用して映画を観てきました。「パディントン」

皆さま「パディントン」はご存知ですか?
パディントンはイギリスの児童文学作品で、ペルーからロンドンにやって来た紳士的な人間の言葉を話せるクマの話です。
絵本のかわいいクマとは違い、時折見せる野生のクマ的なところ笑えます。

また、なぜ赤い帽子に青いダッフルコートなのかの秘密も!

お世話になるブラウン一家との絆も描かれていて、笑いあり涙ありで心が暖まる映画でした。

今回は吹替えでの上映で、パディントンの声を松坂桃李くんが!
でも全く違和感なかったです(笑)

子供の映画でしょ!と侮るなかれ、癒されたいときなどオススメです。

予想外の展開

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは。ミーコです(=^・^=)

先日温泉に行ってきました。

寒いのが大の苦手な私にとって、この時期欠かせない大好きなもののひとつです♡

毎回インターネットで近場&そこそこ満足できそうなお宿を探し当てて予約をし、今回も同様だったのですが、今回は予約後に宿泊先のちょっとした手違いがあり、行く前にがっかりした気分を味わってしまいました。

結局は解決して当日をむかえ無事到着♪

すると・・・「お詫びの気持ち」ということで、なんと特別室が用意されていました!!!

予約していた部屋の倍くらいのお値段!!!

ネット上では見たことありましたが、まさに目の前に貸し切りジャグジー露天風呂付き特別室(゚Д゚)!!!

部屋の作りにいたっては、壁らしい仕切りは何故かほとんどガラス張り!!!

ちょっと笑えましたけど(^^;

いや~温泉も食事もその他諸々の設備も大満足だったんですがね、正直・・・庶民の私にはちょーーっとだけ落ち着かない1泊2日となりました(^^;

 

いよいよ2月始まりました

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

早くも今年1月が終わってしまい、2月に突入しましたが、1年の1/12が早くも経過してしまいました。今年もトライアスロンに向けて、1月はスイムに関しては結構頑張って練習しましたが、ランがついつい距離短縮してしまい(寒さに心が折れて)サボりがちなので、2月からは気合いを入れていこうと思っています。

先日、クリニックスタッフが開院時からの来院者数や内視鏡検査数について、電子カルテから人数や内視鏡件数分析をしてまとめてグラフ化してくれたものが完成しました。細かな1人1人の分析まできちんとしてくれて、ホームページ会社さんに仕上げをお願いしてようやく完成しました。グラフの動きもつけて視覚的に楽しめるようにしています。

現在はスマホサイトはない状態ですが、4月末には全面リニューアルの予定で急ピッチでスマホサイト作成しています。色々とリニューアル予定ですので、スマホでグラフなどの動きを見ていただけるようになると思います。

IMG_1157今週は風邪気味だったので高濃度ビタミンC点滴連日行い、素早く改善しました

IMG_1531クリニック開院時からの統計をグラフで動きを作りました

http://www.tamapla-ichounaika.com/data.html

 

岩盤浴

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちは、haruです。

寒さが肌をさす今日この頃でございますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

 

私は先日、夫と中学生の娘と一緒に岩盤浴へ行ってきました!

一時期のブームからは少し落ち着いたようですがまだまだ人気がありますね。

リフレッシュをしたい時にたまに行って楽しんでいます。

私が感じている岩盤浴効果ですが・・・

「身体の芯まで温めてくれるので出てからも長い間ぽかぽか♥」

「老廃物が体外に排泄されて肌がリセット!(アンチエイジング効果あり??)」

「夜いつもより更に深い眠りに。。」

癒されたい方に、とてもお勧めです。

 

大寒が過ぎたばかりなのでまだまだ寒い日が続きそうですね。

身体が冷えると心も寒々しくなってしまうものです。

ぜひ岩盤浴にでも行って身体の芯までぽかぽかにしてリフレッシュしてみませんか。

Me ka mahalo(感謝を込めて)

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんばんは。スタッフこやまりです。暖冬と言われていた今年、週初めがいきなり大雪でびっくりしました。

みなさん、色々と不便もあり大変だったかと思います。大人になるとなかなか雪を純粋に楽しむという気持ちが失っていくなー。なんてぼんやりと考えていました。(あっ!ウィンタースポーツされる方は待ちに待ったシーズンですかね?失礼致しました・・・)私は寒いの嫌い、夏好き南国好きなのでこの季節に上手く付き合っていこうと毎年奮闘しています。

南国と言えば、ハワイ!!(そうでない方もいらっしゃるかもですが、ここはひとつお付き合い願います。)ハワイと言えば、フラ!ここ7~8年ほどフラを習っておりまして、踊りはもちろん、ハワイの文化や歴史、ハワイ語を学ばせて頂いております。もう自分が何年目なのかも曖昧になってしまうくらい、すっかり生活の一部になり、フラなしの生活は考えられないです。とか言いつつ、踊りは上手ではないし、まだまだ学ぶ事が多く未だに悔し泣きして帰ってくることもしょっちゅうです・・・笑

そんな中、先日お休みを頂いて品川プリンスホールで行われた「ラナキラカルチュアルフェスティバル」というイベントに出演してきました。3月に大きなイベントがあるので、その場慣らしで出演しよう!となった訳ですが、まぁ色々と大変です。みんなでレッスン以外も自主練(ここでまた私は泣くという・・)したり、慣れない舞台メイクしたり、一瞬の出演の為にすごい時間をかけて準備をして行くのですが、やはり大好きな仲間たちと一緒に踊ったり準備していくのはとても楽しく、かけがえのない時間となります。そんな一緒に踊ってくれる大切なフラシスターに感謝だし、環境の変化があっても続ける事に全面的にバックアップして最高の応援団になってくれている家族、イレギュラーな休みが欲しいと言っても快く送り出してくれている職場の皆様、こういった協力がないと多分、楽しく続けるのは無理だったと思います。本当に本当に感謝しております。では、最後にハワイ語で締めくくろうと思います。Mahalo nui loa(どうもありがとう)これからも楽しく頑張ります!

 

仙台旅行

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

こんにちはkinです。

最近、急に寒くなりましたが、いかがお過ごしですか?

 

私は年始年始のお休みに、仙台へ旅行に行って来ました。

東京から新幹線に乗り約1時間40分。

あっという間に到着です。

目的は観光とおいしいものを食べること。

仙台には何度か行ったことがありますが、冬は初めてだったため、冬の風物詩「光のページェント」を1番の楽しみに行って来ました。

「光のページェント」とは、仙台の並木を冬にイルミネーションするイベントなのですが、今年で30回目を迎え、160本のけやきの木に60万もの光が点灯します。

中でも見所は、イルミネーションが消灯してから再点灯するスターライト・ウィンクです。

急にイルミネーションが消え、一度真っ暗になったところに明るい光がともる瞬間を見ると、幸せで暖かい気持ちになりました。

この気持ちをチャージしてこれからも頑張ります。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

念願のスター・ウォーズ

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます。
副院長の久津川です。
昨年12月18日に公開されて、たった20日間で全米興行収入歴代1位となった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観てきました。
本当は公開日に行きたかったのですが、仕事があり行けずその後も行けずじまいでした。

昨年の12月から前もって過去のシリーズをすべて見返し準備万端で、休みの日にやっと家族で観に行く事ができました。
本当に面白かったです!
次回作はいつになるかわかりませんが、楽しみです。

もともと結婚前は、全くスター・ウォーズに興味がなかったのですが、妻の影響で今ではどっぷりハマっています。
スター・ウォーズのキャラクターに会うためにアメリカのディズニーワールドで5~6月(金・土・日曜日のみ)に期間限定で行われる「スター・ウォーズ  ウィーククエンド」にも行くほどです。
アメリカのディズニーでは、「スターウォーズ・ランド」のエリア建設が今進行中です。
今から、行くのを楽しみにしています!

 

*2個目の写真は、スター・ウォーズ ウィークエンドに行った際、レストランで食べたデザートです。味は激甘でした!!

 

スターウオーズ1 スターウオーズ3

異業種トーク!

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

おはようございます、院長の平島です。

年も開けて、「今年もますます頑張るぞ!」という熱い気持ちで溢れている、今まさに早朝4時ジャストです!

以前は新年早々の「頑張るぞ〜」という雰囲気が天の邪鬼的にあまり好きではなかったのですが、今年はますます頑張って色々なことにチャレンジしたいと思う気持ちが強いです。早速、昨日は祝日でクリニックはお休みでしたが、目標の立て方や将来のビジョンを立てていくという勉強会に朝から夕方まで出席してきました。勉強したら即実践をモットーにしているので、昨日の夜から早速今年実践して、将来に繋げていく目標をあれやこれやと紙に書き出してみました。ここ数日で絞り込んでいき、最終的には8コの目標を実践していこうと考えています。

先日、格闘家の弘中君と弘中君の後援会副会長の方と3人で食事する機会がありました。異業種の方と話していると知らない世界の事がたくさん聞けて本当に刺激になります。例えば、弘中君の試合が70キロ級の規定だとすると、前日の計量では70キロギリギリでパスするのですが、その後、水分摂取したり食事したりすると半日ぐらいで79キロまで体重が増えることもあるとのことです。これは水分を絞ることで体重調整しているからですが、もの凄く体に負担がかかっているのだと思いました。試合当日は規定体重の7キロ以内で試合に臨まないといけないので、また水分で体重調整をするとのことです。大変な世界ですね。

IMG_15053人の食事会の後、格闘技関係の方たちの食事会に合流しました。shootボクシングのおきまりのポーズで写真撮りましたが、私だけ3本?

IMG_1509昨日の勉強会は墨田区であったので、がんセンター時代利用していた都営大江戸線に久々に乗って懐かしかったです