Archive for the ‘施工状況’ Category

試験

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

昨日は「高濃度ビタミンC点滴療法認定医」の試験を受けてきました。先月もアンチエイジング専門医の試験を受けてきましたので、ここのところ毎月試験を受けていることになります。さすがにこの年になると、試験のための「試験勉強」をするのは少し辛い感じもしますが、開業前しか時間が取れないと思い、頑張って勉強しました。

クリニックの内装工事現場を何日か振りに先週の土曜日(6月25日)の仕事前に覗いてみたのですが、驚くほど進んでおり、びっくりしました。ほとんどの部屋の壁ができており、すべての部屋の間取りを実際に目にすることができました。1ヶ月そこらで完成するとの事ですが、納得です。

内装工事開始より1週間目

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

昨日の夕方、6月18日土曜日以来久しぶりに現場に行ってきました。

天井の空調工事はほぼ終わっている感じでした。壁になるであろう場所に金属の棒らしきものがいくつも立っており、部屋の位置関係が想像できるようになってきました。

昨日はものすごく蒸し暑い一日でしたので、職人さん達は作業がしにくかったのではと思いますが、テキパキと作業する姿に感心させられました。やっぱりプロフェッショナルですね。どんな職業であれプロフェッショナルな仕事をするというのはかっこいいなとつくづく思わせれました。私も医療のプロフェッショナルとして、最高水準の医療を提供できるように日々努力していこうとあらためて思いました。

 

クリニックの施工状況

Author: たまプラーザ南口 胃腸内科クリニック

初めまして。たまプラーザ南口胃腸内科クリニック院長の平島徹朗です。

平成23年9月1日の開院に向けて、6月14日より内装工事が開始されました。6月14日に「墨出し」という作業を行いました。「墨出し」とは図面に基づき、造ろうとする建物の角部位の中心や大きさ寸法を現地に墨で書き出すことだそうですが、私も初めて聞いた建築用語でした。

各業者さんが一斉に集まって設備の設置場所などを順番に確認していきました。墨で地面に描かれた線で各部屋の大きさなどを設計士さんと一緒に確認するのですが、思ってた以上に広いなというのが第一印象でした。各部屋の大きさやドアの開閉方向などを確認していきました。