胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

福岡天神内視鏡クリニックへはこちら

平島院長監修!フィットネスジムはこちらから

内視鏡専門医が薦める 知って得する健康の話

内視鏡専門医が薦める
知って得する健康の話 HEALTH STORY

痛み止めを使いすぎていませんか?

痛み止めによる「NSAID潰瘍」に要注意です!!

NSAID潰瘍とは、非ステロイド性消炎・鎮痛剤(Non-steroidal anti-inflammatory Drugs:NSAID)の使用により発症する消化性潰瘍のことです。

解熱目的や痛みや炎症を抑えたりする目的で使われるNSAIDを使用し続けると、胃炎や胃潰瘍が起こることがあります。

最近では、NSAID潰瘍の知識が広がりNSAIDを使用する際には胃薬を一緒に処方する医師が増えてきましたが、まだまだ発生率は高いです。

次のような方は注意しましょう。

・消化性潰瘍の既往

・NSAIDの重複使用

・高用量のNSAID服用

・抗凝固薬の併用

・高齢者(65歳以上)

・ピロリ菌感染

・副腎皮質ステロイドの併用

 

症例は80歳代の男性です。腰痛のため、痛み止めの一種であるボルタレン座薬を使用していましたが、胃薬は処方されていませんでした。また、胃潰瘍の既往もありました。

ピロリ菌は除菌済みでした。

食欲低下、ふらつきを認め、胃内視鏡検査を行いました。

多発する出血性胃潰瘍を認めました。潰瘍には血管が露出していて、じわじわと出血していました。このまま出血が続くと命の危険があります。クリップを用いて止血術を行いました。

その後、近隣の大学病院に入院し、点滴・輸血療法を行い無事に退院になりました。

NSAIDを長期的に使用する場合は、胃薬が必要か担当医に聞いてみましょう。

その後、近隣の大学病院に入院し、点滴・輸血療法を行い無事に退院になりました。

NSAIDを長期的に使用する場合は、胃薬が必要か担当医に聞いてみましょう。

24時間365日ご予約可能なインターネット予約

インターネットのご予約

お電話からのご予約はこちら

045-914-7666