胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

内視鏡検査

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  

当院での大腸ポリープおよび早期大腸がんに対する内視鏡切除術の実際

当院での大腸ポリープおよび早期大腸がんに対する内視鏡切除術の実際

胃に違和感を感じる男性 当クリニックでは、大腸内視鏡検査を行い、大腸ポリープや早期大腸がんが見つかった際には、基本的には検査と同日の日帰り内視鏡手術を行っております。
大腸内視鏡検査(観察のみ)しか行わず、他の病院に紹介して、大腸ポリープ切除を行ってもらう施設や、検査当日は大腸ポリープの組織検査のみ行って、後日改めて大量の下剤を再度飲み直して大腸ポリープ切除を行ったり、後日改めて入院して大腸ポリープ切除を行う施設が多いですが、当院では患者さんの肉体的・金銭的・時間的負担を考慮して、検査と同日の大腸ポリープ切除を基本としております。
大腸内視鏡検査の際に、大腸ポリープが見つかった時には、100倍拡大ズーム機能NBI(狭帯域光観察)特殊染色を駆使して将来がん化するか否かや、現在のがんの有無の判断を瞬時に行います。将来がん化する可能性のある大腸ポリープまたは実際に、がん化している早期大腸がんであると判明し、内視鏡で切除できる深さ(深達度)であると判断した場合は、その場で内視鏡的切除を行います
また、当院の大腸内視鏡検査の際に内服する洗腸剤の量もそれぞれ各人の便通の状態や体格などに合わせて調節しており、極力少ない 洗腸剤の量での服用で済むように様々な細かい工夫をしております。大腸内視鏡検査後も、検査によって得られた各人の便の状態や腸の状態を細かく電子カルテに記載して残しておりますので、今後のそれぞれ各人の大腸内視鏡検査に役立つように工夫と配慮を行っております。

大腸内視鏡検査後のお腹の張りをなくすように、「炭酸ガス送気システム」を当院ではいち早く他院に先駆けて導入しております。
一般的なクリニックや病院では「空気」を使用して、大腸を膨らませて観察を行いますが、空気は吸収が非常に遅いため、大腸内視鏡検査後にお腹の張りや腹痛を訴える方が多く見られます。「炭酸ガス送気システム」で使用する炭酸ガスは空気の約200倍も吸収速度が速いため、検査後のお腹の張りや腹痛を訴える患者さんはほとんど見られません。 検査後のお腹の張りや痛みがないようにまでこだわりを持って様々な工夫をすることにより、大腸内視鏡検査に対しての嫌なイメージを払拭していただき、大腸内視鏡検査は苦痛のない検査だという認識を持っていただけるように努めております

内視鏡的粘膜切除術の手技の過程

粘膜切除の過程アニメーション マウスオーバー防止

大腸ポリープや早期大腸がんのサイズが大きい場合や平べったく扁平な病変の場合はより安全により確実に切除するために、生理食塩水を病変と筋肉の層の間の粘膜下層に注入して内視鏡で切除していきます。
生理食塩水を局注することにより、より大きな病変を安全かつ適切に切除することが可能となります。 切除後の出血を予防するために、切除面をクリップと呼ばれる器具で縫縮していきます。

  1. 位置とり

    切除する範囲を詳細に観察して決定します。

  2. 生理食塩水の局注

    生理食塩水を局注します。

  3. 人工隆起形成

    人工隆起を形成します。

  4. 絞扼

    病変を中心にして絞り、絞扼していきます。

  5. 筋層を巻き込んだ場合

    筋層を巻き込むと弾力を感じます。

  6. 筋層をはずす

    筋層を巻き込んだと感じた時は、空気を送り込みながら絞扼をゆるめ、筋層をはずします。

  7. 再度絞扼

    再度、絞扼をして、持ち上げます。

  8. 切除

    高周波電流を流して焼き切るように(粘膜を)切除します。

大腸ポリープ切除の実際

  • 症例1:盲腸部に認められた20mm大の大腸ポリープ
  • 症例2:上行結腸に認められた30mm大の早期大腸がん
  • 症例3:直腸に認められた20mm大の早期直腸がん
  • 症例4:太い茎のある早期大腸がん

症例1:盲腸部に認められた20mm大の大腸ポリープ

  1. 症例1-①

    盲腸部に認められた20mm大の大腸ポリープです。

  2. 症例1-②

    穿刺針と呼ばれる器具を使用して生理食塩水を注入して、膨隆を形成します(ポリープと筋層の間にクッションを作ります)。

  3. 症例1-③

    スネアと呼ばれる器具を使って、ポリープを電気メスで切除していきます。

  4. 症例1-④

    電気メスで切除した傷口からの後出血を防ぐために「クリップ」と呼ばれる器具で傷口を縫っていきます。

  5. 症例1-⑤

    大きな大腸ポリープの場合には三脚鉗子と呼ばれる器具で大腸ポリープを回収します。

症例2:上行結腸に認められた30mm大の早期大腸がん

  1. 症例2-①

    早期大腸がんの内視鏡画像です。

  2. 症例2-②

    NBI(狭帯域光観察)観察でより詳細に粘膜模様が強調されます。

  3. 症例2-③

    NBI(狭帯域光観察)での100倍拡大観察を行うことにより「がん」である部分が含まれていることが一目瞭然で判別できます。

  4. 症例2-④

    こちらは、まだがん化していない「腺腫」と呼ばれる部位です。
    NBI(狭帯域光観察)100倍拡大観察により、「がん」か否かの判別が一瞬で可能となります。

  5. 症例2-⑤

    スネアと呼ばれる電気メスで早期大腸がんを切開していきます。

  6. 症例2-⑥

    高周波電源装置を使用して、電気メスで早期大腸がんを切開していきます。

  7. 症例2-⑦

    電気メスできれいに切除した傷口です。

  8. 症例2-⑧

    切除した部位から出血しないようにクリップと呼ばれる傷を縫う器具で切除部位を縫っていきます。

  9. 症例2-⑨

    切除した病変が大きい場合は三脚鉗子と呼ばれる器具で病変を把持して、持ち帰ります。

症例3:直腸に認められた20mm大の早期直腸がん

  1. 症例3-①

    直腸に認められた早期直腸がんの内視鏡画像です。

  2. 症例3-②

    100倍拡大機能により粘膜模様を詳細に観察することが可能となり、「がん」であることが一目瞭然に分かります。

  3. 症例3-③

    NBI(狭帯域光観察)による早期直腸がんの内視鏡画像です。

  4. 症例3-④

    NBIの100倍拡大観察の内視鏡画像ですが、通常の拡大観察よりも血管の走行などがより鮮明に映し出され、「がん」であることがより容易に判別できます。

  5. 症例3-⑤

    穿刺針で生理食塩水を粘膜下層に注入して、筋層と病変の間に膨隆を形成し、電気メスでの切開の安全性をより高めます。

  6. 症例3-⑥

    スネアと呼ばれる電気メスを適切に切除できる最適な位置に合わせていきます。

  7. 症例3-⑦

    切除するのに最適な位置に電気メスを微調整して、筋層(粘膜下層の下の筋肉の層)の巻き込みがないかを内視鏡の
    感触を頼りに瞬時に判断して、筋層の巻き込みがないことを確認してから、切開を行っていきます。

  8. 症例3-⑧

    電気メスでの切開が完了して、切り口に病変の残存がないかや出血がないかの確認を行います。

  9. 症例3-⑨

    クリップと呼ばれる器具で傷口を縫縮(傷口を縫う)していきます。

  10. 症例3-⑩

    クリップを使用して、治療後の出血を予防するために傷口を完全に閉じました(完全縫縮)。

症例4:太い茎のある早期大腸がん

  1. 症例4-①

    太い茎のある早期大腸がんの内視鏡画像です。太い茎には大きな血管が走っていることが多いので、内視鏡治療後の動脈性の出血をきたすことが多く、内視鏡治療の際には様々な工夫が必要となってきます。

  2. 症例4-②

    鉗子を使って、茎の長さと太さを確認します。

  3. 症例4-③

    電気メスでの切開の前に太い茎の中を走る血管に出血予防のためにクリップをかけていきます。血管の流れをクリップで遮断することにより、早期大腸がんの血流が遮断され、粘膜表面の色が変わってくることが分かります。

  4. 症例4-④

    電気メスで切開した直後の内視鏡画像です。クリップでの処置を事前に行うことにより切開後の出血を予防することができます。

  5. 症例4-⑤

    術後出血を防止するため、クリップで大量に傷口を縫っていき傷口を完全に閉じてしまいます。

  6. 症例4-⑥

    切除した早期大腸がんはきちんと三脚鉗子で把持して、丁寧に持ち帰ってきます。

お電話でのご予約はこちら TEL:045-914-7666 【受付】平日:9:00~19:00(火14:00まで、土日16:00まで)

ネットからのご予約はこちら

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ