胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

医院紹介

内視鏡洗浄・消毒、洗浄履歴管理システム Cleaning and disinfecting endoscopes, cleaning history management system

内視鏡検査自体の精度や苦痛のなさは大変重要でありますが、それと並んで大切になってくるのが
内視鏡スコープの洗浄・消毒及び洗浄履歴管理であります。

当院におきましては、日本消化器内視鏡学会のガイドラインに沿った洗浄および履歴管理を内視鏡検査1検査ごとに
毎回徹底して厳重に行っております。

血液や組織が直接付着する生検鉗子は、1検査毎に使い捨てのディスポーザブルの器具を使用しております。
大腸ポリープ切除の際に使用するスネアやクリップなどの器具は超音波洗浄器での洗浄後に高温高圧の蒸気で滅菌(菌がなくなるまで洗浄)
するなど、厳重に内視鏡検査機器の感染対策をおこなっております。

感染症対策(スタンダードプリコーション)

感染症対策(スタンダードプリコーション) Standard precaution

内視鏡検査においての当院での院内感染対策は、「スタンダードプリコーション」と いう感染症対策の考え方を基準にしております。「スタンダードプリコーション」と は聞き慣れない言葉でありますが、その考え方とは「全ての患者さんの血液、分泌 物、体液、排泄物及び傷などがある粘膜や皮膚には感染の可能性があるものとして取 り扱う」ということです。感染症の有無を問わず、感染の可能性があるものとして全 ての患者さんを対象に実施されます。

他のクリニックや病院の中には、検査前感染症検査(B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、 梅毒検査など)によって感染症を持つ患者さんと感染症を持たない患者さんを区別して、 内視鏡スコープの洗浄・消毒方法を変えている施設もあると聞きますが、当院においては 内視鏡検査を受けた患者さんに使用した内視鏡検査機器は、感染症の区別なく全て 同じ方法で洗浄・消毒、履歴管理をおこなっております。

これは、世の中にある全ての感染症をチェックすることは不可能であることを前提としており、 また現在では知られていない未知の感染症に対処するために、非常に大切な考え方であり、 院内感染症予防に大変有用なことであると認識して、当院では厳重に管理・運用しております。

デジタルにての洗浄履歴管理

患者さん各人のバーコードを電子カルテより発行し、バーコードリーダで「スタッフ」「患者さん」「内視鏡スコープ」「洗浄機」を全て一致させて読み込み、 Wi-Fiでタブレットに転送して保存・管理を行っております。

ホテルの清掃

イメージとしては、ホテルなどで誰がどのお部屋の清掃を行ったのか、きちんと責任の所在をはっきりさせるのと似ているでしょうか。

デジタルにての洗浄履歴管理 Cleaning history management in the digital

洗浄履歴管理も厳重に行っております。
近年、「消化器内視鏡・洗浄消毒に関わる収集データの標準化」などで内視鏡機器の洗浄消毒に関するガイドラインをきちんと遵守し、内視鏡検査機器の洗浄消毒の 「質」の保証として「洗浄履歴管理」が推奨されてきております。

大部分の病院では手書きによる紙管理で洗浄履歴管理を行っておりますが(クリニックなどでは洗浄履歴管理自体を行っていない所が多いと聞きます)、 当院ではWi-Fi環境下でタブレットやIT機器を使用して全てデジタル(ペーパレス)にて洗浄履歴管理を行っております。

この洗浄履歴管理をデジタルで行うことで、「いつ」「どのスタッフが」「どの内視鏡スコープを」「どの洗浄機で」「洗浄液の濃度は適切だったか」 などが即座に履歴として確認することができます。

履歴管理の主たる目的は、未知の感染症などの感染問題が起こった場合に、履歴を遡ってその時に誰がどこでどんなことをしていたかを明確にすることができるという事であり、 紙管理でこれを行うことは限界があると考え、当院では全てデジタルにての洗浄履歴管理を行っております。

24時間365日ご予約可能なインターネット予約

インターネットのご予約

お電話からのご予約はこちら

045-914-7666