胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

医院紹介

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  

【医院紹介】 久津川副院長からからみなさまへご挨拶

久津川医師からみなさまへご挨拶

院長写真

この度、たまプラーザ南口胃腸内科クリニックの副院長に就任しました久津川 誠です。
世界最高水準の内視鏡施設を有する前任の昭和大学横浜市北部病院 消化器センターでは、食道がん・胃がん・大腸がんの高精度な診断・治療、さらには、苦しくない大腸内視鏡の挿入法などを研究してきました。

多くの方が内視鏡検査は「苦しい、つらい」という考えをお持ちだと耳にすることが多いですが、数多くの経験から得られる正確な技術により本当に驚くほど楽に内視鏡検査を受けることができます。また、ポリープやがんの発見・診断・治療に関しては、大学病院と関連施設において数多くの症例を診て「観察眼」「診断・治療する腕」を鍛えてきました。

さらに見逃しのない精度の高い内視鏡検査には、「ハイビジョンによる内視鏡画質」の鮮明さが大変重要です。これはテレビやカメラと同じことです。当院では最先端の機器を取り入れていますので画像が大変美しく、みなさん驚かれます。
最高水準の内視鏡技術診断能力、そして最先端の内視鏡機器を融合させることで上質な内視鏡検査を提供し、みなさま方の胃腸の健康をお守りします。

今後は、これまでの多くの経験により身につけた様々な知識と技術を活かした上質な内視鏡検査をより多くの方々に提供できるよう、より一層努力していきますので、よろしくお願い致します。

久津川医師からみなさまへご挨拶

私は父親の実家が近い山梨県韮崎市で生まれました。
父親の転勤の都合で9歳の時に長野県上伊那郡箕輪町に引っ越しました。小学校6年生の時に頻回の血便や腹痛があり、色々な病院やクリニックに通院し、「潰瘍性大腸炎」と診断されました。

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患で、頻回な下痢や血便、腹痛などを繰り返すことが多くなり、日常生活に支障がきたされる難病です。当時はこの疾患に対する認識があまりなく、症状が出てから数ヵ所の病院やクリニックを受診し、大腸内視鏡検査でようやく「潰瘍性大腸炎」と診断されました。

この疾患は「特定疾患(いわゆる国が認定する難病)」に指定されていることもあり、しばらくは私や家族も大きな不安を抱えていました。
しかし、主治医の先生が詳しく病状や治療方針を説明してくださり、私たちにきちんと寄り添ってくれたおかげで、本当に安心して前向きに治療を受けることができるようになりました。
その時の主治医の先生に憧れ、「不安を抱える患者さんや家族に寄り添うことができ、心の底から安心して医療を受けてもらえるような医師になりたい」と思うようになりました。 そして、その後も医師になりたいという思いは変わらず、日々努力を重ねて国立熊本大学医学部に入学することができました。
大学在学中、潰瘍性大腸炎が悪化し、とうとう手術を受ける事になりましたが、手術後は体調も非常に良くなり、オーストラリアに語学留学することもでき、大好きだった野球もできるようになりました。体格ががっちりしているので、「潰瘍性大腸炎で手術したとは思えない」とよくみんなに言われます。 小さい頃からの夢であった医師となり最初の2年間は初期臨床研修として、内科・外科・小児科・産婦人科などの様々な科で医師としての基礎を勉強して、最新の知識や技術の習得に努めてきました。
研修病院は救急指定病院だったため、ほとんど休みなく365日働き、多くの患者様を診ることで医師に必要な知識と技術を学びました。
3年目からは子供の頃から何度も検査を受けて、興味があった胃・大腸内視鏡を専門にしたいと考え、世界有数の内視鏡専門施設である「昭和大学横浜市北部病院 消化器センター」に入局しました。そこは、食道がん、胃がん、大腸がんの早期がん・進行がんを問わず数多くの症例が日本全国から集まってきており、内視鏡検査・治療件数も世界トップクラスでした。

長年の内視鏡検査・治療経験を通じて、苦痛を与えない「内視鏡操作」や的確な治療ができる「技術力」および、病変を見逃さず、正確な診断ができる「観察力」を修得してきました。 胃がん、大腸がんはがん死亡数で男女ともにTOP3に入る疾患ですが、早期発見・早期治療をすればほぼ死亡することがない病気です。また、食道がんは罹患率(病気にかかりやすいかどうかの割合)こそ低いですが、外科的手術は体への負担がとても大きく、手術後の合併症も多く、内視鏡治療ができる早期の段階で発見すべき病気だと実感しています。
これらの病気は、定期的に質の高い内視鏡検査を受けることで、予防や治療ができます。

今まで「つらい・苦しい・大変」だからといって内視鏡検査を避け、助からない進行癌になってしまった方を多く診てきました。多くの方が自分の健康に興味を持ち、内視鏡検査を定期的に受ける習慣を身につけることで少しでも健康で長生きできるようになってほしいと強く考えております。ぜひ、当院での内視鏡検査を受けていだだくことをお勧め致します。

副院長:久津川誠 (くつかわ まこと)

専門領域
消化器内視鏡診断・治療
消化器内科
臨床資格
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定医

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ