胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  呼吸しやすい鼻から口の胃カメラについて

呼吸しやすい鼻から口の胃カメラについて

鼻から口の胃カメラはつらくない?


会社の健康診断で胃のエックス線検査を受ける事もありますが、その検査で再検査となってしまった場合は胃カメラを使用して胃の検査をすることになります。胃カメラを経験したことがある方の中にはおえつが出て苦しく、今後は検査をしたくないと思われたことがある方もいるのではないでしょうか。確かに従来の検査においては現在の胃カメラに比べて苦しみを感じる方が多くいました。なぜなら口からカメラを入れていたからです。そのため、どうしてもおえつが出るだけでなく、呼吸もしづらいため苦しい検査になってしまいます。
そんな胃カメラですが、現在では鼻から口に通して検査をしてくれるところが多くなっています。鼻から通すことによって検査中、呼吸などがしやすく、従来の口から入れる検査に比べて苦しみが少なくなっています。そのため、昔に比べてつらさを感じることも少なくなりました。それでも鼻から口に入れなければならないのため、苦しいのには変わりないのでは?と思われる方もいるでしょう。クリニックによっては鼻から口に入れることだけでなく、さらに多くの方が検査をしやすいよう工夫しているところもあります。
例えば、一人ひとりに適している量の鎮静剤を調合し、検査前に鎮静剤をクリニックのスタッフが打ってくれるようなところです。鎮静剤を使うことによってさらに苦しみの少ない検査をしてくれるため、検査を受ける方の負担を軽減してくれます。また、熟練した医師が今まで培ってきた内視鏡技術や内視鏡操作によって被検査者の負担を減らしてくれます。
このように現在では鼻から口の検査を利用することによってなるべく検査中の呼吸の苦しみを少なくし、つらさの少ない検査を実現することが可能になっています。もし、つらい経験によって長年胃カメラをしていない方はこの機会に利用して自分の身体の状態を把握してみてはいかがでしょうか。

検査の重要性について


日本はアメリカ合衆国に比べて胃や大腸を検査する人の数は少ない傾向にあります。しかし、検査を定期的に行っていなければ、病気を早い段階で見つけることが難しくなってしまいます。初期段階で発見できなければ、症状に気づいた時には手術が必要になってしまったり、手術を行えず内科的治療しか選択肢がないケースもあります。
現在ではがんという病気が日本だけでなく、世界の方からも恐れられています。がんの中には自覚症状が現れないものもあります。そのため、自分で発見をすることは難しくなってしまうのです。インフルエンザであれば発熱の症状があったり、胃腸風邪であれば吐き気などの症状があります。しかし、がんは気づくことが難しく、最悪のケースでは他の臓器に転移している場合もあるのです。早期に発見できれば転移する前にがん細胞を取り除き、転移する可能性を低くできるため、早期の発見が大切であるとされています。
早期発見を実現するためには定期的に胃カメラの検査を行い、自分の健康状態を把握することが求められます。鼻から口に通して検査をしてくれるところもあるので、早期発見するためにも治療の選択肢を広げるためにも検査は非常に重要です。

検査をするためにクリニックを選ぼう


通常、検査をするためにはクリニックに予約を入れて日程の打ち合わせをして胃カメラを受けることになります。インターネットから予約を受け付けてくれるところもあるので、そうしたところは時間を問わず予約ができて便利です。忙しい方に対応するためにクリニックによっては土日に検査をしてくれるところもあるので、会社員の方でもこのようなクリニックを選択すれば利用することができるでしょう。アクセス方法に関してはインターネットのホームページなどが確認できます。また、電話での予約も受け付けてくれるところは多くなっています。
現在の胃カメラは苦しみを軽減するだけでなく、精度の高い検査を行ってくれます。クリニックにもよりますが、高精度の胃カメラを導入して高精度な診断を実現してくれるところもあります。高精度なものを最先端内視鏡診断機器と呼びます。この機器には特殊染色などによって従来では見つけることが難しかった病変を見つけることが可能になります。さらに拡大内視鏡が搭載されているので、病変の疑いがあるところを従来の製品と比較しても数十倍拡大をして調べることができます。
また、最先端医療を提供してくれるところではハイビジョンモニターを導入して被検査者一人一人の健康状態を調べてもらうことができます。ハイビジョンモニターは映像が他のモニターに比べて鮮明に映し出すことができ、小さい画面では見にくい病変も発見しやすくなります。他にも天アームを設置することによってどの角度や位置にも移動することができ、高精度の診断が実現しやすくなっています。
胃カメラの他にも同日に大腸内視鏡を行ってくれるところもあるので、胃だけでなく大腸の健康状態も同じ日に検査してもらうことができます。もし仕事が忙しく土日しか休みがない方は休みを利用して胃と大腸を検査されてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ