胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  多くの人が怖がる胃カメラの検査方法と検査後の食事のこと

多くの人が怖がる胃カメラの検査方法と検査後の食事のこと

胃カメラとは


体調が悪い時に検査が必要であったり、人間ドックを受けたりする時に胃カメラを飲まなければならないということがあります。似たようなもので胃の内視鏡検査というものもあり、同じものだと思っている方もいるかもしれません。しかし、実際には異なるものであり、検査の内容や使用する機材が異なります。
胃カメラというのは1950年に開発されたものです。管の先に小さなカメラが取り付けられているので、管を胃まで送り、シャッターを切ることで胃の中の写真を撮影します。撮影が終わったら胃から管をひき戻し、写真データの現像を行います。お腹を切ることなく胃の状態をみることができるという点では画期的な発明なのですが、リアルタイムでの様子ではないこと、写真撮影が終わってから現像する時間が必要ということが問題です。それに対して内視鏡検査というのは、光を伝えるグラスファイバーという素材を使用して胃の中の状態がリアルタイムに見ることができます。胃の中に入れれば、その瞬間の胃の中の様子がモニターに映し出されるので現像する時間も必要ないですし、場合によっては検査を行いながら家族や本人に状態説明を行うことができます。
このように、性能が格段に高いことから1970年代には胃の中の検査というのは胃カメラではなく、内視鏡検査へと変わっています。しかし、医療関係者はその認識をしていますが素人は胃の中にカメラを入れているために胃カメラを飲んでいるという認識をしている人が多いです。内視鏡検査をしますと言っても検査の内容がイメージしにくいために、医師のほうでも、あえて患者に対してわかりやすいように内視鏡検査を実施しているにもかかわらず胃カメラという説明をしていることも多いです。

検査の辛さ


胃カメラを受ける際に不安なこととして、飲むと苦しいという心配があります。飲んだら気持ち悪くなった、先生が下手だからうまく飲めなかった、という話を経験者から聞いたことある人も多いために、自分が検査を受ける時にはとても不安になるものです。最近では痛みの不安から全身麻酔が可能なところで寝ている間に内視鏡検査を終わらせてもらいたいという人もいるほどです。
このように苦しく感じるのには人間の神経反射の一つに咽頭反射というものがあります。これは、口の中に指を奥まで入れると吐きそうになる現象です。喉が開いているとスムーズに飲み込むことができるのですが、食道の入り口が閉じた状態になっているとものが入って行くのに喉のあたりを押さえてしまい吐きそうになります。そこで、上手に胃まで管を入れるにはこの喉の入り口が開いてスムーズに入れることが重要です。
喉が開きやすくなれば医師も管を入れやすいですし、患者本人も楽に飲み込むことができます。こればっかりはコツをつかむしかないのですが、上手な医師は一瞬のタイミングを見て食道へと押し入れていきます。この入れやすいタイミングを作るには、患者がリラックスすることも重要です。リラックスするためにゆったりとした服を着るようにしたり、好きな音楽を持ち込むことが許可されているクリニックもあります。そして、自分自身もイメージをして上手に喉の奥を開くことが重要です。力を抜いてリラックスすると喉が開きやすくなり、喉の奥にもスムーズにカメラが入っていきやすくなります。もうすぐカメラが来ると身構えると吐き気を催しやすくなりますから、麻酔もしているし大丈夫というイメージを強く持ってリラックスして待機することがポイントです。

検査後の食事


胃カメラの検査を受けるにあたって多くの人が心配するのが検査の辛さと食事の問題です。検査の前日はどのくらいの時間に食事を済ませておけばいいのか、食事の内容はどのようにすべきなのか、そして検査後の食事はどのくらいのタイミングからどのようなものを食べればいいのかというのは不安になるものです。やはり、体内に異物を入れるために検査の前後の食事は気になるものです。
一般的に検査の前日には夕食を早めにとるよう指導されます。食事の時間についても大体何時までかの指定がされることが多いです。胃の中に何も食べ物が残っていなければ良いので早めに食事をすれば特に問題ないとされていますが、不安な人は消化に良いものを食べておく方が良いです。また、検査の前日夜からアルコールは禁止、水分についても自由に摂取して良い場合と当日はすべての飲み物が禁止の場合とがあります。クリニックによって異なるので確認が必要です。
検査の際には、喉に麻酔をしていたり鎮静剤を飲んでいたりします。そのために検査が終わってからもぼーっとしたり喉に違和感があったりすることがあります。一般的に麻酔が切れるまでには1時間ほどかかるので検査後の食事はこの麻酔が切れるまで禁止です。違和感があるために食べ物がうまく飲み込めず詰まらせてしまうこともあるためです。検査が終わってから麻酔も切れれば何を食べても問題ありません。しかし、前日の夜から飲食をしていない時間ができているので、消化の良い食べ物の方が胃の負担にならずオススメです。アルコールについても検査が終わり麻酔が切れれば飲むことができます。

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ