胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸の異常をするために内視鏡検査を

大腸の異常をするために内視鏡検査を


大腸の健康状態に注意



日頃から健康には気を使っているという方でも、気付かないうちに病気にかかっているというケースは決して珍しくありません。そうした事態を防ぐためにも、人間ドックなどを通して、定期的に健康状態をチェックすることが非常に重要なのですが、検査の手間をかけたくないという方や、経済的に余裕が無いという方が、検査の内容を必要最低限に抑えてしまうケースも多く、そのせいで病気の発見が遅れてしまうことがあります。特に内臓に変化が現れる病気では、外から見える初期症状はほとんど現れず、病気がある程度進行してから、ようやく目に見える症状が現れ始めるというケースも多く、簡単な検査では病気が見つからないことも珍しくありません。

病気が見つかりにくい臓器としてよく取り上げられるのが、大腸です。大腸に現れる病気は色々ありますが、大腸自体に痛覚があるわけではないので、症状が悪化しても、まったく気付かないまま過ごしてしまうということが多々あります。特に問題なのが、簡単な検査だと病気が見つからないケースが多いという点で、例えば、大腸がんの場合は、便に血液が含まれているか確認し、そこから病気を判断する便潜血検査がありますが、そこで症状が確認出来ないことが多く、定期的に検査していてもがんを発見出来ない可能性が高いといわれています。仮に出血が確認されたとしても、そのころにはがんは大きく進行しており、他の箇所に転移している可能性まで出てきてしまうため、その後の治療で回復できるかは微妙なところといわれています。

大腸がんに限らず、大腸の異常はすぐに確認出来ないことのほうが多いといわれています。それだけ内蔵の異常を確認することは難しく、簡単な検査だけではまったく安心出来ないといえるので、常に健康な腸を維持するためには、適切な検査を受ける必要があります。



大腸の病気と検査の重要性



大腸の病気を確実に知るためには、より詳しい情報を集めることが出来る検査を受けるしかありません。人間ドックなどで行われる検査の場合、利用する病院によって受けられる検査が違ったり、一部の検査がオプションとなっており、高い料金を支払う代わりに、より詳しい情報を得られる検査を受けられるようになっています。理想としては、多少料金が高く設定されていたとしても、より詳しい検査を行ってくれる医療機関を利用するか、詳しい情報が分かるオプションを利用するようにしましょう。金銭的に余裕が無いという方も、大腸など、特に状態が気になる部位だけでもオプションを利用することをオススメします。

大腸の状態を詳しく検査する場合は、内視鏡検査で直接大腸の中を確認するのが一番です。大腸は痛覚などもなく、異常が発生していてもなかなか気付くことが出来ないので、内視鏡で異常が発生していないか確認することで、病気かどうかを確実に判断することが出来ます。また、利用する内視鏡の種類も検査の内容に大きく影響するといわれており、新しい技術を導入することで、今までよりも高画質で腸の状態を確認できる「ハイビジョン内視鏡」や、肉眼ではなかなか確認出来ない小さい組織の変化も確認できる「拡大内視鏡」など、様々な機能を持つ内視鏡が存在するので、内視鏡検査でより詳しい検査を受けたいときは、多くの設備が揃っている医療機関を探すようにしましょう。

便潜血検査は、決して不要な検査というわけではありませんが、得られる情報はそれほど多くはありませんし、がんなどの病気については、検査に異常が出た時点で相当症状が進行しているため、病気の早期発見にはつながらない事が殆どです。「検査をしているから安心」と思っている方は、一度きちんと内視鏡による検査を受けるようにしましょう。



苦しくない検査の仕組みとは



内視鏡による大腸の検査は、大腸の異常をより確実に確認できる検査方法といわれていますが、内視鏡検査は痛みや不快感が強く、ついつい敬遠してしまっているという方も少なくありません。確かに内視鏡が使われ始めたころは、痛みや不快感も強かったといわれていますが、最近は技術の発展によって、痛みや不快感を抑えられるようになってきているので、安心して検査を受けることが出来ます。医療機関側も、痛みが少ない検査をアピールしているところが増えてきているので、「体調は気になるけれども、嫌な思いはしたくない」という方は、苦しくない検査を心がけている医療機関を利用しましょう。

苦しくない検査を実現するために、現在は多くの医療機関が新しい技術を採用しています。例えば使用される内視鏡は、今まで以上に細いものが開発されるようになり、身体の中に入れる際の辛さが大きく軽減されるようになりましたし、それでも現れる痛みや苦しさに対しては、鎮静剤などを注射することによって大きく抑えられるようになってきています。中にはすっかり眠ってしまい、検査のことを覚えていないという方もいるようで、想像以上に楽な気持ちで検査を受けることが出来るようになっています。

苦しさが少ない検査はもちろんですが、最近は、より機能が上がった内視鏡によって、従来では発見できなかった異常も確実に発見できるようになってきており、今まで以上に早期の病気治療が行えるようになったといいます。これからも健康であり続けるためにも、毎年定期的に内視鏡検査を受けるようにしてください。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ