胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡で麻酔は使うべきなのか

大腸内視鏡で麻酔は使うべきなのか


※イメージ画像です


大腸内視鏡の検査を受けた人の中には痛かった、辛かったというような感想を抱く人が少なくありません。

これは胃カメラなどとは異なり、大腸に内視鏡が入り込む際、屈曲した腸管の中に無理やり内視鏡を押しこむために発生する痛みです。

ある程度病院の処置などに慣れた大人であれば我慢できないということは早々ありませんが、苦痛に耐えられないというような場合には麻酔を使用することもあります。

では大腸内視鏡で麻酔は使うべきなのかというと、これは状況に寄りますが、ある程度までは容認できます。

例えば高い技術を有している医師が、痛みに敏感な患者さんに処置をする際に補助的に利用するというのであれば何も問題は無いでしょう。

そもそも高い技術を有している医師であれば、内視鏡の挿入もスムーズに行えますから痛みは格段に少なくなります。

もともと少ない痛みをさらに感じづらくするのであれば、ごく少量の麻酔で問題なく行うことができるでしょう。

それで患者さんが苦痛を感じずに検査を進めることができるのであれば、医師にとってもそれだけスムーズな検査を行うことに繋げることができます。

ただしかし、痛みと言うのは人にとってなくてはならないものの一つです。

特に大腸内視鏡の際に痛みを感じるということは、そこには他の箇所よりも繊細な操作が必要になっているということのシグナルでもあります。

そうした際、技術的にまだ未熟な医師が検査を行い、かつ患者さんが痛みを感じることが無かったということになってしまうと、気付かないままに腸壁を突き破ってしまうことがあります。

腸壁がつき破られてしまえば緊急手術が必要になることもありますし、最悪の場合は開腹しての処置を行わざるを得ないこともあるでしょう。

そのような技術しか持っていない医師がこれを使ってしまうと、患者さんが意識を失うほどの量が必要になってきてしまいます。

意識を失っている間は患者さんがどのように感じているかということを聞くこともできないわけですから、それだけ危険性は増すことになってしまいます。

つまりまとめると、患者さんが痛みを感じなくとも問題なく検査ができるほどの技術がある医師であれば特に問題は無いと言えるものの、患者さんの痛みを情報として処理しなくてはならないような医師の検査を受ける際に麻酔を使うのは危険だということになります。

もちろんどうしても耐えられないというのであれば医師に処置をしてもらうことは構いませんが、こうした検査の際には医師を信頼すること、信頼できる医師を選ぶことが重要だということは忘れないようにしましょう。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ