胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡の検査内容とオススメの食材のヨーグルト

大腸内視鏡の検査内容とオススメの食材のヨーグルト

大腸内視鏡検査とは



たくさんある検査の中でも不安に感じる人が多いものの一つが大腸内視鏡検査です。これは、内視鏡スコープという管の先にカメラがついたものを肛門から挿入して大腸まで送り込み、大腸内部の様子を観察していく検査です。医師が管を入れたのち、モニターに大腸のリアルタイムの様子が表示され、気になる部分をモニターで確認して行ったり場合によっては大腸内の組織を切り取ったり手術を行ったりということもできます。炎症やポリープがモニターに映し出されれば組織を切り出して病理検査が行われ、必要に応じて手術や経過観察といった処置が取られます。ポリープの大きさや状態によってはその場で切除してしまうこともあり、このようなポリープ手術の場合には入院をすることもなくその日のうちに帰宅することができます。

内視鏡が怖いと思われるのは肛門から大腸まで管を入れていくことです。肛門からスタートして直腸、S状結腸を通って下行結腸、横行結腸、上行結腸さらに盲腸という長い道のりをお腹の中にずっと管を入れていくために、とても不安を感じてしまうものです。日頃、腸の中で行われている動きとは逆の動きをするため大変心配になるものです。しかし、最近の内視鏡スコープは性能も高くなっていますし操作性が高まっているので痛みや負担も少なくなっています。クリニックによっては麻酔も種類が複数用意されていたり、鎮静剤の点滴や注射をしてから行われるのでリラックスして受けられるところも増えています。痛みや張りについては個人差がありますし、医師の腕にも差があります。医師やクリニック選びによってもその差は異なると言えます。そこで、上手であるという医師のもとで内視鏡を受ける方が痛みも少ないことが多いです。



大腸内視鏡の前日までに行うこと



大腸内視鏡検査をするということは、大腸の中に管が入ることになります。そこで、検査当日に向けて少しずつ準備をしておくことが必要であり、それにあたって医師からの指導が行われます。腸の中に便が残っていると検査がスムーズに行えないためにその前には少しずつ腸の中身を減らしておくことが重要です。便が少なくなっていれば、当日の下剤の効果も出やすいですし痛みも少ないです。

当日は朝から朝食をとらずに病院に行きます。病院で下剤を飲み腸の中に残っている便を全て出します。下剤は2リットルから3リットルあり、これを2時間から3時間近くかけて飲んで行きます。下剤を飲んでその後排便をして落ち着いたら内視鏡が始まります。便が腸内に残っていると腸の内部をしっかりと確認することができませんし内視鏡に便が付着してしまうと再度内視鏡を行う必要が出てきてしまうので、便がスムーズに出るように前日までの食事にも気を使っておく方が良いです。

検査までかなりの時間を要しますが内視鏡自体は30分もかかりません。ただし、大腸内の様子によっては観察時間が長くなることもありますし細胞の採取が必要なこともあるのでかかる時間には個人差があります。そのあと、休憩を挟んで結果の説明を聞いてその日が終了となります。トータルで6時間ほどかかりますし、内視鏡を入れる際にお腹の中に注入された空気でお腹が張ってしまうことも多いです。そのため終日スケジュールを空けておく方が良いです。細胞を採取した場合には病理検査が終了してから再度結果を聞きにいく必要があります。



前日までの食事内容



前日までに食事には気を使っておく方が良いものです。やはり、腸の中が綺麗な状態で当日病院での下剤を服用する方が痛みも少ないですしスムーズに排便をすることができます。そこで、前日までには胃腸に負担がかからず消化が良いものや、排便を促しやすい食材を摂取しておく方が良いです。

内視鏡への不安がある人の中には便秘症の人も多いです。便秘であるためにうまく内視鏡が入るか不安に感じることがあるのです。そこで、便秘気味の人はヨーグルトを積極的に食べることがオススメです。ヨーグルトは乳酸菌や善玉菌であるビフィズス菌を豊富に含んでいるために便秘になりにくい腸内環境を作るのに効果的です。しかし、ヨーグルトであればなんでも良いわけではなく、種類や食べ合わせにも気をつけることが重要です。

まず、ヨーグルトの中にプロバイオティクスが含まれていることが重要です。この菌は生きて腸まで届き便秘解消効果を発揮するので、必ずチェックすべき項目です。分かりやすい確認方法として特保マークがついているものならば大丈夫です。そして、自分にあった乳酸菌というのがあります。そこで、いくつかのヨーグルトを食べ比べて自分に効果のあるものを選び出すことが重要です。しかし、中には内視鏡まで時間がなく即効性が高いものを摂取する必要があるという人もいます。そのような際には効果のある食材を他にも食べたり、ヨーグルトの食べ方を工夫したりすることで効果を出しやすくすることができます。ただし、乳製品を摂取すると腸内が白く濁ってしまうので、検査の前日は避けるようにしましょう。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ