胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡を受ける頻度はどれくらいが良いのか

大腸内視鏡を受ける頻度はどれくらいが良いのか


※イメージ画像です


大腸内視鏡検査はポリープやがんなど、さまざまな病気を発見し、治療するための助けになります。

近年では大腸がんを発症する人の数が増えているというデータも見られるようになったことから、全国各地で一度内視鏡を検査を受けた方が良いとして勧める声も多く見られるようになりましたが、しかし実際にそうした治療を受けるとある程度の手間がかかります。

病院を見つけて予約をして診療費用を支払うというのは当然のことですし、大腸内視鏡検査はかなり体力を使います。

加えて前日からある程度食事や生活に関しても制限がかかりますから、既に病気が発覚しているのでもない限り、毎月受けるというのは現実的ではありません。

では頻度としてはどれくらいが理想的なのかというと、これはまず、30代以下の人であれば異常が無い限り受ける必要性はそこまで高くないとされます。

これは若い人ほどポリープやがんのリスクが低いというのが理由です。

ただ40代を超えてくるとそうした病気のリスクが無視できないものになってきますから、40代になったのであれば一度検査を受けることを考えて良いでしょう。

そしてもしそこで問題がない、もしくは見つかったのが小さなポリープのみであったというのであれば、次の検査は10年後でも構いません。

ただ事情が変わってくるのが、ポリープを発見し、切除をした場合です。

目安としては10ミリ以下かつ1~2個のポリープであれば危険性はそこまで高くありませんから、5年後に再検査を受けるという形にするのが無難です。

10ミリ以上、もしくは3個以上の切除をしたのであればその後の状況を確認する必要がありますので、3年以内に再度受けるようにした方が良いでしょう。

そしてポリープが多数見つかったという場合には1~2年後、切除したポリープが悪性だった場合には経過観察をしつつ、3~6ヵ月後に行うことになります。

体質によっては二回目の検査でまたポリープが発見されることもありますから、一度ポリープを切除したと言ってもそれで安心をすることはできません。

これはポリープや大腸がんに関する考え方ですが、もし内視鏡検査を受けて快調性大腸炎やクローン病、直腸炎などの炎症性の病気が見つかった場合には原則として毎年検査が必要になります。

ただ、潰瘍性大腸炎やクローン病といったような病気に関してはなかなか発症することがない珍しい病気ですから、そこまで神経質にとらえる必要はないでしょう。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ