胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡を行う前処置は何をするのか

大腸内視鏡を行う前処置は何をするのか

大腸の中をきれいな状態にすることが重要


大腸内視鏡検査を行う場合には、大腸の中をきれいにしておく必要があります。なぜそうしておくのかというと、隅々までしっかりと検査をすることができなくなるからです。そのため、大腸の中をきれいにする前日までの処置を必ず行っておかなければなりません。では、どのような前処置を行うのでしょうか。通常は前日に下剤を使用します。そのため、検査用の食事と下剤を使用してからは、水分を多めにとるだけに留めておきます。
検査の前日1日だけの我慢なので、かなりきついということはないでしょう。しかし、1度下剤を使用しただけでは大腸の内容物を完全に出すことは難しい場合もあります。そのため、腸管洗浄剤を同時に使われることがあります。飲み方に特徴があるため、院内で説明されたり使い方を書面で渡されることもありますが、合計2リットルほどを数回に分けて飲んでいく必要があります。この腸管洗浄剤を飲むことがかなりきついと感じる方もいますが、数回に分けて2時間程度でゆっくりと飲むことで工夫ができます。1日だけの辛抱と思って、服用の流れに従って1度で済ませられるようにがんばりましょう。
この腸管洗浄剤というのも、飲んだら比較的短い時間で体外に排出することができるのですが、この作業がつらいという人も多いでしょう。しかし、大腸内視鏡の検査を行う場合には、このような前処理を行わないと、隅々まで検査をすることができなくなるので、どうしても我慢してもらうようになります。このように大変な思いをするのが嫌だという人も多いので、現在ではもっと負担がかからない方法で検査を行う医療機関も出てきました。

負担を軽減する大腸内視鏡検査の前処置


下剤を何度も飲んで出すという作業は、時間もかかる上に、精神的にも肉体的にもダメージがあります。そのため、少しでも負担を軽減しようと、いろいろな取り組みをしている医療機関も存在しているのです。では、どのようにして負担を軽減しているのでしょうか。
それは、従来と同様に検査日に腸管洗浄剤が処方されますが、新しく開発された腸管洗浄剤が用いられます。これは従来の腸管洗浄剤の成分濃度が濃いため、水分補給を要する製剤であるものの、従来のタイプよりも薬液を飲む量が少なくて済むよう改善されています。改善されるにつれて、体に負担をかけないことを目標として医療は進んでいますが、人によって服用がうまくいかない場合もあります。多くの事例がありますので、受けようとしているクリニックのホームページに詳細が記されているならば、それを参考にしましょう。体に異常があれば速やかに受診しているクリニックに問い合わせることです。
全ての医療機関で体への負担を減らす方法を行っているわけではありません。大腸内視鏡検査は体調管理のためや様々な理由から受ける人が多く、予約しては検査してというスケジュールはある程度予定として組まれています。所属する組織が勧める病院に行くことがほとんどですが、まずは情報収集をしっかりと行い、少しでも患者の負担を軽減するような取り組みを行っている医療機関を探してみることです。その上で、自身の体調を身の回りの人に相談し、できる限り納得のいく医療機関で大腸内視鏡検査を受けるのがよいでしょう。このような前処置を行っている医療機関であれば、安心して任せることができます。
大腸内視鏡検査を受けることができる医療機関はとても多いため、情報収集はとても大切です。このような負担軽減の検査方法を用いていれば、患者のことをしっかりと考えているということがわかるので、信頼できると言えるでしょう。もちろん前処理などもわかりやすく説明してくれることがあるので、つらい検査でもある程度は安心できるのです。もちろん大腸の検査だけではなく、他の検査でもこのように配慮してくれることが多いでしょう。

腸管洗浄剤のメリットとデメリット


腸管洗浄剤にもいろいろと種類があるのですが、やはりメリットとデメリットがあります。従来の腸管洗浄剤は、デメリットの方が大きいといわれていました。それに体に対して負担の軽減ができる腸管洗浄剤であれば、逆にメリットの方が大きいのです。従来の腸管洗浄剤の場合には、とにかく量をたくさん飲まなければいけないので、精神的にも肉体的にもつらいと言えるでしょう。もちろんおいしいわけではないので、デメリットの方がたくさんあります。
それに対して新しく開発された腸管洗浄剤の場合には、従来と比べて体への負担や手間が少ないというメリットがあります。しかし、当然ながら薬のような味がすることはあるので、どうしても苦手という人もいます。このような人にはデメリットということに変わりはありませんが、従来品よりも飲まなければならない量そのものを減らすことができるため、結果的には患者の負担は軽減されているのです。
デメリットを少しでも軽減するためには、胃腸を専門としたクリニックで、受診されている方への配慮があるところを選ぶことがおすすめです。できるだけ少ない洗浄剤で済む工夫がなされていたり、飲みやすく洗浄力に優れたものを使ったところを選びましょう。

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ