胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡検査って何をするの?どんなときに必要?

大腸内視鏡検査って何をするの?どんなときに必要?


※イメージ画像です


検査を必要とする状態について



大体の人はお腹が痛いと感じたことがあることでしょう。通常それだけなら差して問題ありません。しかし、身体の状態によっては非常に危険です。例えば、大腸がんなどによって深刻な炎症を引き起こしていることも考えられるでしょう。そのような際に利用するのが大腸内視鏡検査です。簡単に説明すると内視鏡を大腸、要するにお腹に入れてカメラによって確認をする検査方法です。この検査で確認することが期待できるのは大腸がん、大腸ポリープ、クローン病などの病気です。これらの症状に近いことがあれば大腸内視鏡検査で医師の判断のもと検査を行います。

また、何かしらの問題がある場合も使用することがあるでしょう。主な症状としては腹痛です。最初に述べた通り、お腹が痛い状態も様々です。少し痛みがあるものから、苦痛で耐えられないものまであります。どのような状態でも医師が判断して必要であれば検査を行います。それまでは基本的に薬などで様子を見る、あるいはそれで回復を待つというのが基本的なことのため、簡単にこの検査をするとは限りません。

また、費用については病院によって異なりますが多めに持っていくことをおすすめします。保険で3割負担になるとはいえ、決して小さくはない金額なので、何回も検査をすれば確実に金銭的な面で大変な事になるでしょう。しかし、そうそう何回も行う検査ではないです。何回も行う場合は何かしらの理由がなければ医師の腕不足と言っても良いでしょう。その為、検査する病院もよく考えて選択するようにしてください。それと簡単に審査をすることが出来ないと述べましたが、食事制限でお腹の中を見やすくする必要があることからすぐには出来る検査ではありません。ただし、方法によっては出来なくもありませんが、その方法を実施している病院は少ないでしょう。

検査のための準備



大腸内視鏡検査の準備について説明します。主に前日についてです。参考にしてください。

基本的にこの検査は、お腹のものを無くす必要があります。よって、当日までに出来るだけお腹のものを無くす、あるいは消化の良いものですぐに消すということが必要です。人によって前日には食事をしてはいけないと思い込んでいるかもしれません。実際のところ前日ならば食べても問題ありません。ただし、前日は全ての食事において出来るだけ消化の良い物を摂取するように心がけましょう。パンやうどんなどをおすすめします。海藻、きのこ、野菜、こんにゃくなどは消化に良くないので食べないようにしましょう。前日の食事の仕方については注意が必要でしょう。

また、午後9時以降は何も食べないようにしてください。ただし、水やお茶などの水分は問題なく飲むことが可能です。こまめに摂取するようにしましょう。午後9時ごろに下剤を1本、あるいは増える場合もあり、飲む必要があります。それ故に夜中にトイレに行きたくなりますので注意しましょう。下剤を飲むことで、お腹に入っているものを出来るだけ出します。これが結構大変だという人が多く、その点は事前に覚悟をするようにしてください。また、使い方に注意をしましょう。医師や薬剤師の指示のもと従って使いましょう。あまり効果が強過ぎると非常に辛い事になります。それを避けるためにも量などをしっかりと守りましょう。

検査の流れ



大腸内視鏡検査の方法と当日の流れについて説明します。参考にしてください。検査当日において、まず朝食は食べないようにしましょう。水分はとっても良いですが、食事は我慢をしてください。どうしてもお腹が空いた場合は砂糖を舐めたり、透明なジュースを飲むことは可能です。水分をこまめに取るのですが、その中で約2時間をかけて指示通り渡された下剤を飲みます。飲んでいると気分が悪いことなどがありますので、その場合は専門の医師に相談をしてください。

とにかくお腹の中を空にするようにしましょう。また、何かしらの薬を飲んでいる場合は、朝7時までに飲んでください。ただし、薬によっては飲んではいけないものもあるため、予め確認をするようにしましょう。あとは予約した時間までに病院に行き準備をします。その際に同意書、問診票と、着替え、タオルを持参してください。検査当日に鎮静剤や痛み止めなどの注射をすることがあります。その後の運転は非常に危険ですので他の人に運転を頼むか、車で来ないようにしてください。検査が終わったらすぐに帰宅が可能です。

そして、シャワーなどの入浴は禁止です。またすぐに食事を大量に取るようなことは避けるようにしましょう。お腹が空いているからといって多くの量の食事を取ると非常に体に良くありません。帰宅後何かしらの良くない症状が出た場合には、必ず医師に相談をするようにしてください。以上が当日の流れです。説明が必ずありますので、しっかりと聞いて当日に臨むようにしてください。

胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供!
内視鏡検査(胃カメラ)~たまプラーザ南口胃腸内科クリニック~

次の記事へ

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ