胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡検査でわかる病気や下剤について

大腸内視鏡検査でわかる病気や下剤について

大腸内視鏡の検査を受けることによってわかる病気とは!?


日本だけでなく、他の国の人々も定期的に検査を受けて自分の健康状態を把握しています。日本では会社が積極的に健康診断などをしてくれるところもあるので、自分の健康状態を知る機会は多くなっています。また、現在では検査を専門に扱ってくれるクリニックも豊富にあるため、利用して健康状態を把握することもできるでしょう。
実際にクリニックを利用して大腸内視鏡を受けようと思われている方もいるのではないでしょうか。大腸内視鏡を受けることによって多くの病気を調べることができます。例えば大腸ガンです。大腸ガンは他のガンに比べて早期発見が重要であるとされています。なぜならポリープからガン細胞に変化するからです。そのための早期の段階でポリープを切除しておけばガンに発展することは少なく、短い治療で回復できる可能性が高くなります。基本的に大腸ガンは50歳代から増加し始め、高齢になればなるほど大腸ガンになる可能性が高くなります。そのため、40歳を過ぎた頃から大腸内視鏡検査を定期的に受けるのが一般的になります。しかし、例外もあるため、年齢に関わらず検査を受ける方が自分の健康状態も知ることができますし、早期発見につながることもあります。大腸ガンは早期の段階では自覚症状が少ないため、自分で発見できる可能性は少なくなります。
大腸内視鏡でわかる病気は大腸ガンだけでなく、クローン病があります。クローン病は炎症によって腸に腫瘍ができる病気のことを言います。クローン病の原因は明確にはわかっていませんが、近年においては治療法などもあるため、症状を軽減できる可能性があります。主な症状は下痢や腹痛になります。日頃から食べ過ぎで下痢になったり、腹痛を感じる方もいるため、クローン病かもしれないと疑ってクリニックに足を運ぶ方は少なくなっています。
その他にも潰瘍性大腸炎があります。潰瘍性大腸炎は基本的には下血などの症状があるので、比較的自覚症状があります。治療方法としては外科的治療ではなく内科的治療になります。また、大腸内視鏡では大腸憩室症も見つかることもあります。この病気は高齢者に多い病気の一つになります。近年においては外国の食生活が日本に浸透しているため、肉の摂取が多いとこの病気を発症する可能性が高くなります。自覚症状が少ないため、自分で気づくことができず、大腸内視鏡検査をしなければわからないこともあります。
このように大腸内視鏡検査では様々な病気を症状がひどくなる前に発見できる可能性が高いので、早い段階で発見できれば治療の選択肢が広がります。長い間大腸内視鏡を受けていない方はこの機会に予約をして検査を受けてみてはいかがでしょうか。

最先端の大腸内視鏡について


現在のクリニックでは最先端の大腸内視鏡を導入して検査をしてくれるところもあります。大学病院などで導入しているものと同等の最先端内視鏡診断機器を導入し、特殊染色などを用いて正確な診断を目指しているクリニックもあるのです。これにより従来よりも病変を見つけやすくなっています。さらに拡大内視鏡が導入されているところもあるので、そのようなクリニックでは病変を100倍まで拡大することができます。これにより微小な血管や腫瘍の模様を強調して見ることができるので、精度の高い検査を実現することができるのです。
また、クリニックによっては下剤にもこだわってくれるところもあります。下剤に関しては一人一人に適している量に調節することによって、なるべく負担を少なくしてくれます。昔下剤を飲んだ経験のある方は飲みにくいと思われた方もいるのではないでしょうか。クリニックによっては味にもこだわった飲みやすい下剤を提供してくれるので、飲む際の不快感を軽減してくれます。大腸内視鏡では空気を大腸に入れて膨らませることになります。そのため、終了後におなかの張りを感じる方も少なくありません。検査後の不快感を少なくするために炭酸ガス送気システムを取り入れることによっておなかの張りによる不快感を少なくしてくれるところもあります。

クリニックを選んで検査をしよう


検査をする際にはクリニックを選択して予約し実際に大腸内視鏡で身体の状態を見てもらうことになります。基本的には自宅近くのクリニックを利用することになりますが、自宅周辺にクリニックが点在しており、どこのクリニックを選択すれば良いのかわからな方もいるのではないでしょうか。選び方にはコツがあるのでコツを参考にして選択しましょう。
コツの一つとして挙げられるのが自分が休みの日に利用することができるかどうかです。例えば会社の方の中には日曜日しか休みがない方もいます。そのため、日曜日も予約できるところを選択するようにしましょう。現在ではホームページから予約を受け付けてくれるクリニックもあります。大腸内視鏡を利用したい方は検査の予約をされてみてはいかがでしょうか。

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ