胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡検査の前日はお酒は飲めない

大腸内視鏡検査の前日はお酒は飲めない

大腸内視鏡検査の前日に飲めない物


現在は内臓の検査をする場合、内視鏡を用いて行うことも増えているでしょう。とても苦しくて嫌な思いをしたという人もいるでしょうが、前日に控えるべき食べ物や飲み物がある程度決められています。大腸内視鏡検査の際にも言われるでしょうが、前日から何も飲んではいけないのでしょうか。実は飲んでも大丈夫な物と、飲めない物が存在しているのです。そこで飲んではいけない物を見ていきましょう。
まずはアルコール類ですが、普段から全く飲まないという人は関係ありません。毎日のようにお酒を飲むのが日課になっているという人は注意しましょう。アルコール度数の弱い強いに関係なく前日は飲むことを控えましょう。大腸内視鏡検査を受ける人というのは、一般的な健康診断のように健康な人だけとは限りません。体に異常がある可能性も高いでしょう。そのため、体に異常を感じているのであれば、基本的にお酒を飲むのは控えるのが正解です。
前々日であれば問題ありませんが、当然飲み過ぎはいけません。健康なときでもお酒の飲み過ぎは体に負担がかかりますし、病気の原因になることを忘れないようにしましょう。大腸内視鏡検査の前日に飲んではいけない飲み物というのは、アルコールだけではありません。受診するところによって牛乳をとらないよう指摘されるところもあるでしょう。また、飲み物に関しては、夕方以降飲んではいけないという種類もあるので、この点の注意事項もきちんと説明を受けておき、しっかりと守りましょう。

時間によって飲めない物も存在している


大腸内視鏡検査の前日に飲んではいけない物の場合には、前日全ての時間帯で飲んではいけない物もあれば、夕方以降に飲んではいけないと言われている物も存在しています。前日に飲めない物というのは、先ほど紹介したアルコール類を中心に挙げられます。では、夕方以降に飲んではいけない物はあるのでしょうか。それは水とお茶以外全てです。ジュースやスポーツ飲料、炭酸飲料やコーヒーなどありとあらゆる飲み物は控えましょう。
水分補給までにとどめておくため、しばらくは我慢しないといけません。ここで疑問に思うことがあるでしょうが、夕方以降というのは何時からなのでしょうか。これは担当の医師によっても多少時間のずれが生じる場合があります。基本的には午後5時から午後7時の間と言えるでしょうが、医師によっては夜8時以降と言ってくることもあります。ただし、早い分には問題ありませんが、遅い場合には問題が出てくる可能性もあるので、基本的には午後5時以降は水とお茶などの水分補給で過ごすべきです。
これはいうまでもないでしょうが、料理に使用している汁や、スープなども同様です。固形物は主に禁止されるでしょう。きちんと注意事項を守らないと、当日大腸内視鏡検査ができなくなる場合もあるので、注意事項は必ず守るようにしましょう。飲めない物がたくさんあり過ぎると思うでしょうが、基本的に大腸内視鏡検査を行う場合には、内臓の中を空っぽにしておかなければいけません。よって飲み物に注意することも重要になるのですが、食べ物にも十分注意するべきということも覚えておきましょう。

食べ物にも注意が必要


大腸内視鏡検査の前日には、食事に十分注意しなければいけません。飲めない飲み物もかなり多くなっていますが、食べ物にも注意が必要です。まず食物繊維の多い物や、消化するのに時間がかかるような物は食べないようにしましょう。また、油の多い物も食べてはいけません。牛乳が禁止されることがあるように、乳製品を食べるのも当然いけません。これでは食べる物もなくなってしまうと思うでしょうが、実際にはきちんと食事ができます。
ただし、食べてよい物であっても、食べ過ぎは当然いけないので、最低でも大腸内視鏡検査の前日には、腹八分目にしておくことが重要です。そこで食べても問題のない食品を紹介していきます。まずは意外に思うでしょうが、肉類は食べても問題ありません。ただし、脂身の部分は控えましょう。魚介類も基本的に食べても大丈夫です。ただし、イカやタコなど硬い物は控えます。できれば白身魚があっさりとしていてよいでしょう。
豆類は豆腐以外は全て食べられません。野菜や果物は一切食べてはいけないのですが、これが意外と知らない人が多くなっています。野菜や果物は食物繊維が多いですし、植物というのは意外と消化に時間がかかるのです。いずれの場合も、食事禁止となる時間を厳守することが一番大切です。
主食もあっさりとしているうどんやそば、おかゆなどがおすすめです。脂っこいラーメンやパスタはなるべくやめておきましょう。また、白米ならよいのですが、玄米や雑穀米は控えましょう。パンも菓子パンやフランスパンなど、硬い物は食べてはいけません。このように飲めない物や食べられない物がたくさんありますが、1日だけなのできちんと我慢をしましょう。

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ