胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡検査の検査前準備について

大腸内視鏡検査の検査前準備について


※イメージ画像です


大腸の病気を発見するためにはいくつかのスクリーニング検査が存在していますが、最終的な確認のためには直接専門の医師の目で確認し、必要があれば検体を採取して詳しく検査をしてみなければわからないものです。そのために行われるのが内視鏡検査と言うものであり、胃カメラと同じように肛門からカメラ付きのコードを挿入することによって直接目視で体の内部を調べることが出来る検査として広く知られるようになりました。消化器内科など専門の病院やクリニックで検査を受けることが出来、健康診断や人間ドックで行われる便潜血検査で陽性が出た場合や、血便など大腸疾患が疑われる場合などに行われる検査です。しかしながらこの検査は大腸内をきれいにしておかなければ検査をすることが出来ないため、検査前準備が大切になってきます。



大腸内視鏡検査の実施前には詳しい検査の流れの説明を行うところから始められるのが一般的です。第一に町内に残留物が残らないようにきれいにしなければならず、その目的のために強力な下剤を使用することになります。そのため使い方の説明をしっかりと医師または看護師から指導を受けて理解しなければなりません。一般的には強力な下剤を使用して体内の残留物を排泄するように促す他、検査前には食事関連を完全に断って検査に備える必要がありますので、身体的な負担に関してはかなり大きなものになると言えるでしょう。



大腸内視鏡検査の前にはこの様な入念な準備が必要になりますので、どんなに体調が良い状況にあったとしても働きながら準備を行うことはほとんど不可能であると言えます。特に下剤を使用するためにトイレから離れることが出来ないくらい激しい下痢の様な状態となりますので、検査を行う当日と、場合によっては前日も仕事を休んで検査に備える様な姿勢が必要になって来るということについては理解をしておかなければなりません。また検査を行う際には苦痛を抑えるために麻酔を使用するのが一般的ですので、検査後しばらくは体を動かすことも難しい状況になってしまいますので、いずれにしても仕事を休む等の配慮が必要になる大きな検査であると考えておく必要があると言えるでしょう。初めて検査を受ける場合には分からないことが多く間違った判断をしてしまいがちですので、検査前にしっかりと説明を受け、何があっても大丈夫なように分からないことについては質問をしておくようにするのが良いでしょう。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ