胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡検査の検査方法と、それによって診断できる疾患

大腸内視鏡検査の検査方法と、それによって診断できる疾患

大腸内視鏡検査とは



大腸内視鏡検査とは、突端に小型カメラとライトがついている内視鏡スコープを肛門から大腸へと挿入して大腸の内部を観察する検査です。これによって、大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病といった疾患の診断をすることができます。しかしポリープが見つかっても一目で良性か悪性かということは診断ができない場合が多いです。そこで、ポリープや炎症の組織を切り取って、その組織を病理解剖して組織の疾患名を判断するという場合もあります。ポリープや炎症が小さくてすぐに切開できる場合には、検査中に切開して手術をしてしまうというケースもあります。

医療技術の進化に伴い、この検査の体への負担もかなり軽減されるようになっています。以前はとても痛く行いたくないという人が多かったですが、今はカメラの小型化や管の素材、形状にも工夫がされており挿入しやすいタイプのものが出てきていますし、鎮静剤(麻酔)についてもその人にあったものを用意してくれるところが増えています。痛みへの耐性や緊張感、麻酔の効きの良し悪しに応じて注射や点滴の種類を変えたり調合したりということをしてもらえるので痛みや緊張感を和らげることができることも多いです。そして、検査中にガスをお腹に入れて大腸を膨らませるために検査後のお腹の張りに悩む人も多くいました。それも最近では空気よりも吸収しやすいガスを使用することでお腹の張りを抑えることができるようにもなっています。このようにクリニックによって様々な取り組みが行われているために、大腸内視鏡検査による痛みや苦痛を軽減させることが実現できています。やはり、医師の技術も大きな要素なので、クリニックの医療設備、麻酔の内容、医師の技術の3つを総合して検査を受けるクリニックを決めるのがオススメです。



検査の不安



腸内に何か違和感があったり、痛みがあったりすればその原因を突き止めることが必要です。医師もお腹の上からでは見えない部分であるために診断名をつけることは簡単にはできません。やはり疾患の患部を見てその原因を突き止める必要があります。そこで、どうしても内視鏡検査は受けなければならないものです。しかし、検査前に飲む下剤の量の多さ、検査後のガスによるお腹の張り、そして何よりも検査による腸の違和感や人によっては痛みというものが怖くてなかなか検査に踏み切れないという方もいます。

そこで、検査を受けるクリニックを選ぶ際には下剤や鎮静剤のタイプが選べるところや、自分の不安についてしっかりと対応してくれるクリニックを選ぶことがオススメです。多くの内視鏡検査では当日に服用する下剤が2リットルから3リットルあり、これを2時間から3時間かけて飲む必要があります。しかし、クリニックによっては下剤の量を調整して極力少ない量でしっかりと排便効果を出すことができるような対応をしてくれるところもあります。

このようなクリニック探しについては、最近のインターネット社会のおかげで情報収集がしやすくなっています。そこで、気になる場合には鎮静剤の種類や下剤について、検査時に使用するガスや検査で用いる機械についての情報を調べることがオススメです。このようなものを取り入れているクリニックであればそれを売りにしていることが多いので、調べれば情報が出てくることの方が多いです。また、周囲で検査を受けた人がいれば情報を聞くこともオススメです。



検査前日までの過ごし方



内視鏡検査を受けるにあたって、前日までの食事や当日の食事については不安が多くあるものです。やはり腸の中に管を入れるので、食事によって検査の内容に影響があるのではないかと考える人が多いためです。実際、当日に腸の中身を空っぽにするために下剤を飲むので、下剤がしっかり効いてお腹の中をスッキリさせるために前日までの食事内容は気をつけておく方が望ましいです。

万が一、検査前の下剤でしっかりと排便が行えてなかったら、当日の検査で便がカメラに付着してしまい思うように操作ができなかったり見るべきものが見られなかったりすることがあります。そのようなことになると場合によっては再検査が必要なこともあります。そこで、検査を一度で済ますためにも腸の中はしっかりと綺麗にしておきたいものです。少しずつ腸の中を綺麗にするために日常的に食物繊維やヨーグルトといった便を柔らかくしたり腸内の洗浄効果のあるものを食べておくことが望ましいです。ただし、繊維質のものや乳製品を検査前日に摂取すると検査に支障が出る恐れがあるため控えるようにしましょう。

また、検査当日については多くのクリニックで食事は禁止されていますが水分によっては指示が異なります。そこでしっかりと指示書を読んでおく必要があります。そして、検査後の食事については、しばらく胃の中に食べ物を入れていないのであまり消化の良くないものは胃腸への負担がかかるので望ましくありません。消化吸収しやすいものを腹八分にとどめるのが理想的です。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ