胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸内視鏡検査を受ける必要性について紹介

大腸内視鏡検査を受ける必要性について紹介

大腸の疾患を抱える人が増えている



がんは今では必ずしも不治の病とは言い切れませんが、それでも発見が遅れると命を奪う原因となりえます。部位別のがんによる死亡率を比較すると、大腸がんは多いです。女性の中では最も多い死因となりうるがんが大腸がんといわれています。男性でも増加傾向にあるといわれています。国立がんセンターがん対策情報センターが統計したところによると、2008年時点の調査で結腸や直腸を含めた大腸がんによる死亡者数は国内3位となりました。医療技術の向上により、がんは決して不治の病とは言えません。しかしこと大腸がんに関しては、恐ろしいがんの中の一つなのです。

大腸がんのリスクですが、他のがん同様、年齢が上がれば上がるほど危険度も増すといわれています。特に50歳を過ぎると、罹患率が急速に増加するというデータもあります。40歳を過ぎたあたりから大腸がんのことを意識して、常日頃から検査を受けることが大事です。大腸がんは初期段階では、ポリープが腸内にできます。ポリープの段階で切除すれば、大腸がんの発生率は明らかに減るということもデータで証明されています。しかしポリープのできた段階では、おなかが痛むなどの自覚症状はまず出ません。便潜血などの異変も必ずしも発生するとはいえません。ですから大腸がんを初期段階で発見するためには、検査を定期的に受ける必要があるのです。そしてより確実に大腸がんを発見する方法として、大腸内視鏡検査が注目を集めています。



大腸の病変を直接確認できる



大腸内視鏡検査とは、肛門から内視鏡と呼ばれるカメラの一種を挿入して、大腸から小腸の一部まで異常が発生していないかどうか観察するための検査方法です。先ほど紹介した大腸がんやその前段階のポリープ、大腸憩室症、炎症性腸疾患などいろいろな病気を早期発見することが可能です。

大腸内視鏡検査のメリットは、腸内の様子をカメラで直接撮影できるところです。従来の注腸X線検査といって、バリウムを飲んだ後でレントゲン撮影する手法だと異常が疑われても、本当に病変かどうかを判断するのが難しい場合があります。例えばバリウムを飲んだ時に空気の泡ができてしまったとか、便の残りが病変部のように映し出されることもありうるからです。そのほかに便潜血検査といって、便に血液が付着しているかどうかチェックする方法もあります。大腸がんにかかると、便に血液が付着することがあるからです。目に見えないレベルの血液の付着も発見することは可能です。もし便潜血検査の結果陽性と出ても、それで即病気であると診断はできません。しかし大腸内視鏡検査の場合、直接腸内を観察できるので病変があれば直ちに診断することが可能です。しかも誤診をする恐れも少ないので、正確に診断するためには非常に有効な検査といえます。



一部治療なども同時並行で行える



通常の場合、検査というと病気にかかっているかどうかの判断をする工程です。検査を行って診断をして、病気に対応した治療を実施するのが一般的です。しかし大腸内視鏡検査の場合、検査だけでなく一部治療も同時並行で行えるメリットがあります。大腸内視鏡検査はカメラだけでなく、先端には精密検査用の組織を採取するための器具が装着されています。例えば病変が確認されている場合には、この器具を使って、組織の一部を採取できます。そして生体検査といいますが、切除した組織を顕微鏡で詳しく調べることができます。大腸の病気について調べる場合、生体検査は最も多くの情報を得られる手法といわれています。必要に応じてすぐに生体検査できるところは、大腸内視鏡検査のメリットといえます。

また大腸がんの前段階として、腸内にポリープが見つかることはすでに説明しました。もし大腸内視鏡検査の結果ポリープが発見された場合、この切除器具を使って、ポリープを切り取ることも可能です。このようにただ単に検査するだけでなく、治療まで一連の流れで行えるわけです。ポリープについてですが、放置しているとがん化する可能性のあるものもあれば、別に切除しないでそのまま放置していてもがん化することのない種類もあります。この判断についても、大腸内視鏡検査を活用すればより正確な診断が可能です。最近では内視鏡でとらえた映像はハイビジョンモニターを使って鮮明に映し出すことも可能です。中には、拡大内視鏡を使ってポリープにクローズアップして、特殊な光を照射することでポリープ内の血管がどのように走っているかを確認することもできます。切らずにいろいろな診断や治療を行うことも可能なのです。

内視鏡は肛門から入れていく形になるので、痛むのではないかと思う人もいるでしょう。しかし最近では、痛みが極力出ないようにさまざまな工夫がされています。大腸がんは放置して症状が進行すると、命を奪いかねない病気です。ですから定期的に検査を受けることは早期発見、早期治療するために大事なことです。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ