胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  大腸検査などに使う内視鏡はしっかりと消毒されてる?

大腸検査などに使う内視鏡はしっかりと消毒されてる?


内視鏡の洗浄について



大腸がんやポリープなど、体内に発症するものの、症状が進行しないと表立った症状が現れず、気が付いた時には手遅れになっている、というような病気は数多くあり、早期発見、早期治療をすることが非常に重要です。そこで、早期発見のために一躍買っている装置が、「内視鏡」です。内視鏡検査とは、体の中に直接、小型カメラのついた医療機器を入れて、体の内部を診察することが出来ることから、重宝されています。

初めて利用する方が気になることの一つが、「きちんと洗浄消毒されているのか」ということではないでしょうか?多くの方が利用する医療機器であり、入れる場所も入れる場所ですので、何となく清潔でないように感じてしまい、検査自体を躊躇してしまうという方も少なくありません。しかし、内視鏡検査自体は医学的にも推奨されている方法であり、感染症に関しての知識が一般的に流布するようになってからは、洗浄消毒の面も、非常に厳しい監視下のもと行われていますので、心配することはなく、安心して利用することが可能でしょう。また、いつ誰が、どの内視鏡を使ったのかなどの管理が出来る、フルデジタルのシステムを導入している病院もありますので、気になる方は予め問い合わせをしてみるとよいでしょう。

内視鏡検査自体が苦しくてあまりやりたくないという方もいるかもしれませんが、このように近年の検査は日々進化し続けており、出来るだけ苦しくないように工夫が施されていますので、以前検査をした方で「トラウマになるほど苦しかった」という方でも、また改めて検査を受けたら「大丈夫であった」と感じる方は少なくありません。検査自体のレベルは、年々と進化を遂げて、極めて高くなっているので、安心して受けることが出来ます。



病院選びも大切なポイント



大腸の検査をする際に欠かせない内視鏡検査ですが、大腸検査を検査することに抵抗を感じている方も多く、中には、以前の検査がトラウマで二度と受けたくないと頑固になってしまっている方も少なくありません。しかし、病院自体を変えて検査をしたら、何の問題もなかったというケースもあります。病院選びをする際には、ポイントを押さえて行うことが大切です。

まずは、内視鏡検査に関してのプロフェッショナルの医師がいる病院を選ぶことです。具体的には、大腸検査を専門に行っている病院ですが、大きめの病院に行けばそういった医師が在籍している傾向がありますので、専門の医師に診てもらうことで、検査に苦痛を伴いにくくなり、更には、小さな病気でも見逃さず、早期発見、早期治療を行いやすくなると言えるでしょう。事前にインターネットや口コミなどで情報を集めておくとよいでしょう。

次に、検査前には出来るだけ暴飲暴食を控え、消化の良いメニューにしておくことです。特に日頃から便秘気味の人は、検査までに少しでも改善しておくことをおすすめします。また、前日の食事については医師の指示をよく聞き、夜9時までには食事を済ませておきましょう。基本的に、医師の諸説明をよく聞き、医師の言うことを守らないと、それだけで検査が苦しくなる場合もありますので、面倒だと思うことなくしっかりと準備しましょう。



感染症対策として欠かせない



内視鏡検査は近年、様々な場面で利用をされる検査として知られていますが、利用者の中には、こうした検査に危険を感じているという方も多く、下手をすると、感染症になるのではないかという心配を抱いている方も多いようです。しかし近年の検査においては、厳しい基準値をクリアして洗浄消毒を行っていますので、心配はないでしょう。少し前まではまだ施術方法も確立しておらず、何かと問題が起きた時期もあり、検査自体も非常に辛く苦しいものという認識が多かったのですが、近年の検査においては、洗浄消毒方法なども確立していますので、余程ひどい病院ではない限り安心して検査を受けることが出来るでしょう。

大腸に関する病気は進行が早いわりに、初期段階では全く自覚症状がないという方も少なくありませんので、出来るだけ早期発見、早期治療を開始するためにも、こうした基本的検査が欠かせないと言えるでしょう。検査自体が嫌いという方もいますが、こうした検査を行っておかないと、検査よりも辛い状況に陥る可能性が高くなりますので、そうならないためにも、定期的な検査を行うことが非常に重要となります。受ける頻度として推奨されているのは、半年に一回として言われていますが、会社などで健康診断がある際など、一年に一回のペースでも構いません。あまり頻繁に受けてもお金がかかりますので、余程心配なことが無い限りは何度も通う必要はありませんが、もし何らかの心配事がある場合は、一度検査を受けて問題が無くても、セカンドオピニオンとして検査をすることをおすすめします。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ