胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  最先端の大腸内視鏡検査と頻度について

最先端の大腸内視鏡検査と頻度について

最先端の大腸内視鏡と検査の頻度について



しばらくの間、大腸内視鏡の検査を受けていないという方もいるのではないでしょうか。早く病気を知るためにもクリニックを利用して定期的に検査をすることは重要なことであるとされています。早期に発見することで治療の選択肢を広げることができたり、治療の苦痛を少なくできる可能性があるからです。検査を受ける方の多くはガンに対する懸念を持っています。日本だけでなく、世界においてもガンを早期に発見するために定期的に検査を受けている方は数多く存在します。

では大腸ガンを早期に発見することによってどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。例えば治療が少なくて済む点が挙げられます。大腸ガンはガン細胞が大きくなり大腸ガンになるのではなく、ポリープからガン細胞に変わります。そのため、ポリープの段階で切除しておけば大掛かりな手術をしなくても治療ができる可能性があるのです。もし早期に発見できなければ手術をしなければならなかったり、ガンが転移していると手術をすることができないケースもあるので、内科的治療しか受けられない可能性があります。そのため早期発見をすることで大きなメリットを得ることが可能です。大腸ガンを発見するためには大腸内視鏡をするのが一般的になります。ではどれぐらいの頻度で検査を受ければ良いのでしょうか。明確な年数に関しては決まっていませんが、基本的には5年や10年の頻度で検査をすることが奨励されています。しかし、5年や10年は人によっては長く感じられる期間です。そのため、不安を感じる方もいるでしょう。そのような方は一度クリニックの先生に相談されてみてはいかがでしょうか。

大腸内視鏡に痛みやつらさの不安を抱えており、なかなか検査に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。現在、クリニックによっては最先端の医療を提供してくれるところがあり、なるべく苦しみや痛みが少ないように工夫をしてくれるところもあります。また、精度に関しても従来の大腸内視鏡に比べて高くなっています。大腸内視鏡での苦しいステップの一つとして挙げられるのが下剤を飲む時です。下剤は当然お薬になります。そのため美味しいと感じる方は少ないでしょう。下剤を飲んだ経験のある方の中には飲みにくいと感じる方もいるのではないでしょうか。また、通常、下剤の量は2リットルから3リットル飲むことになります。そのため、負担を感じる方も少なくありません。クリニックによっては負担をなるべく減らすために一人一人の身体に合わせてできるだけ少ない量で済むように工夫をしてくれるところもあります。また、飲む時の味の不快を少なくするために味にもこだわってくれるところもあります。大腸内視鏡では検査をする時に腸を膨らますことになります。検査終了後におなかの張りに不快感を抱いた経験のある方もいるのではないでしょうか。クリニックによっては炭酸ガス送気システムを搭載することによって従来の製品よりも200倍空気の吸収率を高めてくれるのでおなかの張りをなるべく短い時間で少なくしてくれるところもあります。



大腸内視鏡でわかる病気は



先ほども述べたように大腸内視鏡をすることによって大腸ガンを患っていないかどうかを知ることができます。しかし、大腸ガンだけでなく、その他の病気も調べることが可能です。

例えばクローン病です。クローン病は炎症によって大腸に潰瘍ができる病気です。大腸だけでなく、小腸や胃、食道に潰瘍が現れるケースも存在します。自覚症状としては下痢や腹痛があります。しかし、下痢や腹痛は食べすぎた後などに起こることもあるので、なかなか自分でクローン病であることを突き止められない場合も多くなっています。そのため、大腸内視鏡をして初めてクローン病であると認識される方も珍しくないでしょう。近年ではクローン病の治療方法があるので、治療をして症状を軽減することが可能な病気です。

その他にも潰瘍性大腸炎があります。潰瘍性大腸炎になる原因は明確にされていませんが、自覚症状としては下血があります。この病気は内科的治療が一般的になります。このように大腸ガンだけでなく、様々な病気を発見できるので、一度検査をされてみてはいかがでしょうか。



クリニックの選び方のポイントとは



大腸内視鏡をする頻度は5年から10年であるとされていますが、以前検査をしてから5年から10年を経過されている方もいるのではないでしょうか。そのような方の中にはクリニックを利用して検査を受けたいと思われている方もいるでしょう。クリニックを選ぶ際のポイントは負担の少ない検査をしてくれるかどうかです。

クリニックによっては負担が少ない検査を提供するため、大腸だけでなく、胃カメラも同時に行ってくれるところもあります。そのようなクリニックを選択すると大腸だけでなく、胃の健康状態も知ることができるので、そのような最先端の医療を取り入れているクリニックに予約を入れてみてはいかがでしょうか。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ