胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  最先端の胃カメラについて

最先端の胃カメラについて


※イメージ画像です


最先端の胃カメラの特徴



現在では医療の技術の進歩が目覚ましく、日本の医療は世界でも注目されています。医療は治療だけでなく、人間が長く生きられるように様々なサービスを提供してくれるのです。その中の一つとして挙げられるのが検査です。多くの方は、会社の健康診断や人間ドックなどで定期的に検査を受けています。検査を受けることによって、自分の身体の状態を把握することができるのです。

血液の検査では血液を注射器で抜き、それを専門の機関にお願いして赤血球や白血球の数を調べたります。

その他にも、胃や大腸の検査も行っている方は多くいます。基本的にこれらの臓器を調べるためには、内視鏡を使用して健康状態を調べることになります。内視鏡は胃カメラと呼ばれることもあり、胃カメラと聞くと苦痛を想像される方もいるのではないでしょうか。確かに口や鼻から目的の臓器までカメラを挿入することになるので、喉部分の違和感に苦痛を感じる方はとても多くいます。しかし、現在ではクリニックによって最先端医療を搭載してくれるところもあるので、そのようなところにお願いをして検査をすると苦痛を和らげることができ、さらに高精度の検査を受けられるのです。

では、このような最先端医療の現場ではどのようなことが行われているのでしょうか。それは内視鏡技術と鎮静剤を組み合わせて検査をしているので、苦痛を和らげることができるのです。従来においても麻酔が使用されていましたが、喉に含めて喉の苦痛を和らげるのが一般的でした。

しかし、最先端の医療においては注射で鎮静剤を打ってくれるので、従来に比べて苦痛を少なくすることができるのです。鎮静剤だけでなく、熟練した内視鏡の技術によって痛みや辛さを軽減してくれるのです。精度においても高くなっています。最先端医療の現場では、最先端内視鏡診断機器が使用されています。これには特殊染色やNBIという光を使用することができ、小さな病変でもしっかりと把握することができるのです。さらに、この最先端内視鏡診断機器には拡大内視鏡が搭載されています。この技術を使用すれば100倍まで病変を拡大することができるので、精度の高い検査を実現することができます。精度に関しては胃カメラだけでなく、高精度のモニターを使用して高められます。ハイビジョンモニターを使用することによって胃カメラが映し出す映像の精度が高められるので、検査の精度を同時に向上させることができます。このハイビジョンモニターは大学などでも使用されているモニターになります。

このように、最先端医療の現場においては様々な高精度の機材が用意されています。これを用いることによって高精度の検査を実現することができ、また、患者さんがなるべく苦痛を抱かないために内視鏡技術や鎮静剤を上手く組み合わせてくれるので、苦痛の検査から痛みの少ない検査を実現しているのです。

胃カメラの重要性について知ろう



日頃から検査を受けている方はとても多くいますが、何故定期的に検査を受けているのでしょうか。その理由の一つに、健康状態を知るという点が挙げられ、健康状態を維持することで長生きすることができます。さらに、日常生活をする上でも安心して生活を送ることができるのです。その他には早期発見が挙げられます。

病気の中には早期発見が重要なものがあります。それはガンです。ガンは、自分で早期に発見することが難しい病気になります。何故なら自覚症状が少ないからです。自覚症状が少ない上にこの腫瘍は転移します。ガンが進行してしまうと手術などの外的治療を施すことができないため、症状を軽くするためには時間がかかるのです。症状が悪化するとなかなか改善することができないため、世界中でも恐れられている病気になります。早期発見をすることによって治療にかかる負担が少なくなるので、定期的に胃カメラや大腸内視鏡の検査を受けて自分の健康状態を把握している方は世界中に多くいるのです。このような点から胃カメラなどの検査は必要性が高いと言われているのです。

クリニックで胃カメラの検査を受けよう



今までにクリニックなどで検査を受けたことがない方も多くいるのではないでしょうか。検査を受けない理由には様々な要因がありますが、例えば手間がかかる点です。検査に意欲があったとしても、検査の度にクリニックに通うのが面倒と感じる方もいます。また、仕事などでそのような時間が取れない方もいます。

クリニックによっては、患者さんの負担を軽減するために胃カメラと大腸内視鏡を同日に行ってくれるところもあります。患者さんの健康状態によってはできないこともありますが、このようなクリニックを利用することによって一度に胃と大腸の健康状態を調べられます。その他の要因には緊張があります。

初めて検査を受ける人は緊張をする方が多くいます。クリニックによっては緊張を和らげるために中待合室においてプライベート空間を確保してくれるところもあるので、そのようなクリニックを利用すると緊張を和らげられる可能性があります。

胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供!
内視鏡検査(胃カメラ)~たまプラーザ南口胃腸内科クリニック~

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ