胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  検査のために胃カメラ飲もう

検査のために胃カメラ飲もう


※イメージ画像です


現代の胃カメラについて知ろう



胃カメラを経験する機会は昔から多くあります。例えば、会社の健康診断で再検査の通知が届いた方は、もう一度詳しく検査をするためにカメラを胃の中に入れて、異常がないか確認してもらうことになります。また、健康意識などが高い方は一年に一度定期的に検査をするためにクリニックを利用する方もいるでしょう。しかし、検査を定期的に行っていない方もおり、その中の多くは検査を恐れている方が多いと言われています。

確かに内視鏡検査においては、辛いイメージを持たれている方もいるのではないでしょうか。口からカメラを入れるため、喉を通過し続けることになります。そのため、嗚咽をしてしまう方も多く、苦しいと思われる方は少なくありません。しかし、現在では多くの方が気軽に検査をすることができるように技術も進歩をしていますので、比較的苦しみの少ない内視鏡検査を行うことができるようになっています。

現代の内視鏡の特徴として挙げられるのが、鎮静剤を調合する点です。確かにどのクリニックでも鎮静剤を調合してくれるわけではありませんが、最新の医療を取り入れているところでは鎮静剤を注射で打ってくれるので、検査における苦しみを軽減することができます。また、内視鏡技術などが熟練しているクリニックでは、さらに痛みを少なくすることが可能です。

このような比較的新しい技術を導入しているところを利用することによって従来の苦しい検査から苦しみの少ない検査に変えることができるのです。

痛みや苦しみが少なくなっているだけでなく、内視鏡の機器自体も変化しています。現在では、最先端内視鏡診断機器という機器を使用して検査を行うことによって高精度な診断を実現できます。この最先端内視鏡診断機器は、特殊染色やNBIという特殊光を用いて検査を行います。この光によって従来では見つけることができなかった小さな病変なども発見できるため、早期に病気を発見できる確率が高くなります。

さらに、この機器には病変を100倍まで拡大することができる拡大内視鏡が搭載されているので、従来よりも高精度の診断を実現することができるのです。最先端医療の現場では、検査の精度を高めるためにハイビジョンモニターが搭載されています。このモニターを用いて検査を実施することによって詳細な観察をすることができるので、大学病院などでもよく使用されています。

検査を受けたい方の中には胃カメラだけでなく、大腸内視鏡検査も同時に行いたいという方もいるのではないでしょうか。患者さんの状態などにもよりますが、最先端医療を提供してくれるところでは同日に続けて検査を受けることが可能です。そのため、検査の部位毎に通う手間が省けるため時間に余裕のない方でも複数の検査を受けることができるのです。

このように現在の胃カメラは医療の進歩によって苦しみが少なく、高精度の検査を実現することができます。

胃や大腸のカメラの検査を定期的にする必要性



現在では、多くの方が恐れている病気があります。それはガンです。ガンの恐ろしさの一つして挙げられるのが進行です。進行をすることによって他の臓器に転移するため、進行性ガンの場合は手術をすることができず、抗癌剤などの内科的治療でガンを小さくし、手術できる状態まで回復したら手術できることになります。この病気が原因で命を失った方も多く、恐れられている病気の一つです。

この病気は日本だけでなく、海外などでも注目されています。この病気の特徴は転移だけでなく、自覚症状が少ない点が挙げられます。自分で気づくことができないうちにガンは進行してしまうこともあるため、早期発見をすることによって治療を受ける負担を少なくすることが大切です。このようにガンを早期発見するためには、胃カメラや大腸内視鏡で検査を定期的に受けることが求められます。特に、大腸ガンにおいては腫瘍から徐々にガン細胞に発展するため、腫瘍の内に切除しておけば治療にかかる負担は軽減されます。

早期発見をするためにも、定期的に胃カメラや大腸内視鏡の検査をされてみてはいかがでしょうか。

胃カメラの検査を受けるためのクリニックの選び方



胃カメラの検査を利用する際にはクリニックなどを利用して検査をしてもらうことになります。胃カメラなどの検査をしてくれるところはとても多くあるので、どのようなところを利用すれば良いのかわからない方も多くいるのではないでしょうか。クリニック選びにはコツがあるので、コツを参考に予約されてみてはいかがでしょうか。

コツとして挙げられるのが最先端医療が積極的に取り入れられているかどうかです。最先端医療を取り入れているクリニックでは昔の胃カメラよりも痛みが少なくなるよう改良されています。また、精度の関しても高くなっているので、そのようなところを選択すると昔よりも痛みの少ない検査を受けられます。

その他にも個室などを準備してくれるかどうかです。特に検査前は緊張をするためプライベート空間で過ごしたい方もいます。クリニックによっては専用中待合室を用意してくれるところもあるので、そのようなところを選択すると緊張感を覚えることなく検査前の時間を過ごすことができます。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ