胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  精度の高い胃カメラで検査を

精度の高い胃カメラで検査を


※イメージ画像です


病気はさまざまな要因から発症してしまうものですが、早い段階で発見することで治療も比較的簡単なものになります。そのため、検査や健康診断は常日頃から心掛けておくことは重要です。検査には、さまざまな方法がありますが、調べる場所や検査する病気によってそれぞれ異なります。

健康診断や検査において、よく言われるのが胃カメラを飲むのがきつい、ということです。検査機器などの異物を体内に入れるため、検査がスムーズにいかなかったり、場合によっては検査の際にトラブルが発生してしまうこともあります。胃カメラを飲む際には、やはり腕の良い医師にやってもらうことや、精度の高い胃カメラを利用している病院で検査してもらうことが大切です。



胃カメラは内視鏡検査とも呼ばれますが、検査を行なう前に、軽い鎮静剤を注射してから行なうことで負担を軽減します。その人にあった量の鎮静剤を使っていれば、検査は患者が気づかないうちに終わってしまっていることが多いのです。

高精度な内視鏡には、近年では特殊染色やNBIと呼ばれる特殊な光を利用して、通常の機器では見つけにくい病気も発見することが出来るようになっています。そのため、早期がんの発見や悪性度の診断などもすぐに出来るため、非常に便利となっています。また、ハイビジョンモニターを使うことで、詳細な観察も可能となっています。ほかにも、ポリープなどが発見された際には、通常であれば後日に下剤を飲み、それから切除などを行なっていましたが、最新の内視鏡を使用していれば日帰りで内視鏡ポリープ切除を行なうことが出来ます。そのため、金銭的にも日数的にも負担が掛からないのが特徴です。さらに、胃カメラと大腸内視鏡検査を同じ日に行なうことが出来るため、これも患者にとっては非常に楽な方法だと言えます。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ