胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃などの内視鏡カメラで病気の確率を減らす事

胃などの内視鏡カメラで病気の確率を減らす事


※イメージ画像です


普段の生活上として仕事を行っている方ならば、定期的に健康診断を受けている方もいます。仕事をしていない主婦などの方でも健康診断を受けている方もいますが、一般的な健康診断の内容では、がんなどを早期発見することが難しい状態です。

がんの検査に関しては、胃がんや肺がん、大腸がんなど非常に細かく分かれていますが、必ず部位ごとに必要とされている検査を行うことが求められていて、現在では優れた検査方法の数々が用意されているので、比較的安心できる環境にあるということができます。

内視鏡を用いる検査なども一般的に認識されていて、胃カメラなどを使って胃の具合を検査する方法も広く知られている内容です。人によっては大腸検査などを行う方も多い傾向にありますが、どちらも内視鏡を口から挿入する方法で検査を進めることが行われています。

現在では優れたクリニックなどが存在していて、利用者の方々にできるだけ負担をかけない方法で内視鏡のカメラを使う方法が定着しています。100倍にまで拡大可能な内視鏡を使う方法で、鮮明な映像をハイビジョンのモニターで随時確認することができます。

優れている点に関してはカメラの性能だけではなく、身体に起因している内容も含まれています。例えば腸内を事前に綺麗な状態にすることは勿論ですが、空気を使う方法ではなく炭酸ガスを用いる方法で、腹圧などを抑制することを行っているクリニックがあります。

また、胃カメラを使う際にはバリウムを飲む必要が出てきますが、その際には飲みやすい状態に仕上がったものを、飲みやすい分量で済ませられるように工夫している場合も見られます。



一般的な生活上としては、あまり利用する機会が無いという方も多くますが、胃の検査に関してはピロリ菌に感染などをしてしまっている状態であれば、がんにかかってしまう確率が高まることになります。

しかし、定期的に内視鏡での検査を受ける方法でがんのリスクを軽減することができ、状態次第では即日にポリープなどを切除することも可能なので、おすすめの検査方法として推奨されています。

内視鏡検査に関しては、病院によってはアルバイトとして勤務をしている医師が担当している場合もありますが、優れたクリニックを利用した場合では、専任の内視鏡を専門にしている医師が担当することになり、経験豊富な技術を持っているので、どのような小さなものでも見逃さずに検査を行うことに向いています。その後もモニターを見ながら丁寧に説明が行われるので常に安心した検査として利用でき、がんにかかってしまう確率を下げることができます。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ