胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃カメラでポリープがあるか検査をしよう

胃カメラでポリープがあるか検査をしよう


先端技術を取り入れた胃カメラについて



日本だけでなく、世界レベルで医療技術は発達しており、負担を軽減する医療や、昔では治療が難しかった病気の治療なども行えるようになりました。日本でノーベル賞を受賞する方がいるように、日本の医療技術は諸外国と比較してもかなり発達しているといえるでしょう。

医療においては治療だけでなく、検査も行われています。例えば、癌で亡くなる方の割合は他の病気に比べて多くなっています。基本的に癌を発症していても初期段階では痛みが少なく、気づかないことが多くなっています。そのため、日頃から検査をして自分の健康状態を知る方は増えているでしょう。また、自覚症状が少ないだけでなく、気づかない間に癌が他の臓器などに転移する危険性もあります。そのため、大変恐ろしい病として世界でも有名なのです。

基本的に癌の検査は、場所によって異なります。例えば、胃の検査をするのであれば内視鏡検査が一般的でしょう。また、大腸であれば大腸内視鏡検査を受けることになります。会社に勤めていると、定期健診などを実施しているところが多いので、胃カメラなどの検査を受けたことがある方も多いでしょう。従来では、口からカメラを入れて胃の検査を行うのが一般的でした。検査を受ける際は苦しみを伴うため、苦い思い出となっている方もいるでしょう。最初の検査で辛い思いをされた方の中には、それ以来今日まで検査を受けていないという方もいるのではないでしょうか。現在では、クリニックによっては先端技術を取り入れているところも増えています。先端技術だからと言って、全く痛みがないというわけではありませんが、昔の医療よりも負担は少なくなっています。

例えばクリニックによっては、鎮静剤を調合して、検査前に注射をしてくれるところがあります。鎮静剤を注射してもらうことによって負担を軽減できます。また、鎮静剤の量は、一人一人に合った適切な量に調節してもらうことができるので、それぞれの検査を受ける方の身体に合った量で検査を受けることができます。検査の質に関しても、昔よりも高くなっています。例えば、拡大内視鏡を導入することによって、今まで見つけにくかった病変なども把握しやすくなっています。その理由は、病変を100倍程度まで拡大することができるようになったからです。また、特殊染色などの高度な技術を用いることによって、ポリープの発見がしやすくなっています。

このように、負担の軽減や、質の向上によって、同日に二つの検査を行うこともできます。その検査とは、「胃内視鏡」と「大腸内視鏡」です。従来の技術ですと、検査に苦しみを伴うため、一日に二回の検査は現実的ではありませんでしたが、先端医療では負担が少ないため、同日に二つの検査を受けることができます。例えば、会社員の方は時間に余裕がありませんが、同日に検査を二回も受けられるのであれば時間に余裕がない方でも検査が受けやすいのではないでしょうか。当然ではありますが、クリニックによって導入されている胃カメラなどは異なるので、事前にホームページを確認するか、もしくは電話で相談をしてから検査を受けるようにしましょう。



大腸内視鏡に関して



胃腸を専門に扱うクリニックでは、胃カメラだけでなく、大腸の内視鏡検査を行ってもらうこともできます。大腸ガンの特徴としては、ポリープからがん細胞に変化する点が挙げられます。そのため、初期の段階でポリープを切除しておけば、がん細胞に変化する可能性を低下させられるため、大腸ガンを未然に防げる可能性は少なくありません。

「もし大腸内視鏡でポリープが見つかったら、また後日に、手術をして切除を行うの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。当然、クリニックによっては後日になる場合もありますが、先端医療の検査を提供してくれるところでは、検査と同日に切除をしてくれるところもあります。そのため、検査を受ける方の負担を軽減することができるでしょう。

しかし、全てのポリープが同日に切除できるということではないため、クリニックに相談をしてから検査を受けるようにしましょう。まだ大腸の検査を受けていない方は、一度電話で相談をしてみてはいかがでしょうか。



ポリープの検査を行うためのクリニック選びについて



胃や大腸にポリープがあるかどうかを検査するためには、クリニックを選択することになります。

クリニックの選び方のポイントは、検査を検討されている方によって異なるでしょう。例えば平日はお仕事で、週末にしかお休みを取ることができない方は、土日に検査をしてくれるクリニックを選択するのが一般的になります。現在では定休日を平日に設けて、土日に検査を受け付けてくれるところもあります。また、予約に関しても、インターネットから受け付けてくれるところもあります。

ホームページから予約することができるので、予約を取る手間が軽減できます。また、アクセスに関する詳細な情報もホームページで確認することができます。

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ