胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃カメラで検査をしよう

胃カメラで検査をしよう

最先端の胃カメラを受けよう



現在、日本人の多くはクリニックなどを利用して胃や大腸の検査を受けています。アメリカなどと比較すると検査を受ける方は少ないのが現状です。さらに胃カメラなどの検査を受けたことがある方の中には、その後検査を受けていない方もいます。何故なら従来の胃カメラは喉から直接内視鏡を入れるため、苦しみを伴うからです。しかし、現在の最先端医療においては苦しみの少ない検査が提供されています。

例えば、内視鏡技術と軽い鎮静剤を組み合わせることによって苦しみの少ない検査を実現することができるのです。また、検査の質に関しても向上しており、例えば内視鏡の性能が高まっています。クリニックによっては最先端内視鏡診断機器を導入して高度な検査を実現しています。この内視鏡には特殊染色NBIと言われる特殊光を用いることによって、今まで見つけることが難しかった病変を見つけやすくなっています。そのため、検査においての見落としなどが少なくなり、質の高い検査を受けることが可能です。また、この内視鏡には拡大内視鏡が搭載されているため、病変の疑いがある際にはその場で拡大をして医師は病変を確認することが可能です。拡大できる倍率は100倍です。よって小さな病変の詳細なども細かく検査することが出来ます。

通常大学病院やクリニックなどではパソコン程度のモニターを見て検査を行います。しかし、最先端の医療を実現できる病院ではハイビジョンモニターを見て検査をします。画面サイズが通常のタイプよりも大きいため、胃の中の状態をしっかりと確認することができます。また、映像に関してもハイビジョン映像です。高精度な検査を実現してくれるでしょう。

また、痛みや苦しみが少ないため、患者さんの状態によっては胃と大腸を同時に検査することも可能です。通常はそれぞれの検査を日にちごとに分けて行うのが一般的になりますが、鎮静剤などを上手く使用することによって、当日に両方の検査をすることができます。

今まで検査をしたことがない方や検査の苦しみを体験した後に検査を受けていない方は、この機会に最先端医療を提供してくれるクリニックを利用されてみてはいかがでしょうか。

胃の病気を知るためのカメラ



現在、日本だけでなく世界においてもガンという病気が恐れられています。ガンが恐れられている原因の一つに自覚症状が少ない点が挙げられます。通常、胃などに病気を抱えていると徐々に痛みを感じて自分の身体に異変があることを自覚してからクリニックを利用して診断を受けることになります。しかし、ガンの場合は自覚症状が少ないため、自分で気づくことが難しく、特に胃などにおいては痛みを感じないことも多く、カメラで検査をしないとわからないことも少なくありません。

また、ガンは自覚症状が少ないですが、進行すると命に危険が及ぼすこともあります。通常の病気においては転移することがありません。例えば胃に病気を抱えており、その病気が腎臓や肺などに転移することは少ないでしょう。しかし、ガンの場合は胃で発症したとしても進行するとその他の臓器にガンが広がり、最悪のケースでは手術を受けることさえ難しく、抗がん剤などで治療をすることになります。そのため、長い闘病生活を送らなければならいないでしょう。

ではガンの治療を効率的に行うためには、何が求められるでしょう。それは早期発見することです。ガンは早期に治療をすれば治るケースが多く、特に胃に関しては早期発見で治る確立が他の臓器に比べて高くなっていることから早期に治療をすれば日常生活に戻れることもあります。早期発見をするためには胃カメラなどをして定期的に検査をする必要があります。胃カメラではガン以外の病気も見つかることがあるため、早めに検査を受け、病気を見つけて効率的に治療をしてみてはいかがでしょう。

クリニックの選び方のコツとは



クリニックは日本全国各地に数多くあるため、胃カメラなどの検査を受けたいと思われている方の中には、どのようなクリニックを選べば良いのか分からない方もいるでしょう。クリニックの選び方にはコツがあります。参考にして自分に合うクリニックを選択しましょう。

コツの一つとして挙げられるのが検査の質です。最先端医療を駆使して内視鏡技術が高い医師が検査を実施しているクリニックを選択すれば、質の高い検査を受けて自分の身体の状態を知ることができます。事前にいくつかのクリニックを比較してみることをおすすめします。

その他には、予約しやすい環境を提供しているかどうかです。多くの方が検査を受けられるように、インターネット上にホームページを公開して、そこから予約をすることが可能なクリニックが存在しています。インターネットでの予約は24時間受け付けているため、会社員の方で帰宅が遅くなった方でも自宅にあるパソコンを開いてクリニックに予約を入れることが可能です。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ