胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃カメラと血液検査について

胃カメラと血液検査について


※イメージ画像です


胃カメラの検査をするときには、血液検査を行うことがあります。 医療機関において内視鏡の検査を受けるときには、梅毒や肝炎ウイルスのB型やC型などといった、感染症はないかを、事前に採血で調べておく必要があります。検査に使用する機器は使い捨てとは異なりますから、事前に感染症かどうかを把握する必要があります。万が一、何か感染症があったとすると、内視鏡の検査を受けたがために、肝炎ウイルス感染というアクシデントもありえるためです。



もしも感染症が検査でわかったら、使用する機器を変えたりとか、何も感染症を持たない人の後になるなど対応があります。貧血のレベルを調べたり、肝機能の程度を調べるものとは違います。何はともあれ、安全に検査が行えるようにするための、ひとつの工程のステップです。消化管出血があるかもしれないという場合だと、もしかしたら貧血のチェックもあるかもしれませんが、一般的には検査のための事前検査となります。



胃カメラとは上部消化管内視鏡検査であり、内視鏡を口や鼻より挿入して、咽頭や食道、それから胃や十二指腸などを観察することのできる検査になります。具体的には潰瘍や炎症とか、ほかにもポリープなどがないかを診断するために行なわれています。医療機関によって内視鏡を、口から挿入するか、それとも鼻から挿入するか、どちらか選択できるケースもあります。一般的には、口からというのがスタンダードでもあります。



上部消化管内視鏡検査を行うことで何がわかるかというと、食道がんや十二指腸がんなどの悪性腫瘍もですし、十二指腸潰瘍とかポリープ、逆流性食道炎やピロリ菌感染症などの良性疾患の診断のためにも役立ちます。検査をすることにより、早期発見で治療をして改善していくことができます。内視鏡を受けるタイミングとしては、年に1回の健康診断では受けておきたいものです。会社での年に1回の検査では、こうした検査も受けておくほうが安心です。



発見が早ければ早いほど、治療もしやすいとされる部位が胃です。集団検診において再検査となったりした時も、なんとなく調子が変だと感じた時も、医療機関を早めに受診して、胃カメラの検査を受けておいたほうが安心です。不調は市販薬で様子を見るというのもありますが、医薬品が的外れなものであれば、状態を悪化させることもあります。ですから、変だなと感じたら、胃腸内科や消化器科などを受診して、専門医に相談をしましょう。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ