胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃カメラによる治療について

胃カメラによる治療について


※イメージ画像です


健康診断で胃の状態を見るだけでなく、もしも異常が見つかった場合にもお腹を開けないで胃カメラを使いながら胃がん切除などの治療を行なうことはできます。



カメラは検査で入れる場合には鼻から入れるのが一般的ですが、精密検査や更に詳しく見るときには口から入れるほうが鮮明な画像が撮れます。鼻から入れるものの方が口から入れるカメラの半分の太さです。そのため健康診断などでそれほど不安を持っていない場合にはやはり鼻から入れた方が楽に診断を受けることはできるでしょう。ただ鼻からのものはまだ扱う病院が限られます。



人間ドックに行くとバリウム検査とどちらかを選択するようになっていますが、カメラを入れるほうが実際に見ることができるため、胃の壁の状態や色・腫瘍の形や様子など細かいところまでしっかり見ることが出来るのはメリットです。専門医であれば目で見るだけでその腫瘍が良性か悪性かが判断できるので、その場ですぐに分かります。

ただ、食道から胃に入る入り口部分など死角となりやすい場所もあるので、完全に安心はできません。それに何と言っても入れる苦しみというのがあります。特に口から入れる場合には検査による体力消耗は激しいもので、頭痛や吐き気・食欲不振などが検査後も続く人もいます。



一方でバリウム検査というのは、造影剤と発泡剤を飲むことで、胃を膨らませた状態でX線を照射して内部を見る検査方法です。モノクロ画像なので色については見ることはできませんし、精密さでも劣ります。検査そのものは比較的楽なのはメリットですが、もしも異常が見つかった場合にあらためてカメラで内部を見なければならなくなるので二度手間となる可能性もあります。

検査後にバリウムを排出しなければならないのですが、便秘がちな人にとっては大変な作業です。



どちらを選択したとしてもその治療は大変なものです。とにかく苦しいというイメージのあるものですが、癌の早期発見などにつながる大切なことなので、年に1回の人間ドックなどで行なうように心がけましょう。

どちらも技術はどんどん進歩してきています。以前は口からのものしかなかったカメラですが、最近は鼻から半分程度の太さのものを入れればよいだけとなったので昔よりは着実に楽になってきているのです。



痛みに弱いという方や、病気ではないか不安があるという方は特に、病院をいくつか調べてできるだけ楽に検査が受けられる最新機器のある病院を選ぶようにしましょう。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ