胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃カメラは検査の最適な方法

胃カメラは検査の最適な方法

病気の早期発見が重要



健康は生活や仕事をしていく上で重要で、健康が損なわれれば、仕事ができる人でもなかなか思うように仕事ができなくなってしまいます。そのため、定期的な健康診断を受けていると思いますが、それだけで本当に健康なのかを判断できるのでしょうか。実際に、血液検査や尿検査などがありますが、それだけでは本当の意味での体の健康診断をすることができません。胃がんなどによる体の異変を早期発見することができれば治る可能性が高くなります。以前は胃がんによる日本人の死亡率が高かったのですが、早期発見をすることで治療できる病気になっているのが胃がんです。以前ほどの死に至るほどの大病ではなくなってきているのが胃がんです。ただし、発見が遅くなると治る病気も治りません。

そこで、重要なのが定期検診をして病気の早期発見をすることです。胃カメラで検査をすることで胃の不調はすぐにわかります。胃カメラを飲むのは辛いものだと思っている人がほとんどですが、昨今は苦しくない胃カメラの検査を行う病院もあります。胃カメラで検査をすることで、病気の早期発見ができます。40歳以上になると会社の方から毎年半日人間ドックでバリウムを飲んで、胃のレントゲン写真を撮ることが一般的になっています。バリウムでも胃の異常を発見することはできますが、胃カメラを飲んで検査をする方が、より胃の異常を発見することができます。半日人間ドックでもバリウムか胃カメラのどちらかを選ぶことができます。胃カメラの場合はバリウムよりも費用がかかりますが、会社から費用の補助が出たり全額負担してくれるところは結構あります。

胃カメラは検査の時に飲み込むのがきついと思っている人には朗報です。最近のものは小型化されていて、検査の時に胃カメラを飲んでも痛みもなく、苦しくないカメラもあります。若い人でも定期的に胃カメラを飲んでから検査をしたほうが早期発見ができて、何か異常が見つかっても、日帰りで悪い箇所の治療をすることができます。胃がんであっても検査を行い異常が発見された場合は、その場で治療を行うことができる病院もあります。バリウムで胃のレントゲンを撮るよりは解像度の高い内視鏡で検査をしたほうが早期発見できます。



胃にもいろいろな部位がある



胃の検査をするとき、専門医に見てもらうと、胃の異常を早期発見してもらえますし、発見後の治療もスムーズに行うことが出来る場合が多いです。胃がんになる前兆までも見分けることができて、胃がんになる前に早期治療ができます。胃がんの原因となるのは喫煙や生活習慣、ピロリ菌感染や塩分の過剰摂取などと言われています。胃カメラでの検査では胃の中の色の変化まで鮮明に見分けることができて、早期発見、治療をすることができます。

早期治療をするには内視鏡検査と内視鏡治療が効果的で、その日のうちに検査と治療までできます。単純に胃と言っても、部位毎に見ていくとそれぞれの部位の異常を見ていくことが出来るのが内視鏡です。

胃の入り口付近の噴門部が最初にあり、胃体部大弯側、小弯側が見えてきます。そして胃角部小弯側などを見ていけます。ガンの発生しやすいのが部位をハイビジョン映像で見ることができるので、ちょっとした異常でも発見することができます。



胃カメラでは胃だけではなく他の消化器官の異常も発見できる



内視鏡を使った検査は、バリウムと違って胃まで到達するまでに食道などもカメラで撮影することができます。胃だけではなく食道までも検査することができて、何か異常があればその場でどういう状態なのかを見ることができます。特に食道の場合は、検査をしていないと自覚症状が遅れてしまって、気づいた時にはガンが進行していて手がつけられないということになりかねません。そうならないようにするには、定期的に食道も内視鏡で検査をすることをお勧めします。

食道ガンの早期発見ができて、末期ガンになる前に事前に発見して治療することができます。胃ガンに限らず、食道ガンの早期発見もできます。内視鏡検査はガンの早期発見では欠かせないものです。食道ガンの場合は、ある程度ガン細胞が大きくならなければ、食べ物が喉を通過するときに違和感を抱きません。違和感を抱き始めた時には、すでにガン細胞が大きくなってきています。食道ガンだけではなく、逆流食道炎などを胃ガンなどと勘違いしている人も多く、胸焼けを起こしたりする本当の原因を見つけることも出来ます。

それだけ的確な診断が出来るのが胃カメラによる検診です。胃カメラを飲んでから映像で見ていくことで、異常を感じている時の本当の症状を的確に見つけることが出来ます。内視鏡検査と治療を専門にしている病院などもありますので、そういった病院で一度検査をしてもらうと食道・胃・大腸までも内視鏡で検査をすることが出来ます。病気の早期発見は重要なことで、それには内視鏡は効果的です。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ