胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃カメラを使って見つかる代表的な疾患の例は?

胃カメラを使って見つかる代表的な疾患の例は?


胃カメラを使ってわかる代表的疾患



検査として非常にポピュラーなものとして定着しつつあるのが、胃カメラを使った検査です。胃カメラとは、長いチューブに小型カメラを装着した医療検査器具のことで、検査対象者にそのカメラを飲み込んでもらって、口から直接胃の中を検査することが出来る検査方法です。

字面を見ると、少し恐怖を感じるかもしれませんが、全く負担なく行うことが出来る検査方法を確立している病院も多く、以前検査を行った時に大変な思いをしたという方でも、現在の検査を行ってみると、全く問題なく楽な検査だったと感じている方は少なくありません。そんな胃カメラによる検査ですが、検査を行うことで、具体的にどのような代表的疾患を発見することが出来るのでしょうか。

まずは、胃腸炎や胃潰瘍など、胃に何らかの大きなトラブルが起きた際に発症する病気です。発症原因は人によっていろいろと挙げられますが、主にストレスや疲労、寝不足や食生活の乱れなどが原因で発症するものもあれば、ウイルス性で発症するものもありますので、詳しく見て検査を行うことで、原因を識別し、治療方法を確立しやすくなるでしょう。

次に、ポリープや胃がんなどの腫瘍に関してです。こちらの病気は特に重い病気で、命に関わる可能性が高いと言えますので、早期発見、早期治療を行うことが非常に重要になります。質の悪いことに、これらの腫瘍に関する病気は初期症状が現れにくく、自覚症状が現れるタイミングでは、既に他の部位にも転移をしてしまっていたり、手遅れな状態である場合があります。そんなことにならないためにも、出来るだけ早めに病気を見つけて、治療を開始することが必要です。



疾患の症状などについて



こうした検査で見つけることが出来る病気は数多くありますが、代表的な疾患として挙げられる病気には、どのような症状があるのでしょうか?病気の進行具合やその人によっても異なりますが、いくつかの病気についての症状をご説明します。

まず、ポリープやがんなどの腫瘍に関する病気です。初期の段階では自覚症状がほとんどなく、病気が進行するごとに、食欲不振や吐き気、患部の違和感や出血、痛みなど、様々な症状が現れることで知られています。また、がんの場合は悪性腫瘍ですが、ポリープの場合は、良性のものもあり、見た目がそこまで変わらないため、万が一検査で発見された際には、どちらかを判断するためにも、切除手術を受けることをおすすめされることが多いでしょう。

次に腸炎や潰瘍などの胃そのものにダメージがある場合の病気ですが、こちらの場合は初期症状が現れるのが早く、代表的な例としては、患部の強い痛み、食欲不振、吐き気、下痢や発熱、嘔吐、吐血など、多くの症状が現れやすいです。これらの症状が併発することが多く、症状が増えていくにつれて、病気自体もどんどん悪化していると言えるでしょう。また、潰瘍や腸炎などが起きる原因としては、ウイルス性のものもありますが、ウイルス性の場合は脱水症状などが発生するケースもありますので、十分注意をする必要があります。

このように、病気によって様々な症状が起きる可能性がありますが、いずれの病気にしろ、早期発見、早期治療が非常に重要となりますので、定期的な検査が大切になるでしょう。



早期発見・早期治療が大切



病気は何事も、早期発見・早期治療を行うことが大切です。自覚症状が出てから検査を行うのでは、時すでに遅し、という場合が多いため、出来るだけ定期的に検査を受けるようにして、少しでも病気のリスクを下げることが大切になります。胃に関しての病気は、特にこの傾向が当てはまるので、症状が悪化してしまう前に、早めに定期検診を受けるようにしましょう。

胃カメラのみの検査などを用意している病院も多く、日帰りで検査をすることが可能な病院も数多くありますので、そうしたプランを利用することで、仕事などに影響なく検査を行うことが可能です。診断結果も、基本的にその場で伝えられることがほとんどですので、自分の健康状態をいち早くチェックすることが出来ます。

ただ、腫瘍などがある場合は、その腫瘍の状態をチェックするための切除手術や、炎症が起きている場合には、更に詳しく検査をするが必要がありますので、その場合は改めて検査の予約をしなければなりません。病院によっても異なりますが、プランによっては、本人のスケジュールさえ許せば、当日に検査を行うことが出来る場合も多いので、万が一のことを考えて、早めに検査を受けることを心がけるようにしてください。

また、検査が苦しいというイメージを持っているため、診察をしてもらいたくないと考えている方もいるかもしれませんが、近年検査方法は進歩しており、以前に比べて検査は格段に簡単になっています。無痛で行うことが出来る病院もあるようですので、探してみることをおすすめします。

次の記事へ

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ