胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME  >  コラム  >  胃カメラを鼻に入れて鎮痛剤を使用し痛みの少ない検査を実現

胃カメラを鼻に入れて鎮痛剤を使用し痛みの少ない検査を実現

鼻から入れる胃カメラの特徴



胃カメラと聞くと、苦しみを想像される方も少なくありません。基本的に検査の機会は少なくなく、会社の健康診断や人間ドックで行われる検査です。胃の中の健康状態を把握するために行われる検査です。そのため、実際に経験されたことがある方は少なくありません。特に、昔苦しみを感じた方はこの先検査を受けたくないと思われた方も少なくないでしょう。現在においては、医療の進歩によって鼻から胃カメラを通すことができるようになりました。鼻から胃カメラを入れることで、どのような様々なメリットを検査を受ける方は得られます。

例えば、咽頭反射が起こりにくい点です。咽頭反射とは舌を下に押された時に現れる反射で、嗚咽を感じます。誰でも咽頭反射は経験があるでしょう。口からカメラを通す時は咽頭反射は起こりやすくなります。一方で鼻から入れる時は咽頭反射は少なくなるため、辛さを軽減できます。会話ができる点も特徴です。通常、喉からカメラを通す時は当然声を出すことができないため、医師と会話をしながら検査を受けることは困難です。鼻からカメラを入れるケースでは医師と会話ができます。医師と会話ができることで安心感を得られる方もいるでしょう。

鎮痛剤の量が少ないことも特徴として挙げられます。基本的に口からカメラを入れる時は大きな苦痛を伴います。苦痛を和らげるために鎮痛剤を投与して検査をするのが一般的です。鼻からカメラを入れる時は苦しみが少なく、鎮痛剤も多くの量を使用しなくても辛さを感じにくくなります。使用する鎮痛剤が少ない分、検査を受ける方の負担が少ないため、食事なども数時間程度で食べられるようになります。しかし、鎮痛剤をする場合、検査後は病院で休む必要があります。また、帰れる状態になっても車の運転に関しては支障をきたす可能性がある方もいるため、送り迎えなどをしてもらうなど、安全に帰宅できる環境を周囲の方にサポートしてもらいましょう。

では、口から入れる胃カメラとどのような点が異なるのでしょうか。例えば、カメラの管の太さです。以前から使用されている口から入れるタイプのカメラの管は直径が約8から11ミリです。比較的太くなっています。鼻から入れるタイプのカメラの管はおよそ直径が5ミリになります。従来のタイプよりも太さが二分の一になっています。また、管の先端には胃の中を照らすためのライトや組織を採取するためのハサミのようなものが搭載されています。検査を受ける時はしっかりと医師と相談をして検査を受けるのが一般的です。

このように、様々なメリットがある鼻から入れる胃カメラでも受けられない方はいるのです。例えば、鼻に疾患がある方です。従来の管に比べて細くなっているとは言え、蓄膿症など鼻に疾患がある方は医師に相談をします。また、器質的な問題がある方も医師と相談をして検査を受けるようにしましょう。



胃カメラからわかる病気



胃カメラはエコ検査とは異なり、直接カメラを胃の中に通して検査を行うため、数多くの疾患を発見することができます。ではどのような病気を発見できるのでしょうか。例えば癌です。現在では人間の命を脅かす病気として、数多くの方に知られている病気です。

癌の特徴は軽度の場合、自覚症状がないという点です。基本的に多くの病気は軽度であっても自覚症状があります。例えば胃腸風邪を例にとれば腹痛や吐き気など軽度の症状が現れます。また、適切に治療を行えば改善できる可能性があります。一方で、癌は自覚症状がないのにも関わらず命の存続を脅かす重大な病気です。自覚症状がないため、身体に変化が現れることが少なく、場合によっては他の臓器にも転移する可能性があります。そのため、軽度の時に発見をするために、定期的に胃カメラの検査を行うことで早期発見しやすくなります。

癌以外にも十二指腸潰瘍やクローン病など、様々な病気を発見することができます。もし癌に対して不安がある方や健康状態を確認したい方は鼻から入れる苦しみの少ない胃カメラで検査をされてみてはいかがでしょうか。



胃腸内科クリニックが提供するその他の検査について



胃腸内科クリニックにおいては胃カメラだけでなく、大腸内視鏡検査を行ってくれます。大腸ガンの早期発見や健康状態を確認するために検査を受けます。大腸ガンはポリープから癌に変わる他の癌に比べて早期発見が重要とされる癌です。

胃腸内科クリニックでは、日帰りの内視鏡簿リープ切除にも対応してくれるため、金銭面、時間負担を軽減し、幅広い患者さんが快適に検査ができるように配慮してくれます。また、胃腸内科クリニックでは健康状態をしっかりと把握するためにハイビジョンモニターを搭載しています。

基本的に大学病院などで設置されているモニターはサイズが小さく、高精度な診断が実現しにくいです。一方でハイビジョンモニターにおいては画面のサイズが大きく、質の高い診断を実現しやすくなります。

国立がん研究センター中央病院で習得した技術!
大腸内視鏡検査の専門医 内視鏡検査(胃カメラ)

次の記事へ
▼よく読まれているページ
1位 検診などのオプションで腫瘍マーカー採血を無駄に行っていませんか?
2位 PET検査は「がん」を早期で見つけるための「がん検診」には適していないことをご存じですか?
3位 鎮静剤を使用する内視鏡検査のメリットとデメリットについてご存じですか?
4位 大腸がん検査を便潜血検査だけで済ませていませんか?
5位 会社の検診での胃バリウム検査だけで済ませていませんか?

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療、 休診日/水曜・祝日

月・木・金の10時から16時、火の10時から13時、土・日の10時から14時は主に内視鏡検査・治療をおこなっておりますので 基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ