胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

スペックの高い内視鏡で大腸検査

スペックの高い内視鏡で大腸検査

スペックの高い内視鏡で大腸検査


※イメージ画像です
健康診断の便潜血検査が陽性であったり、腸の調子がおもわしくない時には大腸内視鏡検査が行われることがあります。その検査は事前に日時を予約し、前日には専用の食事を指定され、当日は絶飲食で検査前には下剤を使って大腸を空っぽにしてから検査を受けることになりますが、その検査が肛門から内視鏡を入れるという気持ち悪くて苦しい検査となってしまいます。しかし病気の発見のため、健康維持のためには我慢して受けなければなりません。

ところが医療の進歩で、苦しくなく受けられる内視鏡検査をしている病院があります。そこでは高精度でスペックの高い機器を用いて熟練した医師が検査を行っています。個々の体に合わせて鎮静剤を使い検査中はうとうとしていて気づいたら終わっていたということになります。そして高精度の機器を用いることで通常の内視鏡では発見できないような早期のがんも見落とすことなく見付けることができるのです。通常のものよりも100倍くらいに拡大することができるので、何らかのポリープが見つかってもそれががんを表すものであるかどうかを拡大して見分けることができるのです。また画面に映る画像も高精度ではっきりと映るので少しの病変による色の違いなどもよくわかるようになります。





このように鎮静剤を使う検査でも熟練した医師によって量を考慮してもらえるので安心ですし、一度検査を受けるだけでごく早期の病変が分かりそれが悪性であるかどうかを見抜くことができ、早期なら一回の検査の中で切除してもらうことも可能になります。

このような検査は大腸だけでなく胃でも同じで、最近は口から入れるのではなくて鼻から入れる内視鏡の方が苦しさや気持ち悪さがましだということで用いられていますが、それでもまだ口から入れる通常のスペックと変わりがなくごく早期で粘膜の色が少し変わっただけのものは発見されにくいのですが、高精度の機器を使うことにより、発見しやすくなっています。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト