胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

バリウム検査に代わるカプセル型胃カメラの検査

バリウム検査に代わるカプセル型胃カメラの検査

バリウム検査に代わるカプセル型胃カメラの検査


※イメージ画像です
胃の健康診断において最も一般的なのが、よく「まずい」と言われるバリウムによる検査です。バリウム検査は、胃がんだけでなく食道がんの早期発見にも用いられるものです。バリウムは若干とろみがあり、万が一胃や食道にがんがある場合、バリウムを飲用すると粘膜に付着するため、がんの有無が判明しやすくなります。また、バリウム検査では検査台が左から右へ方向を変えながら、身体のレントゲン写真を撮影していきます。これは、バリウムが胃や食道の粘膜表面を滑り落ちていく時に、潰瘍やポリープの有無を調べているのです。



正常な粘膜であれば特に問題なく滑り落ちていきますが、潰瘍やポリープが出来ていると細かいしわのような模様が出来ており、そこにバリウムが溜まっていきます。レントゲン写真にもこの模様がはっきりと写るため、バリウム検査ではがんだけでなく潰瘍やポリープの有無も判断できるのです。ただ、バリウム検査で判明することは、あくまで潰瘍やポリープの「疑い」に過ぎません。症状の大半は特に心配する必要がないものの、中にはがんの初期症状が疑われるものもあります。そのような場合、「内視鏡検査」を受けることになります。内視鏡検査は、名前の通り内視鏡を身体の中に入れて行う検査です。内視鏡を通じて映されるモニターで異常の有無を検査するもので、5分から15分程度で終了します。この内視鏡検査ですが、最近はカプセル型のカメラを身体の中に取り込むことで行う検査もあります。



今までの内視鏡検査では、チューブのようなカメラを胃の中に入れて検査をしていたものの、その形状ゆえに患者への負担計り知れないものでした。それに代わって登場したのが、カプセル型の胃カメラです。カプセルという名前の通り、幅1センチ、長さは2.5センチと非常に小さく、口から簡単に飲み込むことが出来ます。通常の内視鏡と異なり、チューブが一切付いていないため、検査終了後は消化器官を通じて肛門から排出されてしまいます。身体から排出されるまでの間に体内の写真を専用の受信装置に送信し、医師がその写真をもとに検査を行います。この検査方法は、チューブを身体に入れる必要がないだけでなく、前述のバリウムを飲む必要がありません。バリウムを苦手とする人が多い中、この検査方法は非常に画期的といえます。また、小腸などの消化器官の検査も併せて行えるのも大きなメリットです。ただし、検査にかかる費用は通常より割高で、保険適用で3万円程度、保険が適用されない場合は10万程度かかります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト