胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

人間ドックの胃カメラは実施機関によって違いがある

人間ドックの胃カメラは実施機関によって違いがある

人間ドックの胃カメラは実施機関によって違いがある


※イメージ画像です

人間ドックで、胃カメラの検査も行う場合どこの医療機関でも同じだろうと考える方が多いですが、実際は医療機関によって、検査が苦しいかどうかには大きな差があります。それは、検査を行っている診療所や病院がどのような検査方法を採用しているかによって違ってきます。



胃カメラの検査は、大きく分けて鼻から行うものと口から行うものの2種類があります。それぞれの検査にメリットとデメリットがありますがそれは、患者さんの状態によって違ってきます。このため良い医療機関の場合には、患者さんの状態にあった方法を選択してくれるので苦痛がより少なく安全に検査を行うことができます。



まず、鼻からチューブを入れて検査を行う方法ですが、この方法は口から検査を行う場合に比べて咽頭反射が起こりにくいので王都を起こしにくいです。最近は以前よりも検査のチューブが細くなってきているため鼻から入れる場合も苦痛が少なくなってきています。しかし、鼻に疾患がある場合は行えませんし、鼻腔が狭い場合は鼻出血が起こることもあります。また、検査後に鼻が痛む場合もあります。麻酔薬などを使用しないので、薬の副作用が心配な方にはおすすめです。



次に、以前から一般的に行われてきた口からチューブを入れて胃カメラを行う方法です。咽頭に、麻酔のスプレーやゼリーを塗布し麻酔をかけて行います。以前よりも、カメラのチューブが細くなっているので苦痛が少なく検査できる方も多いです。しかし、咽頭反射といって嘔気を起こす反射が強い方の場合はチューブを入れた時の刺激で吐き気が起こってしまい検査が行えない場合もあります。しかし、口からの場合は鼻出血を起こすことはありませんし、もともと食べ物が通るようにできていますのでリスクは少なく実施することができます。



最後に、最近一般的になってきた鎮静剤や作用の短い麻酔を使って検査を行う方法があります。この方法の一番の特徴は、うとうととしている間に検査が行われるため苦痛がないことです。検査中は、眠っているような状態で気が付いたら検査が終わっていたという方がほとんどです。



この検査は、静脈から注射で鎮静剤や弱い麻酔薬を注射して行われます。口からチューブを入れますが眠っている状態なので咽頭反射も起こらず痛みも感じません。手術で行われる麻酔と違い、大きな声で呼びかければ簡単に目を覚ます程度です。時間も短時間で10~15分程度で目を覚まします。不安が強い方や、咽頭刺激が強かったり、鼻腔が狭い方でも行えます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト