胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

全身麻酔を使った胃カメラ検査について

全身麻酔を使った胃カメラ検査について

全身麻酔を使った胃カメラ検査について


※イメージ画像です

胃カメラというと、鼻やのどからカメラを入れて検査を行うため苦痛が強いというイメージですが、最近では苦痛をより少なくするためにいろいろな方法で検査を行うことが多くなってきています。胃カメラの検査には、鼻から行うものと口から行うものがあります。それぞれの検査は、その方の状態によって選択されますがこれらの中で一番苦痛が少ない方法は全身麻酔や鎮静剤を用いて眠った状態で検査を行う方法です。



鼻から胃カメラのチューブを入れる場合鼻出血などが起こることがありますし、鼻の疾患がある方はできないことがあります。また、検査後に鼻が痛むことがあります。しかし、全身麻酔下での胃カメラ検査の場合は口から検査を行うことが多いので、鼻出血などのリスクは少なくなりますし、検査後の痛みもありません。



口からの検査は、出血のリスクなどは鼻からより少ないものの咽頭の反射が強い方の場合、検査の刺激で嘔気が起こってしまい行えない場合も多くあります。しかし鎮静を行ったり全身麻酔で行う場合にはうとうとしていますので反射も起こらず、問題なく検査を行うことができます。



検査の順序は、まず静脈に点滴を行いそこから作用が短い麻酔薬を注射します。薬の内容は、今まで飲んだことのある安定剤や体格、依然行った検査での麻酔の効き方などを考慮して選択されます。鎮静剤や麻酔薬などが使われますが、手術の場合など度違いその作用時間は10~15分ととても短いものなので、副作用もほとんどありません。



検査は、うとうとと眠っている間に終わります。いつの間にか終わっていたというのがほとんどの人の感想です。痛みは検査前後ともにありませんので最も苦痛が少ない方法です。患者さんが動いたりすることもないので、しっかり検査を行うことができますし、麻酔からの覚醒が悪い方の場合は、拮抗剤を投与してしっかり目が覚めるようにします。



全身麻酔の検査中は、医師をはじめとした複数のスタッフが立ち会って検査を行います。また、モニターをつけて血圧や心拍数などを管理しながら行われますので安心です。怖い思いをしたり苦しい思いをすることがないので、不安が強かったり痛みに弱いと思われる方でも検査が行えます。



検査後は、目が覚めてからもしっかり麻酔から覚めるまで病院のベッドで休んでからの帰宅になります。そのあいだも、病院のスタッフが状態を観察してくれるので心配ありません。しっかり、麻酔から覚めたのが確認されて血圧や脈拍が問題ないことを確認してから帰宅します。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト