胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

内視鏡で大腸を検査して病気を早期発見しよう

内視鏡で大腸を検査して病気を早期発見しよう

内視鏡で大腸を検査して病気を早期発見しよう


※イメージ画像です

内視鏡で行う大腸検査



がんの早期発見や、ポリープの発見などをすることができる治療方法として活躍している検査が、内視鏡検査です。近年の内視鏡検査の発展は目覚ましく、中には、無痛で検査を終わらせることができる技術を持っている病院もあると言われています。そんな内視鏡検査ですが、いわゆる胃カメラのみではなく、大腸の検査を行うことができることでも知られています。大腸の検査を行うことで、同じように、大腸がんの早期発見やポリープの発見を始め、必要に応じてポリープの切除などを行うことができると言えるでしょう。

検査方法は病院によっても異なりますが、大腸の中を空にするために、検査を行う予約を行ってから、検査当日に下剤を利用したり、前日から絶食を行うなどをしておく必要があります。そのため、当日に病院に行って、すぐに検査を行いたいと言っても断られるケースが多いため、事前に予約を取るように心がけましょう。(病院によっては相談と状況次第で応じてくれる場合もありますが、非常に難しいと言えます。)

検査当日は多くの病院で改めて、患者の状態の確認などを行い、検査を受けても問題が無いかどうかがチェックされます。この検査の段階で、予約をしていても検査を受けることができなくなる場合もありますので、必ず医師の言うことをよく聞き、予約が無駄にならないようにできる限りのケアをすることが大切です。(当日高熱が出ている場合や、体調不良、食事制限を無視して食べてしまうなどを行ってしまった場合は、検査ができなくなる一例として知られています)

様々な病気を事前に発見することができるのが内視鏡検査の特徴ですので、定期的に必ず受診をすることをおすすめします。



初めてでも大丈夫?



内視鏡で大腸検査を行う際には、何かと不安になる方も多いかと思いますが、しっかりと医師の言うことを守れば、初心者でも全く不安に感じることはありません。初めての内視鏡検査の場合は、特にこのような点に注意をするようにしてみてください。

まず初めに、前日は基本的に絶食の指示が出されるケースも多いため、「食事制限がどのくらいの物なのか」「いつから絶食をするのか」を事前によく確認しましょう。こちらを守らないと予約をしていても検査ができなくなるケースもありますので、必ず医師の指示に従うことが必要です。また、検査当日には下剤などを利用して大腸の中を空にしてから検査が行われますので、こちらも医師の指示に従って行動をしていきましょう。

次に、大腸内に万が一、ポリープなどがあった場合、切除が必要であれば切除をするかどうか、切除が可能ではない場合は後日切除をするかどうかなど、切除をするかどうかの判断を事前に聞かれることがあります。いずれは切除を行うことが進められますが、できるだけ早く切除するに越したことはありませんので、特に金銭面的に問題が無いようであれば、事前に意思を伝えておくように心がけましょう。また、切除ができなければ後日になりますので、スケジュールを調整できるようにすることが大切です。

このように、検査を行う当日よりも前日などの前準備段階で注意をしておくことで、初めての方でも安心して検査を行うことが可能です。無痛で検査をすることができる病院も近年増加していますので、不安なときは、積極的にそういった病院を利用しましょう。



どんな病気を調べられる?



大腸の内視鏡検査は、様々な病気の早期発見や早期治療を行うことが可能と言われてますが、具体的にはこのような病気を発見することができるでしょう。

まずは、大腸がんに関してです。内視鏡検査の精度は年々上がっており、検査を行うことで非常に初期の小さながん細胞を発見することも可能になっています。切除を行うかどうかは病院によっても異なりますが、初期段階で切除ができれば再発や転移をしにくく、症状をそのまま抑え込むことができると言えるでしょう。

次に、ポリープに関してです。ポリープは良性・悪性のものとありますが、検査でこうしたポリープを発見、検査、切除することが可能ですので、ポリープが原因で発症するがんを初めとした病も、素早く発見し、対処をすることができると言えます。定期的に診断を行うことで、ポリープの損傷などの状態も防ぐことができますので、可能な限りこまめに検診を受けることが大切と言えるでしょう。

他にも、ギョウ虫やピロリ菌などの検査や、痔などの検査も行うことができるため、何らかの違和感を抱いている場合は、特にできるだけ早く検査を行うことをおすすめします。

がんは、老若男女に関係なく、いつ発症するかわからないものです。一度症状が進んでしまうとどんどん状態が悪化してしまい、最悪取り返しがつかない事態に陥ることもあるでしょう。しかし、早期発見早期治療をすることで再発を防止し、感知する可能性が高いと言えます。最悪の事態に発展してしまう前にも、こうした検診をこまめに受けて、健康的な生活を送るように心がけることが大切なのです。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト