胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

内視鏡検査と大腸の健康

内視鏡検査と大腸の健康

内視鏡検査と大腸の健康


※イメージ画像です

内視鏡検査の流れ



内視鏡検査は、どの検査でも不安になるものです。特に初めてとなれば、さらに不安も大きいかもしれません。実際に検査の流れはどの様になっているのでしょうか。病院によって、多少の違いはあるかもしれませんが、たいていの所が前日は普通に食事をして大丈夫です。その後、前の日用の薬を飲み、当日にも下剤を飲むようになります。腸が空になったのがわかるのが、肛門から出てくる粘り気のある液体です。それが出てきた段階で、ほぼほぼ腸内が空になったと分かります。二回薬を飲むので、お腹が痛くなるなどの症状がある人もいるようですが、ほとんどの人がスムーズに排便する事ができるようです。

その後、検査用の液体を飲みはじめます。病院では、診察をして体調を見ますが、その後、おしりに穴のあいたパンツのような施術着に着替えて、点滴を始めます。点滴は水分補給ですが、途中から弛緩剤を入れたり、薬を入れるための点滴です。その後、横になっておしりから麻酔を入れます。ゼリー状のもので、ひんやりしますが、すぐに感覚がなくなります。その後、内視鏡を入れていき、大腸を通過していきます。入れた時に痛いという人が多いようですが、実際には痛いというよりも気持ち悪いと感じる方がいらっしゃいます。ただし、腸を曲がる時には、少し圧がかかるので、痛みを感じることもあります。

そして直腸からS状結腸、下行結腸、さらに横行結腸、上行結腸、最後に盲腸という順で検査が始まります。途中で気になる部分などは、処置をしたり組織を採取したりします。基本的には1時間もかからないで終わる事が多いです。その後、ベットに少し休んでから帰る事になります。切除した所がある場合は、入院する可能性もあります。



内視鏡検査の費用



大腸内視鏡検査の費用は、胃カメラ検査の2倍くらいが相場です。その病院によっても変わってきますが、普通のMRIの検査とさほどかわらないくらいの費用です。胃カメラの倍くらいはかかると思ってもらって構わないです。中には、胃カメラと大腸内検査を同時に行える病院もあるらしく、そういった所では多少の割引もあるようです。大腸検査の特徴は、ポリープや炎症などの施術をその場で行えるということです。ポリープにしても炎症があったにしても、組織を採取し、検査にまわします。

その後、数週間後に検査結果を知る事ができます。ガン性のものなのかもそこで見ることができます。ガン自体があった場合にも処置ができるようになっています。その際に費用が発生してきています。ポリープ手術をした場合、1カ所に付、追加料金が発生してしまいます。その場合は、切除した後の組織解剖の価格はもちろんですが、消毒などのケアなども含まれます。もしポリープが多かった場合は、3カ所あるとなると、組織採取だけの場合は、少し価格が下がります。炎症などがあった場合も同様で、ポリープにしても炎症にしても、その日に行ってみないとわからないのが検査なのですが、多少多めに持っておいた方がよさそうです。

また3か所以上はそれ以上費用が掛からず、同じ費用の病院が多いです。こういった場合、検査だけでは医療保険はおりませんが、ポリープを切除した場合には保険がおります。かけているプランにもよりますが、費用以上の保険がおりて、検査料が賄えたという声もよく聞きます。検査に行く前に、保険の見直しもしてみると、心強いかもしれません。



無痛内視鏡検査とは



内視鏡は痛くて、耐えられないという話をよく聞きます。検査によっては合わずに、のたうちまわるほどの痛みで耐えられなくて途中でやめてしまうという人もいるくらいです。今は、無痛内視鏡検査というのもあります。無痛内視鏡検査には2種類あり、下剤を使わずに行える検査と、睡眠検査と呼ばれるものがあります。下剤を使わない検査は、普通の内視鏡と違って、2リットルの液体(下剤)を飲まずに行えます。その代り、胃カメラ検査と同時に行うことになりますが、胃カメラ検査の後に下剤を注入していきます。そうすると、胃カメラが終ったあとに、排便がでてきます。そうする事で排便回数が少ない事から腸内への負担が少なくなります。

睡眠検査は、鎮痛剤を投与する事によって、意識レベルを低下させて、検査や治療を行う方法になります。起きてるか寝てるか本人が分からない程度で、知らないうちに終わっていた、というほど楽にできる検査になっています。完全なる意識がなくなるわけでなく、よびかけにこたえられ、体の位置を変えることもできます。しかしぼーっとした状態で受けているのもあって、腸内の痛みも感じることなく、検査も治療も受けることができます。副作用を心配する声もありますが、鎮痛剤の量によって、調整する事ができます。

また無痛の場合は、緊張もほぐれているので、腸内がキレイにうつる事も多いです。そうする事で、腸内の検査がスムーズにする事ができます。そうする事で、痛みが強いことで避けたくなる検査も、敷居が低くなりより早期発見へとつながります。ここ最近では無痛の検査を取り入れている病院も多く見受けられています。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト