胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

再検査での胃カメラで発見できる病気

再検査での胃カメラで発見できる病気

再検査での胃カメラで発見できる病気


※イメージ画像です
健康診断で再検査になった場合胃カメラをする必要があります。胃カメラは胃内視鏡検査といい、鼻や口から小型のカメラを挿入して観察する精密検査です。内視鏡検査は苦しいと思っている方が多いですが、最近では無痛内視鏡検査といって体に負担をかけない検査方法もあります。

 無痛内視鏡検査では一人一人に合った鎮痛剤を調合して検査前に注射を行います。その人に合った鎮痛剤を調合することによってほとんどの人が検査中のことをあまり覚えていないかなんとなく記憶がある程度となります。嗚咽がでるような苦しい内視鏡ではないため体に負担をかけることなく検査を終えることができます。



 再検査は胃カメラの他にも大腸検査を行うこともあります。両方とも検査を行う必要がある方は同日に続けて検査を行う事ができます。さらにポリープがあった場合その場でポリープを切除する事ができる日帰り内視鏡ポリープ切除をする事ができます。通常ポリープを発見した場合、組織検査だけ行い後日改めて下剤を飲み直してポリープ切除を行ったり、入院をしてポリープを切除する必要があります。しかし、それでは患者に時間的・身体的そして金銭的に負担がかかるため、検査と同日に切除を行う事も可能です。



 内視鏡検査で判明する病気としては食道がんや胃がんなどの悪性腫瘍の他に逆流性食道炎、急性胃粘膜病変、十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染症などが挙げられます。特に再検査を行う場合は食道がんなどの悪性腫瘍がないか重点的に調べることとなります。悪性腫瘍は内視鏡検査で早期発見する事が出来れば完全治癒の可能性のある病気です。そのため、定期的に検査を行い早期発見することが推奨されています。逆流性食道炎は酸性の強い消化中の食べ物が食道に逆流し食道が炎症を起こす病気です。この病気は難治性になる場合もあるため、早期の発見と治療が必要となります。ピロリ菌は日本人の50%が感染していると言われています。ピロリ菌は十二指腸潰瘍やがんの発生に深くかかわってくるのでこちらも感染がわかった場合すぐに治療する事が大切です。ピロリ菌は内視鏡検査だけでなく血液検査、呼気検査、尿検査などで感染しているか診断することができます。

 内視鏡の流れとしては、前日の夕食は軽めにし夜9時までに済ませます。9時以降水分を取る事は可能ですが水やお茶などの透明な飲み物以外のものは避ける必要があります。当日は朝食を抜き、お腹の中を綺麗にする薬液を飲み鎮痛剤を注入してから検査を行います。検査は10~20分程度で終わりその後、体を休めた後に医師から検査結果を聞く事になります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト