胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸に負担をかけない内視鏡の挿入法とは

大腸に負担をかけない内視鏡の挿入法とは

大腸に負担をかけない内視鏡の挿入法とは


※イメージ画像です

人間ドックで内蔵に腫瘍や傷などがないかを調べる為に用いられるのが内視鏡です。

大腸を調べる場合、肛門から小さなカメラを入れることになるわけですが、

これがその病院にもよりますが思っているよりも辛く、痛みも伴うことがあります。



中には常に最新の方法を取り入れて痛みを極力緩和してくれる所もありますから、

人間ドックを受ける際にはそういった所まで下調べするのもいいかもしれません。

またそもそも、なぜ内視鏡を入れる時に痛みを伴うのでしょうか。



それは、内視鏡を入れる際に空気も一緒に入るからです。

空気を入れすぎることで腸管はパンパンに膨らんで延びてしまい、曲がりくねることになリます。

これだけでもお腹が張って、苦しくなってしまいます。



同時にそこに内視鏡を入れることによって大腸を伸ばすことになり、

それが痛みを引き起こす要因にもなっています。

つまり、空気を入れすぎない、全く入れないことが痛みのない挿入法になるわけです。



無送気直線的挿入法と言われているもので、

空気を全く入れず、むしろ貯まっている空気を吸引することによって、

膨らんで曲がっていた大腸がしぼみ、やがて直線状になっていきます。

つまり、お腹が張ったり大腸を無理に伸ばす事が無くなるということになります。



その状態を作ったうえで腸のひだを手前に引き込むように して進んでいきます。

従来のように押し込むのではなく手前 に引き込むことで痛みを減らすことになります。

直線状にすることで押したりすることがなく、ただ真っ直ぐ進めていくだけでいいので、

身体に掛かる負担も少なく、検査自体が非常に楽になります。



その後、炭酸ガスを送り大腸を広げることでひだの裏に隠れたポリープなどを探しやすくします。

空気ではなく炭酸ガスなのは、炭酸ガスは空気と比べて腸管から血液へ吸収されやすく、

呼吸によって速やかに肺から体外に排泄されるからです。

従来の空気では腸管内から抜け切らず、それ自体も苦痛の原因となっていましたが、

炭酸ガスにすることで検査後の苦痛も最小限に抑えることが出来るようになりました。



このように常に身体への負担を考慮して最新の内視鏡挿入法が開発されており、

痛みや不快感は従来の物に比べて格段に軽減されてきています。

人間ドックは受けたい、けど痛いから敬遠しているという人は、

無送気直線的挿入法を導入しているかを確認してみましょう。

もし取り入れているのであれば一度人間ドックを受診し、

身体のメンテナンスを進めてみてはいかがでしょうか。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト