胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸の内視鏡でわかる病気とクリニックの勧め

大腸の内視鏡でわかる病気とクリニックの勧め

大腸の内視鏡でわかる病気とクリニックの勧め


※イメージ画像です

大腸の内視鏡検査をすることによってどのような病気がわかるの?



現在では医療の進歩は目覚ましく、多くの病気に対処することができるようになっています。病気を患っている患者の対処だけでなく、検査に関しても進歩しているのです。

現代の病気で多くの方に恐れられている病気はガンです。ガンは初期症状が明確に現れることが少ない反面、放置をしておくと命にかかわるケースに発展することも少なくないので、日々、健康のために努力をされている方が多くいるのです。

日本人はガンに対する意識が他の国に比べて薄くなっています。特にアメリカなどと比較すると、検診などを定期的に行っている日本の方は少ない傾向にあるのです。がんによっては、定期的に検査をすることによって初期症状がない場合でも発見することができたり、進行する前に対処できることもあります。

その中でも、特に大腸がんにおいてはその傾向が顕著に表れています。大腸のがんはポリープからがん細胞に発展することになります。そのため、内視鏡検査を定期的に行い、ポリープが発生したら取り除いておくことによってガンになるリスクを大幅に削減することができるのです。進行してしまうと命の危険を脅かす病気ではありますが、初期の段階で発見、治療をしておくことによって重症になってしまうことを防ぐことができます。その分、比較的苦しむことが少なく治療も行うことができるのです。

大腸の内視鏡で発見できる病気はガンだけではありません。その他にもクローン病を発見できます。クローン病は腸に潰瘍が出来る病気になります。腸だけでなく、口から食道、肛門にまで潰瘍ができることは珍しくなく、定期的に検査をすることによってクローン病になるリスクを低下できることもあります。また、患ってしまった際にも早期に発見することによって、大掛かりな治療をしなくても済むこともあります。クローン病の初期症状は下痢や腹痛になります。頻繁に下痢などをしてしまう人もいるので、初期症状だけでは自分自身でクローン病であると気づくことが難しくなっています。また、腹痛に関しても食あたりやたまたまお腹の調子が悪いだけであると自己判断してしまう方も少なくないため、クローン病であると自己診断することは難しくなっているのです。現在では、クローン病を改善の方向に持っていくことができる薬もあると言われているので、早期に発見をして改善をすることが重要になります。

クローン病やがんは自己診断が難しい病気ですが、その他にも自分で判断することが難しい病気があります。それは大腸憩室症です。この病気を聞いたことが少ない方も多いのではないでしょうか。この病気も初期症状などはほとんどなく、病気が深刻になっても下痢などの症状しか現れないことも少なくないため、内視鏡でしかわからないケースもあります。



内視鏡は苦しいのでは?



胃カメラにおいては苦しいイメージをされる方はとても多くいますが、大腸の内視鏡においても苦しみを想像される方はとても多くいます。しかし、先程も申し上げたように医療の分野の発展は目覚ましく、なるべく患者さんが苦しむことが少ない治療を心がけてくれるクリニックは数多くあるのです。

内視鏡の検査の進歩として挙げられるのが、モニターです。クリニックによっては、ハイビジョンモニターを設置して検査にあたってくれるところもあります。大きな画面で検査を行うことによって、今まで目視で確認することができなかった点を医師が把握しやすくなります。

さらに、麻酔においても変化しているのです。クリニックによっては鎮静剤などを使用して検査してくれるところもあるので、そのような検査をしてくれるところで診てもらうことによって、苦しみの少ない検査を実現することができます。また、待合室は個室を用意してくれるところもあり、プライベート空間で検査までの時間をゆっくりとリラックスして過ごすことが可能です。

このように現在では苦しみの少ない内視鏡を実現するために、クリニックによっては日々努力しているところも少なくないのです。



どのようなクリニックで大腸の内視鏡を受ければいいの?



基本的に苦しみなどを比較的感じることがない方は、自宅から近いところのクリニックに通っている方もいます。しかし、検査をしたい方の中には初めて利用するため、なるべく痛みの少ないところで検査をしたいと考えている方もいるのです。

クリニックを選ぶ際のコツの一つに、患者さんの立場に立って検査を行ってくれるかどうかが挙げられます。クリニックの患者さんに対する姿勢はクリニックのホームページなどでも確認することができ、画像などで確認をしたりすることも可能です。また、電話対応でも姿勢に関して知ることができることもあります。

その他のコツは、痛みが少ないかどうかです。痛みが少なければ少ない程快適に検査をすることができると考えるのが一般的です。痛みの少ない検査を提供してくれるクリニックの中には、鎮静剤などを使用して内視鏡検査をしてくれるところもあります。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト