胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸の内視鏡と患者について

大腸の内視鏡と患者について

大腸の内視鏡と患者について


※イメージ画像です
大腸内視鏡検査を受ける時には、病院の親切な対応は患者を安心させてくれます。緊張もする検査ですから、医療機関でのこうした対応は、とても助かるものです。 日本では消化器の癌死というのは、すべての癌の中であっても最も多いです。男女ともに大腸がんの死亡率は高いです。早期発見や診断を目的とすると、自分でなにかの異変を感じる前の、何もない状態で検査をしておくのが安心にもつながりやすくなります。



内視鏡検査をすることの大きなメリットとしては、検査をしたその場で病変を発見できますし、同時にポリープなどの切除治療をすることができて完治できることです。世界規模で見ても日本における大腸がんの診断や治療というのは、最高水準です。早いうちに検査を行って、何かしらの病変が早期の段階で発見されたなら、それは必ず治すこともできます。がん治療というのは、とにかく手遅れの症状にならないということも、感知へ向かわせる重要なポイントです。



内視鏡検査を受けて、早期の大腸がんであれば、それはほぼ100%治すことは可能です。しかし検査を先延ばしにして、手遅れの状態でがんを発見したとすれば、大腸のみならず、その壁を超えてしまい、がんがほかの臓器にまで広がってしまうことさえ考えられます。検査は抵抗感を持つ人は多いですが、そういった心理的な面にも病院側は配慮をしてくれているので、あまり不安を持たずに検査を受けることができます。



一般企業では健康診断を行いますが、それで便潜血反応が陰性と出たとしても、内視鏡検査を受けてみたら、実際にはポリープがいくつも発見されたということもあります。そういった例は、決して少なくはありません。早期の発見や治療を目的としているのであれば、本人の自覚症状が出てくる以前に、精密な検査をしておくことが大切にもなってきます。便潜血検査のみではなく、詳細のわかる検査も受診をすることでわかることもあります。



検査にあたっては、検査前日と検査をする当日に、下剤を服用して腸管をキレイにします。検査をするときには専用の検査着に着替えて、肛門から内視鏡を挿入していき、大腸全体を観察することになります。もしも何か病変が見つかった時には、その部分の細胞をほんの少し採取して、病理組織学的診断をします。だいたい15分くらいで終わる検査ですが、もしポリープが見つかった時には切除をするので、その分の時間はかかります。病院で検査を受ける日は、バイク屋自家用車の運転するのは控えましょう。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト