胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸の内視鏡検査にかかる時間

大腸の内視鏡検査にかかる時間

大腸の内視鏡検査にかかる時間


※イメージ画像です

大腸内視鏡検査とは、肛門から先端に高性能カメラがついた細いチューブの内視鏡を挿入して、盲腸までのポリープや腫瘍、炎症、その他の異常を観察する検査です。検査の時間は観察する内容にもよりますが、約15?30分程度です。大腸内視鏡は、直腸と結腸疾患の検査や判断のみならず、内視鏡での治療も可能です。便潜血陽性の際の検査、ポリープの経過観察、炎症性腸疾患の診断の他、治療として、主にポリープの切除を行なうことができます。

大腸内視鏡検査は大腸の中を観察して腸の病気などを見つけるために行なう検査のため、腸の中がキレイな状態になっていることが大切で、キレイになっていない場合は正確な診断ができないばかりか、検査が受けられない場合もあるため、検査前日までは指定された食事を摂ります。また、検査前に便を出して腸内を洗浄する必要があります。この洗浄については、自宅で行なう場合と、病院内で行なう場合があります。自宅で腸内を洗浄している場合は、病院での滞在は約2時間強で、病院内で洗浄を行なう場合は、約4?6時間程度は必要になります。

検査は楽な気持ちで受けます。鎮静剤を注射し、腸の緊張をやわらげる薬を注射する場合もあります。肛門から内視鏡を挿入し、医師がモニターに映った腸内を隅々まで観察します。検査は個人差はありますが約15分?30分程度で終了です。検査が終了したら検査が終わったら横になって少し休みます。気分が悪い場合などは医師に伝えます。

検査後の注意点は、お腹が張ってくるため、我慢せずにおならを出します。車の運転は検査当日は禁止で、翌日から運転可能です。飲食は1時間後から可能で、激しい運動は避けお風呂はシャワー程度にします。検査当日は便に少量の血液が混じる場合がありますが心配はいりませんが、気になる症状がある場合は医師に相談します。検査結果は後日、外来にて聞く事ができます。

大腸がんは増加傾向にありますが、ある程度進行してしまうまで自覚症状がないことも問題です。早期発見できれば治療も可能で、ほぼ100%完治します。健康診断などで便潜血検査で陽性になった場合は、検査を行なうことが重要なことで、出血するまでに至っていない早期のがんを発見できるだけではなく、がん化の可能性があるポリープをない視鏡で切除することも可能です。

健康診断の便潜血反応が陽性、血便が出る、便が以前と比べて細くなった、便秘と下痢を繰り返すなどの症状がある場合は、検査を受けることが良い選択です。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト