胃・大腸内視鏡検査の専門医が安心で質の高い医療を提供

文字サイズ:

胃・大腸内視鏡専門クリニックの当院は完全予約制です お電話からのご予約はこちら 045-914-7666 受付 9:00~19:00(火14:00まで 土日16:00まで)

24h 365日 予約受け付けます

大腸内視鏡検査【たまプラーザ南口胃腸内科クリニック】HOME   >  

コラム   >  

大腸の内視鏡検査には保険を使う事が出来るのか

大腸の内視鏡検査には保険を使う事が出来るのか

大腸の内視鏡検査には保険を使う事が出来るのか


※イメージ画像です
病気の治療、検査などに関しては健康保険が適用され、その人の年齢によって違いますが社会人の場合は3割の負担額で検査を受ける事が出来ます。

ただ、審美面を気にする治療やそのための検査の場合は適用外となってしまうので、全額自己負担となってしまうので注意が必要です。

では、もしかしたら病気かもしれない、病気の早期発見の為に検査を受ける場合は保険適用となるのでしょうか、それとも適用外となるのでしょうか。



大腸の内視鏡検査をする場合、既に何らかの異変を感じている場合は病気の発見・治療のための検査と言う事が予め分かっています。

では、全く症状が出ていない、ただ健康の管理の為に検査をする場合、お金の問題はどうなるのかと考える人もいるでしょう。

3割の負担であれば病院に行くが、全額自己負担となってしまうとなかなか行く事は出来ないと思う人もいるはずです。

しかし費用の事で検査を受けるかどうかを決めてしまうのはとても危険な事です。

もしかしたら自分の大腸の中にはポリープやがんが出来ていて、今の時点で発見すれば何ら問題なく治療する事が出来るかもしれませんが、このまま放置しておくと、いつかは悪化してしまう事があるからです。



実際には大腸の内視鏡検査の場合は、病気になっているかどうかを診断する為の物と言う事になるので、健康保険が適用されます。

したがって、検査費用に関しては整腸剤などを処方する費用と、検査の費用、さらに病理検査や処置の有無などによっても変わってきますが、大体1万円から3万円程度で調べる事が出来る様になっています。

ただ、この費用に関しては病院によってもかなりの金額に差が出る事もあるので、予めどれくらいの費用となるかを調べておく事が重要です。



また、大腸の内視鏡検査をする場合、検査費用の支払いは現金でという病院もまだまだ沢山あります。

しかしクレジットカードを利用する事が出来るという風になっている病院も有るので、普段からあまり現金を持ち歩くことがないという人は、予めどういった支払方法となっているかを調べておく事も必要です。

また、医療費控除の対象となるので、1年間の家族全体の医療費が10万円以上になりそうな場合は、忘れずに申告しておく事が重要です。

申告時は領収証が無ければいけないので、検査が終わって支払を終了したら、もしかしたら医療費控除を申請する事になるかもしれないと言って忘れずに領収証を残しておきます。

3分でわかる「苦しくない無痛内視鏡検査」の特徴

診療時間

日曜診療 、 休診日/水曜・祝日

月・金の12時から16時、木は9時から16時は主に内視鏡検査・治療を行っておりますので
基本的には通常の診察は行っておりません。
金曜日の12時から16時は女性専用の内視鏡検査枠です。女性患者さんだけの安心した空間となっておりますので、ご利用ください。

診療時間の詳細へ

アクセス

マップ

アクセスの詳細へ

お問い合わせ|TEL:045-914-7666 受付9:00~17:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ

携帯サイト予約

【医院ブログ】医院の最新情報をブログでお知らせいたします

体にやさしい食べものがたりブログ

胃と腸ポータルサイト